堀北真希「恥ずかしくて消え去りたかった」過去を振り返る

0
0
女優の堀北真希が、「恥ずかしくて消え去りたかった」過去を振り返った。
過去を振り返った堀北真希【モデルプレス】
過去を振り返った堀北真希【モデルプレス】
堀北真希
堀北真希
堀北は21日放送の阿川佐和子が司会を務めるトーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット・毎週土曜日あさ7時30分~)にゲスト出演。中学2年生のときのスカウト秘話や転機となった映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(05年)での経験、主演を務めたNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」(12年)で感じたプレッシャーなど、今までの芸能生活を順を追って回顧した。

「絶望的な気持ちになって…」デビュー作の重圧

女優としての本格デビュー作は映画「COSMIC RESCUE」(03年)。数百人規模のオーディションで見事ヒロイン役を射止めた彼女だが、「受かるはずないと思ってた」と当時の心境を吐露。「自分がまさか映画に出るっていうことはまったく考えてなかった。決まったときは絶望的な気持ちになって、ものすごい泣きました」と戸惑いのほうが大きかったといい、完成した作品を観た感想を問われると「恥ずかしくて消え去りたかったです」と率直な胸の内を明かした。

しかし、現場の熱意を肌で感じながら、次第に責任を感じるようになっていったという彼女は、女優としても着実にステップアップ。数々の経験を経て、26歳になった今だからこそ思うところがあるようで、「自分がどう感じてお芝居するかじゃなくて、それを人が見てどう感じるかが大事だと思うので、自分の喜怒哀楽のボルテージではお芝居しちゃいけない」と熱く演技論を披露する場面もあった。

3姉妹の長女ということもあり、プライベートでは「友達の世話を焼きたがる」しっかりした性格だという堀北。ベトナム料理に挑戦したエピソードなど家庭的な一面をのぞかせる一方で、「いい奥さんになる気はしないです。すごく自分勝手だから」ときっぱり。「一人暮らしも結構長くてルールみたいのができちゃって。あんまり家に人呼ばないし、汚されたくない」とマイペースな素顔をのぞかせ、阿川の笑いを誘っていた。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 堀北真希「恥ずかしくて消え去りたかった」過去を振り返る
今読んだ記事

堀北真希「恥ずかしくて消え去りたかった」過去を振り返る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事