嵐・相葉雅紀、壮絶な撮影に挑む

の相葉雅紀が、壮絶な撮影に挑んだ。 相葉は、22日より全国でオンエアされる住友生命の新TVCM「転がる未来」篇に出演。

彼女との未来を想像

CMは、ベッドに寝そべり、彼女と電話をする相葉が結婚までの未来を想像するといったストーリー。想像の中では、数々の困難を乗り越え、無事に結婚式を迎える。しかし、誓いのキスを交わそうとした時「ん、待てよ」と相葉がつぶやき、シーンがストップ。幸せな想像シーンは一転し、頑強な父親に門前払いを受けたシーンに後戻りする。

門前払いを受けた際に、相葉は手を挟んでしまい左手を負傷。みるみると大きくはれ上がり、病院で骨折と診断される。想像シーンが終わり、ベッドから体を起こし「保険に入ろう」と思う内容となっている。

スタッフも思わず「痛そう」

引き戸に手を挟まれるシーンの撮影では、手を出す相葉と引き戸が閉まるタイミングが重要。監督と引き戸に手を挟まれるタイミングや表情を入念に確認し、撮影に挑んだ。引き戸が相葉の手を挟んだときに響く「パシャーンッ!」という大きな音と相葉の苦悶に満ちた表情に、スタッフ陣からは「痛そう」との声が。迫真の演技に息をのんだ。

風速25メートル級の風に立ち向かう

また、崖の上にある彼女の実家に向かうシーンの撮影では、風速25メートル級の風が吹く巨大送風機を使用。そばに置いてあったマットが軽々と吹き飛ばされてしまうほどの強風を目の当たりにした相葉は、「えぇー!!(笑)」と驚きを隠せない様子だった。監督から「しっかり前傾姿勢でいきましょう!」とアドバイスを受け、強風に立ち向かって突き進むシーンがスタート。巨大送風機が最大風速の25メートルになると、風が吹く方向に歩き出す相葉。目を開けているのもやっとの状態で、帽子が飛ばされないように必死に押さえながら、ガムシャラに前に進んだ。

「カット!」という監督の声とともに風が止むと「あぶねー!飛ばされるところだった(笑)」と、興奮冷めやらぬ様子。続けて「(この風は)ヤバいっすね!人生山あり谷ありですね」としみじみと語り、スタッフたちを笑わせた。

また、今回のCMでは各シーンに合わせて相葉のヘアスタイルもチェンジ。センター分けや七三分けといった、普段の相葉とは一味違うヘアスタイルにも注目したい。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐・相葉雅紀、壮絶な撮影に挑む
今読んだ記事

嵐・相葉雅紀、壮絶な撮影に挑む

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事