清水富美加、山田涼介主演「24時間テレビ」ドラマで片思い「尊敬せずにはいられない」

参照回数:700,604

【モデルプレス】女優の清水富美加が、24時間テレビ38「つなぐ ~時を超えて笑顔を~」(日本テレビ系、8月22日~23日 ※放送時間未定)内で放送されるドラマスペシャル「母さん、俺は大丈夫」(22日よる9時ごろ放送)に出演することが決定した。
24時間テレビドラマスペシャル「母さん、俺は大丈夫」に出演する清水富美加【モデルプレス】
24時間テレビドラマスペシャル「母さん、俺は大丈夫」に出演する清水富美加【モデルプレス】
Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演をつとめる今作は、清水久美子氏の著書「サッカーボーイズ 明日への絆 君のためならがんばれる」を原案に、病に侵されながらもピッチに戻れることを信じ、壮絶な闘病生活を送った高校生とその家族を描いた物語。清水はサッカーが大好きな主人公の高校生・佐々木諒平(山田)に片思いするクラスメイト・節川奈緒子を演じる。

サッカー部の副キャプテンとなった諒平は、その矢先に急性脳腫瘍を発病するが、「病に勝つ!」との思いを胸にひたすらサッカーを愛し、運命の中でベストを尽くす。清水はそんな諒平について「強い上に優しさがある男の子だな、と思いました。私は健康な状態で過ごしていてもしっかりしていなくてわがままなので、尊敬せずにはいられないです」とコメント。「こんな風に病気と戦った男の子と家族がいるんだ、ということを色んな人に見てもらいたいです。自分が想いを寄せることによって、諒平くんの存在が色んな人にとって大きかったことを伝えれたらな、と思います」と今作にかける意気込みを語った。

山田演じる諒平を取りまく佐々木家の人々には、兄・哲平役に増田貴久(NEWS)、弟・証平役に下田翔大、父・弘役に赤井英和、母・萌子役に安田成美。諒平が所属する島根商業高校サッカー部の永田監督役は井ノ原快彦(V6)、諒平の親友のサッカー部員は間宮祥太朗(有竹純太役/ヘタレ)、坂口健太郎(黒木徹役/クロ)、松川尚瑠輝(大ノ内弘史役/オッチ)らが演じる。(modelpress編集部)

清水富美加プロフィール

1994年、東京都生まれ。2008年デビュー。2009年より「ラブベリー」(徳間書店)の専属モデルとして活動をスタート。2011年にはシリーズ40周年記念作品「仮面ライダー フォーゼ」のヒロイン・城島ユウキ役で、初の連続テレビドラマに出演したのを皮切りに、以降、映画、舞台、バラエティ番組など数多くの話題作に出演。代表出演作に、映画「HK/変態仮面」、映画「振り子」、映画「龍三と七人の子分たち」、映画「ズタボロ」、ドラマ「ペテロの葬列」(TBS)、ドラマ「魔法★男子チェリーズ」(TX)などがある。現在放送中の、NHK連続テレビ小説「まれ」では、ヒロインの同級生・蔵本一子役として出演中。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 清水富美加、山田涼介主演「24時間テレビ」ドラマで片思い「尊敬せずにはいられない」
今読んだ記事

清水富美加、山田涼介主演「24時間テレビ」ドラマで片思い「尊…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事