三代目JSB山下健二郎、藤原紀香の“恋人”に 自身初の挑戦で意気込み

【モデルプレス】三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの山下健二郎が、自身初の挑戦に意気込みを語った。
三代目JSB山下健二郎、藤原紀香の“恋人”に 自身初の挑戦で意気込み【モデルプレス】
三代目JSB山下健二郎、藤原紀香の“恋人”に 自身初の挑戦で意気込み【モデルプレス】
7月5日よりスタートする藤原紀香主演のNHK BSプレミアムドラマ『ある日、アヒルバス』(毎週日曜 後10:00~ ※49分・連続8話)に出演することが決定。

昨年の「第56回 輝く!日本レコード大賞」で大賞を受賞し、2015年1月にリリースした最新アルバム「PLANET SEVEN」では異例の大ヒットを記録、そして5月からはグループ初となる単独ドーム・ツアーもスタートするなど快進撃を続ける三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE。そんなグループの勢いのままに、最近では各メンバーが映画やドラマに出演する中、ドラマやバラエティのみならず、今月3日からは『三代目J Soul Brothers 山下健二郎のオールナイトニッポン』(ニッポン放送/毎週金曜 深夜1:00~3:00)でラジオパーソナリティを務めるなど、マルチに活動の場を広げる山下が、今度はドラマで自身初となる“恋人役”にチャレンジする。

プロデューサーも太鼓判 山下の役どころとは

同作は、ハートフルなストーリーの名手・山本幸久氏の同名小説が原作。大手出版社勤務の女性誌「アズ」を担当していた編集者・朝倉葉月(藤原)が職を失い、偶然乗った都内周遊観光“アヒルバス”のバスガイドにスカウトされ、まったく知らない女の園「バスガイド」の世界へ飛び込み人生一発逆転を目指すストーリー。

山下が演じるのは、藤原演じる主人公の年下の恋人・並木浩介。大手出版社に勤めるエリート編集者で、若々しい爽やかさと大人っぽさを共存させた男。仕事もでき社内での人気もあり、そしてプライベートも充実している、一人の男性として今もっとも乗っている役柄だ。そんな彼だが、7年付き合った年上の葉月がリストラに遭ったのを機に、2人の関係にズレが生じてしまい、“一体何を悩んでいるのか?7年も付き合ってきたのに、自分は何も埋められないのか?やはり、年下の自分では彼女を幸せにするのは難しいのか?”…そんなことに思い悩みながらも、葉月という人間について見つめ直して行く。

撮影は3月29日から東京近郊ロケにてスタート。山下は同作の見どころについて「40歳の独身女性が職を失って再就職をして、その中で第2の人生をこれから頑張っていく為に、人との出会いがあったり、恋愛があったりと、日常にありそうな事をリアルな話に描いているので、共感していただける部分も多くあると思います」と語り、「ほっこりする話になっているので、男女年齢問わず、幅広い方に見て楽しんでいただけるドラマになっている」とアピール。また、自身の配役に「並木浩介としてしっかりと役に入り込み、ドラマのキーパーソン的な役でもあるので、しっかりと務めていきたいです!そして、僕の新たな一面を楽しんでいただければ嬉しいです。よろしくお願い致します!」と熱い意気込みを見せた。

同作を手掛けるプロデューサーは、山下の起用理由を「三代目J Soul Brothersのライブを拝見した時に、パフォーマンスの中で、爽やかさと色っぽさ、そして存在感がありました。彼なら浩介の役に説得力を持たせる上で、ぴったりだと思いました」と明かし、「彼ならば順応してくれると期待しています」とコメントを寄せている。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 三代目JSB山下健二郎、藤原紀香の“恋人”に 自身初の挑戦で意気込み
今読んだ記事

三代目JSB山下健二郎、藤原紀香の“恋人”に 自身初の挑戦で意気…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事