「MEN’S NON-NO」モデルがW主演で役者デビュー「必死にしがみついていこう」渾身の演技で存在感

参照回数:157,202

【モデルプレス】雑誌「MEN’S NON-NO」で活躍する人気モデルの成田凌が役者デビューを果たすことが14日、わかった。
ドラマ「FLASHBACK」で役者デビューを飾る「MEN’S  NON-NO」モデルの成田凌【モデルプレス】
ドラマ「FLASHBACK」で役者デビューを飾る「MEN’S NON-NO」モデルの成田凌【モデルプレス】
12月スタートのフジテレビNEXTsmartオリジナルドラマ「FLASHBACK」で女優の高梨臨と共にW主演をつとめることが決定。遺体や遺品に触れると死者の魂のイメージが脳内に浮かぶ特殊能力=フラッシュバックを持つ刑事と、AI(人工知能)開発でノーベル賞を教授に横取りされた先端科学研究所の研究員がバディを組み、猟奇殺人事件の裏に潜む「歴史の真実」を暴いていくサスペンスエンターテイメントドラマ。成田が特殊能力を持つ刑事・加々美稜真(かがみりょうま)役、高梨が先端研の天才研究員・轟日見子(とどろきひみこ)役を演じる。

役者デビューにして抜擢を受けた成田は「決まった時はとにかく嬉しく、全くの素人の自分を抜擢していただいた皆さんの期待を裏切らないよう必死にしがみついていこうと思いました」と喜びをあらわにし、「稜真が背負ってしまった宿命を、自分自身がどれだけ理解して向き合っていけるかを大切にしながら、役者人生で初めていただいた役を全力投球で演じました」と渾身の演技を披露する。

新たなスター誕生へ

成田凌
成田凌
高梨臨、成田凌
高梨臨、成田凌
プロデュースの東康之氏は、成田の起用理由について「今回のドラマは、日本にしかない文化と世界の歴史のモチーフを両方つめこんで、まるで映画や海外ドラマか!と思わせるほどのクオリティーの高い作品づくりを目指しています。そのため、日本からアジア、さらには世界に通用する新しいスターをフジテレビから発信したいと考えました。その結果、数多くの候補のなかから、実際に会ったときに存在感と迫力があり、ナイーブでありながらもセクシーな雰囲気を漂わせていた成田さんを大抜擢することにしました」と期待を寄せた。

このほか、考古学の権威で稜真の父親代わり的存在・文殊に津川雅彦、考古学の若き権威で稜真の亡き父・加々美稜一に仲村トオル、HIDE(秘匿事件課)の刑事で稜真の兄貴的存在・古澤尊史に豊原功補、東都大学先端科学研究所教授・西ノ森英機に佐野史郎、日本民族博物館の名誉会長・天明寺悟に小松政夫、4年前にフラッシュバックで倒れた稜真を診察した医師・石塚タエに根岸季衣、警視総監・東儀秀継に渡辺裕之、外務省北米局勤務の外交官・矢崎に森本レオらが脇を固める。

ドラマ「FLASHBACK」第1話は12月19日、午後10時より放送。(※第1話のみ枠拡大)(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「MEN’S  NON-NO」モデルがW主演で役者デビュー「必死にしがみついていこう」渾身の演技で存在感
今読んだ記事

「MEN’S NON-NO」モデルがW主演で役者デビュー「必死にしがみ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事