DREAMS COME TRUEカバーアルバム第2弾「私とドリカム2-ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-」参加アーティストたち【モデルプレス】

西内まりや、May J.らが集結 ドリカム名曲をカバー

2015.02.18 11:42
0
1

モデルで女優、歌手としても活躍する西内まりやや、アーティストのMay J.らが、男女2人組バンド・DREAMS COME TRUEの名曲をカバーする。

昨年、2014年にデビュー25周年を迎えたDREAMS COME TRUE。そのデビュー25周年を記念して、昨年3月にリリースされたカバーアルバム「私とドリカム-DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-」は、倖田來未やHY、大塚愛、E-girlsや中島美嘉など日本を代表する豪華アーティスト13組が参加し、大きな話題となった。

そして今回、DREAMS COME TRUEは2015年の冬に、4年に1度の国内最大級のグレイテストヒッツライブ「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」を開催することを発表。これを記念して、カバーアルバムの第2弾「私とドリカム2-ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-」を4月1日にリリースすることが決定した。

第2弾となる今回のアルバムには、幅広いジャンルのアーティストのカバー曲を収録。西内やMay J.のほか、大森靖子、片平里菜、川畑要、クリス・ハート、JUJU、JUNHO(From 2PM)、徳永英明、NICO Touches the Walls、MONGOL800、三浦大知、LiSA、Little Glee Monsterの全14組が参加する。新人やベテラン、男女、グループ、ソロを問わないバラエティに富んだラインナップとなっている。

アーティストたちが参加への喜び、ドリカムへの思いを語る

「うれしはずかし朝帰り」をカバーした西内は、「DREAMS COME TRUEさんの心に響くサウンドと吉田さんの歌声が好きで、そして、何より声量が凄くて憧れです!」とDREAMS COME TRUEへの思いを明かし、「プレッシャーも有りましたが、『うれしはずかし朝帰り』は音域も広くテンポ感もあり歌っていて、すごく気持ちよかったです。曲は全体的にとても明るくて可愛らしい印象で、女性の赤裸々な心情や情景が歌詞から鮮明に感じられました」と回顧。「今回の貴重な経験を今後の歌手活動にいかしていきます!」と気持ちを新たにした。

「何度でも」を歌唱したMay J.は「小さい頃から尊敬しているDREAMS COME TRUEさんの楽曲をカバーさせていただけてとても光栄です」と感激しきり。自身がカバーした「何度でも」は「中でもお気に入りの曲で、夢に向かっていく中で上手くいかなくて落ち込んだ時にこの曲を聴いて何度も励まされました。そんな思い入れの強い曲を歌わせて頂けてとても嬉しいです!」と喜んでいる。

「サンキュ.」を歌った大森は、楽曲を「キー、曲調、歌詞の全てが適度にさめていて、過剰にならずブルーの色気を増徴させる素晴らしい楽曲です」と説明。

片平は担当した楽曲「眼鏡越しの空」への思いを、「わたしの生まれた年に発売された作品だったので、そんなところにも親しみと共感を覚えた一曲です。実際に歌ってみると歌詞とメロディにたくさん発見があり、改めて勉強になりました。そんな中、自信を持てなかった学生の頃の自分を重ねて胸がキューっとなっています」と語り、「このコンピに参加させていただいて、改めてドリカムさんが引っ張ってきたこの音楽業界で歌えることをとても嬉しく思いました。ドリカムさんに続いて、わたしも音楽の素晴らしさをどんどん伝えていきたいです」と決意を新たにした。

「やさしいキスをして」をカバーした川畑は、「DREAMS COME TRUEさんの曲をカバーさせて頂こうと考えた時、あまりにも歌いたい曲が多すぎて悩んだことを覚えています」と明かし、「オリジナルの世界観を大切にしながらも自分なりにどう表現しようかと考えた時に、パッと閃いたのがピアノ一本で歌い上げるというイメージでした。ライブなどで歌い、回数を重ねるごとに深みを増す楽曲だと感じつつ、毎回大切に歌わせてもらっています」とコメント。

クリスは「僕がまだアメリカに住んでいた時、北海道出身の友達にDREAMS COME TRUEさんを紹介してもらいました。すぐに大好きになり、アルバムを何回も何回も聴かせて頂きました」とエピソードを紹介。自身がカバーした「うれしい!たのしい!大好き!」については、「聴くだけで元気になれますし、歌いながら幸せな気持ちになれる曲です」といい、「この素晴らしいアルバムに参加出来てとても光栄ですし、名曲を歌わせて頂き本当に感謝しております」と喜びを語った。

前作のアルバムにも参加したJUJUは「まさかの2作連続参加させていただけるとは、とても光栄です!」と歓喜。今回カバーした「雪のクリスマス」は、「大好きな曲のひとつ」だといい、「歌わせていただいただけじゃなく、こうして『私とドリカム2』にも収録していただき、まさに私にとってDREAMS COME TRUEです。ドリカムが大好きです!!!」と熱い思いを告白した。

JUNHO(From 2PM)も「DREAMS COME TRUEさんのカバー企画アルバムに参加させて頂けてとても光栄です!」と喜び、歌唱した「The signs of LOVE」について「何度聴いても素敵な曲で、気持ちを込めて歌わせて頂きました。みなさんにも気に入ってもらえると嬉しいです!」と呼びかけた。

今作では「LOVE LOVE LOVE」をカバーした徳永は「初めてドリカムをカバーしたあの日から10年。名曲はいつまで経っても色褪せません」と感慨深げにコメント。

「決戦は金曜日」をカバーしたNICO Touches the Wallsの光村龍哉は、「愛を込めてドリカムと呼ばせていただきますが、僕が初めて買ったドリカムのCDがこの『決戦は金曜日』のシングルでした。当時はまだ通称『短冊(タンザク)』と呼ばれていた縦長の8cmCDでした。リアルタイムではありませんでしたが、『近づいていく~♪』のメロディを耳にした途端、全身に稲光!のような衝撃が走って、即CD屋に走った記憶があります」と思い出を振り返り、「リスペクトを込めてカバーさせていただいたので、皆様のお耳に合いましたら、幸いです」と呼びかけた。

母の影響で子どもの頃からDREAMS COME TRUEの曲を聴いていたという三浦は「家族で行ったカラオケ。人生で初めて母の歌を聴いた時に、母が歌った曲は未来予想図IIでした」と紹介。自身が歌唱する楽曲「未来予想図II」への思いを、「僕の人生の中でとても大きな親孝行です。素敵な機会をいただき本当に幸せです。DREAMS COME TRUEさん、そしてこの名曲の胸を借りるつもりで精一杯、思い切り、歌わせていただきました」と語った。

「a little waltz」をカバーしたMONGOL800のキヨサクは「うれしいさ~たのしいさ~大好きさ~」とDREAMS COME TRUEの「うれしい!たのしい!大好き!」にかけてコメント。

「晴れたらいいね」をカバーしたLiSAは「私が幼い頃、いつも母が口ずさんでいたのはDREAMS COME TRUE様の曲でした」と明かし、「その中でも今回歌わせていただいた『晴れたらいいね』は、当時母が運転する車中でエンドレスリピートされていました」と紹介。楽曲への思い入れを「密かに歌手になることを夢見た内気な幼い私に、人前で歌う勇気をくれた曲です」と語り、「歌詞の中の主人公と同じように大人になった今、この曲を歌わせていただけるご縁をいただいて、とても嬉しいです」と喜んだ。

「朝がまた来る」を担当したLittle Glee Monsterのmanakaは「去年出た『私とドリカム』も聴いていて、いつか参加したい素敵なアルバムだと思っていたら、今回参加させていただけるということで本当にうれしいです!14年生きていて一番誇りに思ってます!」と感激。「6人のハーモニーで曲の良さを表現できるようにがんばります!!」と意気込んだ。(modelpress編集部)

■DREAMS COME TRUEカバーアルバム第2弾「私とドリカム2-ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-」
発売日:2015年4月1日

・DREAMS COME TRUE 第2弾カバーアルバム収録アーティスト(50音順)
大森靖子「サンキュ.」
片平里菜「眼鏡越しの空」
川畑要「やさしいキスをして」
クリス・ハート「うれしい!たのしい!大好き!」
JUJU「雪のクリスマス」
JUNHO(From 2PM)「The signs of LOVE」
徳永英明「LOVE LOVE LOVE」
NICO Touches the Walls「決戦は金曜日」
西内まりや「うれしはずかし朝帰り」
May J.「何度でも」
MONGOL800「a little waltz」
三浦大知「未来予想図II」
LiSA「晴れたらいいね」
Little Glee Monster「朝がまた来る」
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. 西内まりや、Instagram開始でファン歓喜
    西内まりや、Instagram開始でファン歓喜
    モデルプレス
  2. 西内まりや×大原櫻子、対決の舞台裏でメール交換
    西内まりや×大原櫻子、対決の舞台裏でメール交換
    モデルプレス
  3. May J.、ふんわり甘い魅力にうっとり 新作ジャケット解禁
    May J.、ふんわり甘い魅力にうっとり 新作ジャケット解禁
    モデルプレス
  4. 「アナ雪」「ラプンツェル」…May J.、中川翔子らがディズニーの名曲を披露 新コンサートプロジェクト始動
    「アナ雪」「ラプンツェル」…May J.、中川翔子らがディズニーの名曲を披露 新コンサートプロジェクト始動
    モデルプレス
  5. 西内まりや「本当の自分」 歌手デビュー後の変化を告白
    西内まりや「本当の自分」 歌手デビュー後の変化を告白
    モデルプレス
  6. 西内まりや、新たな夢を宣言でファン5000人と一体に 圧倒的歌声で魅了
    西内まりや、新たな夢を宣言でファン5000人と一体に 圧倒的歌声で魅了
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 乃木坂46齋藤飛鳥、休暇事情明かす「交渉もちょっとある」
    乃木坂46齋藤飛鳥、休暇事情明かす「交渉もちょっとある」
    モデルプレス
  2. Smonet Smart Lock review: A budget fingerprint-reading deadbolt
    Smonet Smart Lock review: A budget fingerprint-reading deadbolt
    ENCOUNT
  3. 『モダンラブ・東京』榮倉奈々、ナオミ・スコットら豪華キャストが魅力を語る特別映像
    『モダンラブ・東京』榮倉奈々、ナオミ・スコットら豪華キャストが魅力を語る特別映像
    クランクイン!
  4. 豊田利晃監督“狼蘇山シリーズ”集大成、2023年公開決定 クラウドファンディング開始
    豊田利晃監督“狼蘇山シリーズ”集大成、2023年公開決定 クラウドファンディング開始
    クランクイン!
  5. ジャニーズWEST中間淳太、会計時のグループの意外なルール明かす
    ジャニーズWEST中間淳太、会計時のグループの意外なルール明かす
    モデルプレス
  6. 日向坂46・影山優佳のガチなサッカー質問に内田篤人「アイドルじゃなくなっちゃう」
    日向坂46・影山優佳のガチなサッカー質問に内田篤人「アイドルじゃなくなっちゃう」
    クランクイン!
  7. 横浜流星&清原果耶、江口洋介は「太陽」 三浦友和は岩→マシュマロに印象変化
    横浜流星&清原果耶、江口洋介は「太陽」 三浦友和は岩→マシュマロに印象変化
    ENCOUNT
  8. 【女子高生ミスコン2022ファイナリスト/エントリーNo.13「杉井美咲」】愛知県出身の高校1年生
    【女子高生ミスコン2022ファイナリスト/エントリーNo.13「杉井美咲」】愛知県出身の高校1年生
    モデルプレス
  9. 【男子高生ミスターコン2022ファイナリスト/エントリーNo.13「松本一彩」】高一ミスターコンGP、奈良県出身の高校1年生
    【男子高生ミスターコン2022ファイナリスト/エントリーNo.13「松本一彩」】高一ミスターコンGP、奈良県出身の高校1年生
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事