窪田正孝&山崎賢人&優希美青で「デスノート」ドラマ化 ビジュアル解禁

【モデルプレス】日本テレビは7月期スタートの日曜ドラマで、2003年から2006年まで「週刊少年ジャンプ」で連載された人気少年漫画「DEATH NOTE」(大場つぐみ原作・小畑健漫画)を連続ドラマ化。注目のキャストに窪田正孝、山崎賢人優希美青の3人が発表された。
ドラマ「デスノート」に出演する(左から)山崎賢人(L)、窪田正孝(夜神月)、優希美青(ニア)/(C)日本テレビ【モデルプレス】
ドラマ「デスノート」に出演する(左から)山崎賢人(L)、窪田正孝(夜神月)、優希美青(ニア)/(C)日本テレビ【モデルプレス】
窪田がデスノートを手にする主人公・夜神月(やがみらいと)役、山崎が月のライバル・L(エル)役、優希が殺人鬼・キラと対峙するニア役に決定。ニアは今回の連ドラで初めて実写化されるキャラクターとなり、原作とも映画版とも異なる魅力を持った新しいデスノートの戦いが期待される。

ドラマ版の見どころ―先の見えない頭脳戦



「DEATH NOTE」(大場つぐみ原作・小畑健漫画)(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
「DEATH NOTE」(大場つぐみ原作・小畑健漫画)(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
2015年の今だからこそ出来る“新たなデスノート”。今をときめく旬なキャストが揃ったことはもちろん、それによって“新たな月とL”、そして“初実写化のニア”が誕生することになった。

ドラマ「デスノート」の戦いは「隠れた天才 VS 生まれながらの天才 VS 危険因子」。夜神月は一見、特に秀でた所もない、夢も持たない大学生。しかし、ある日偶然デスノートを手にしたことによって、彼の内に秘めていた歪んだ“正義感”、絶対的な“天才性”が目覚め始め、犯罪者を裁く殺人鬼・キラとしてダークヒーローとなっていく。

対するライバルの名探偵・Lは、圧倒的な存在感を持つ、生まれながらの天才。他を寄せ付けないオーラを放ち、無駄なことを一切嫌う超合理主義者。人間観察能力に優れ、月の作戦をことごとく打ち破っていく。

そして謎の人物・ニア。男とも女とも見分けがつかない、その可愛らしい顔の裏に、どんな危険性を兼ね備えているのか。原作とは異なる魅力を持った新たなキャラクター設定が、予測不能なストーリー展開を引き起こす。

デスノートという強大な武器を手にし、少しずつ変わっていく月の「平和な日常」。気が付けば、彼はこの平和な日常を脅かす犯罪者たちを、デスノートによって次々と裁いていた。彼は次第に世間から“キラ”として崇拝されるようになるが、そんな彼の前に世界的に注目を集める名探偵・Lが現れ、キラを必ず捕まえると宣言。そして、そんな2人の戦いを不敵な笑みを浮かべながら見つめる人物・ニア。デスノートを巡る壮絶な頭脳戦が幕を開ける。

誰も見たことのないデスノート



今作のプロデューサーは「『誰も見たことのない、“新たな”デスノートを作る』―今回の連続ドラマ化は、キャスト・スタッフ一同それを目標に突き進んでいます」といい「なにより、新たなキャストと共に、新たなキャラクターを作る―その発想に至れたのは、キャストの皆さんが持つパワーのおかげです。窪田正孝さんにしか出来ない夜神月、山崎賢人さんにしか出来ないL、優希美青さんにしか出来ないニア。この3人だからこそ出来る『デスノート』、それを、自信を持って皆さんにお届けしたいと思います。原作の面白さはそのままに、“原作通りにはいかないストーリー展開”―原作を知っていても先が読めない、そんな『“新たな”デスノート』を楽しみにしていてください」と呼びかけている。(modelpress編集部)

「DEATH NOTE」リューク(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
「DEATH NOTE」リューク(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel


TOP