“10等身弱”モデル朝比奈彩、水着で故郷をアピール

女性ファッション誌『Ray』専属モデルの朝比奈彩が水着で故郷をアピールした。
淡路島で撮影を行った朝比奈彩【モデルプレス】
淡路島で撮影を行った朝比奈彩【モデルプレス】
朝比奈は観光ポスター&フリーペーパーの撮影で出身地である淡路島へ。洲本市大浜海岸や、洲本城址などで撮影を行った。

朝比奈彩
朝比奈彩
朝比奈彩
朝比奈彩

淡路島をアピール「是非遊びに来てください」

朝比奈は「こんなに早く、故郷で撮影のお仕事ができて嬉しいです。洲本市の大浜海水浴場で撮影をしましたが、ここは私が毎年泳ぎに来てた、とても青くて綺麗な海水浴場です。撮影終了後に洲本城からの眺めに心を癒されました」と回顧。さらに「大阪湾と洲本市街が一望できる大パノラマを眺め、故郷に戻った実感を味わいました。静寂の中、遠くから聞こえてくる小学校のチャイムの音が大好きです。淡路島は海水浴場だけでなく、観光名所も多く、食べ物も美味しいので皆さん是非遊びに来てください」と自身の出身地をアピールした。

朝比奈は抜群のプロポーションを武器に、木下優樹菜、菜々緒らを輩出した「2015三愛水着イメージガール」の14代目に就任。現在、日本テレビ『PON!』の金曜レギュラーも務めるなどモデル以外にも活躍の場を広げており、さらなる飛躍に期待が寄せられている。(modelpress編集部)

朝比奈彩(あさひな・あや)プロフィール

生年月日:1993年10月6日/出身地:兵庫県/サイズ:T170 B80 W58 H83



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “10等身弱”モデル朝比奈彩、水着で故郷をアピール
今読んだ記事

“10等身弱”モデル朝比奈彩、水着で故郷をアピール

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事