平山あや「すごく恥ずかしい」 ラブシーンに言及

参照回数:119,699

【モデルプレス】女優の平山あやが、ラブシーンに「すごく恥ずかしい」と語った。
「すごく恥ずかしい」というラブシーンについて語った、平山あや【モデルプレス】
「すごく恥ずかしい」というラブシーンについて語った、平山あや【モデルプレス】
10日、都内にて行われたテレビ東京系のドラマ「新・刑事吉永誠一」(10月17日スタート/毎週金曜、よる8時~)の製作発表会見に出席した平山。役柄の衣装を着こなし、鑑識課主任の制服姿で美貌を披露した。

ラブシーンに言及する出演者ら

今作では、平山演じる主任と小泉孝太郎が演じる刑事が秘密の同棲中という設定。第一話では、ベッドでのキスシーンから始まる2人の「ラブシーン」が登場するという。小泉が撮影時について「監督も『ここは思い切って刑事ものであることを忘れて』と言っていました」と振り返ると、平山も「監督が、『事件が毎回起きるので、その中でああいうシーンがあるとドキッとする』と言っていました」と和気あいあいとした雰囲気でこなしたことを明かした。

一方で、主演を務める船越英一郎は2人に「あのラブシーンは、どっちがリードしたのでしょうか?」と質問を投げ掛けることも。平山が「小泉さんですよね?」と確認すると、「そうですよね。僕がリードしないと、どうにもならないことも多々あるので…」と小泉はしどろもどろ。さらに平山が「小泉さんの見たことのない表情がありました」と思い返すと、小泉は「ラブシーンですから、思い切ってやっています」と語った。

今作に向け、意気込みを語る平山

また、平山は「前作に続いて出させていただいて、1年間で主任にまで成長し、更に、鑑(かがみ/小泉孝太郎)さんと同棲していて、凄く新鮮で、凄く恥ずかしいです」と心境を告白。「1年間でこれだけ成長しましたというところを見せたいです」と意気込みを語った。

会見には、そのほか、中山忍、柿澤勇人、眞野あずさも出席した。

同ドラマは、「絶対に許さん!」の言葉を決め台詞に活躍する吉永誠一(船越)を中心に、捜査一課のメンバーたちの活躍を描いたもの。毎週金曜日の夜にスカッとした気分になれる痛快エンターテインメントとなっている。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 平山あや「すごく恥ずかしい」 ラブシーンに言及
今読んだ記事

平山あや「すごく恥ずかしい」 ラブシーンに言及

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事