渡辺麻友「アイドルの壁」に苦戦 「脱アイドル」の意気込み語る

AKB48の渡辺麻友が、自身が今戦っているものを明かした。
渡辺麻友「アイドルの壁」に苦戦 「脱アイドル」の意気込み語る【モデルプレス】
渡辺麻友「アイドルの壁」に苦戦 「脱アイドル」の意気込み語る【モデルプレス】
渡辺麻友
渡辺麻友

渡辺麻友「アイドルの壁と戦っている」

渡辺は6日、都内にて女優の稲森いずみとW主演を務めるドラマ「戦う!書店ガール」(関西テレビ・フジテレビ系 4月14日スタート・毎週火曜よる10時~)制作発表会見に出席。同作にてゴールデンプライム帯の連続ドラマ初主演となる渡辺だが、「今アイドルの壁と戦っています。ずっとAKB48メンバーとして活動してきて、ドラマは全く違う世界なので、日々いろんな課題や試練とぶつかり、自分の未熟さを痛感しながら挑戦しています」と日々苦戦しつつ撮影に臨んでいるとコメント。「脱アイドルできるように、自分の殻を破りたいと思っています」と意気込みを語り、“女優”渡辺麻友の顔をのぞかせた。

渡辺麻友と稲森いずみ

ドラマ「戦う!書店ガール」(関西テレビ・フジテレビ系 4月14日スタート・毎週火曜よる10時~)制作発表会見/(左から)大東駿介、木下ほうか、渡辺麻友、鈴木ちなみ、稲森いずみ、濱田マリ、田辺誠一
ドラマ「戦う!書店ガール」(関西テレビ・フジテレビ系 4月14日スタート・毎週火曜よる10時~)制作発表会見/(左から)大東駿介、木下ほうか、渡辺麻友、鈴木ちなみ、稲森いずみ、濱田マリ、田辺誠一
現場はW主演となる先輩女優・稲森に「すごく助けられています」という渡辺。そんな渡辺の印象を稲森は「はじめは本当に可愛いなっていう印象でした。でも撮影が始まって、良い意味で気を遣わないというか、プロ意識が高く、もくもくと穏やかに頑張ってらっしゃって、無理に話さなくてもいい。とても居心地がいいです」と渡辺の意識の高さを褒め称えた。渡辺も「稲森さんの演技をこんなにも近くで見られる機会はないので、すべてが勉強になります。モニターも全て見ています」と演技への貪欲さを語った。

「色んな感情が入り混じっている」

(左から)木下ほうか、鈴木ちなみ、大東駿介、渡辺麻友、稲森いずみ、田辺誠一、濱田マリ
(左から)木下ほうか、鈴木ちなみ、大東駿介、渡辺麻友、稲森いずみ、田辺誠一、濱田マリ
同作は、碧野圭氏の人気小説が原作。老舗書店「ペガサス書房」を舞台に、20代と40代の働く女性が、世代間ギャップや境遇の違いから互いにぶつかり合いながらも、仕事や恋の困難に果敢に挑み乗り越え、成長していく姿を描くウーマンライフドラマ。渡辺は、自由奔放な“コネ入社のお嬢様”書店員・北村亜紀役を演じる。初放送が翌週に控えるなか、今の心境を渡辺は「色んな感情が入り交じっています。たくさんの人に見ていただけるということで、ドキドキもありつつ不安も大きいです」と語った。

会見には渡辺、稲森の他、大東駿介、田辺誠一、鈴木ちなみ、濱田マリ、木下ほうからが出席した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 渡辺麻友「アイドルの壁」に苦戦 「脱アイドル」の意気込み語る
今読んだ記事

渡辺麻友「アイドルの壁」に苦戦 「脱アイドル」の意気込み語る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事