高橋メアリージュン、ヒロイン抜擢に「プレッシャーまでも楽しみたい」

参照回数:295,523

【モデルプレス】モデルで女優の高橋メアリージュンが、ヒロイン役に意気込んでいる。
ヒロイン抜擢に意気込んでいる高橋メアリージュン【モデルプレス】
ヒロイン抜擢に意気込んでいる高橋メアリージュン【モデルプレス】
高橋は二部作からなる舞台「竜馬が生きる」「竜馬を殺す」の「竜馬を殺す」にヒロイン役として出演。

舞台「竜馬を殺す」とは

同作は、2006年に「映像と舞台の垣根を取り払う」ことを目指して旗揚げされたエンターテイメント集団・PU-PU-JUICEが贈る舞台。

物語の舞台は幕末。親に捨てられ、奴隷として生きている犬養亨は、新撰組に拾われ、討幕派の志士たちを斬る暗殺者となる。人斬りとして恐れられる亨だが、唯一、斬れなかった男が、討幕派の大物である坂本竜馬だった。亨は、自分の存在を証明するため、竜馬を暗殺することを決意。幕末の動乱の中、無名の剣士が、人を愛し、自分の生きる意味を見つけるため、激動の時代を駆け抜ける様を描く。高橋が出演する「竜馬を殺す」の主演は大迫一平が務め、山本浩貴が演出を手がける。一方「竜馬が生きる」には川村陽介、宮城舞らが出演。

高橋メアリージュンがヒロイン役で出演 舞台「竜馬を殺す」(左)と「竜馬が生きる」(右)【モデルプレス】
高橋メアリージュンがヒロイン役で出演 舞台「竜馬を殺す」(左)と「竜馬が生きる」(右)【モデルプレス】

高橋メアリージュン 本人コメント

今回の出演について「PU-PU-JUICEさんとは、去年の初舞台で共演させて頂いたこともあり、テンポが良くて面白くて心に残る作品で、本当に良い舞台ばかりでファンになりまして、実はいつかPU-PU-の舞台にヒロインで出演したいと願ってました」と明かした高橋。脚本・演出の山本浩貴とのやりとりに触れ「(山本に)『時代ものをやりたかったけど好き過ぎるがゆえ中途半端にはやりたくないからずっと出来なくて、それがようやく叶った』というお話を聞いて、今回ヒロインをやらせて頂けることになり本当に嬉しいです」と喜びを噛み締めている。公演に向けて高橋は「ヒロインという大役をやらせて頂くのはプレッシャーもありますが、そのプレッシャーまでも楽しみたいと思います」と気合十分だ。

二部作からなる舞台「竜馬が生きる」「竜馬を殺す」
二部作からなる舞台「竜馬が生きる」「竜馬を殺す」
同作は11月7日より東京・新宿シアターサンモールにて上演。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 高橋メアリージュン、ヒロイン抜擢に「プレッシャーまでも楽しみたい」
今読んだ記事

高橋メアリージュン、ヒロイン抜擢に「プレッシャーまでも楽し…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事