山本美月、ドラマ初ヒロインに抜擢 原作キャラクターを見事体現

モデルで女優の山本美月が、ドラマで初のヒロインに抜擢された。
ドラマで初のヒロインを演じる山本美月 原作/島本和彦「アオイホノオ」(小学館「ゲッサン」連載中)(C)島本和彦・小学館/「アオイホノオ」製作委員会
ドラマで初のヒロインを演じる山本美月 原作/島本和彦「アオイホノオ」(小学館「ゲッサン」連載中)(C)島本和彦・小学館/「アオイホノオ」製作委員会
山本は、柳楽優弥主演のテレビ東京系ドラマ「アオイホノオ」(7月18日スタート・毎週金曜深夜0時12分~)に出演。同作は、ゲッサン(小学館)で連載中の島本和彦氏の漫画が原作。島本氏の大学時代をベースにした80年代の若者たちの群像劇となっている。「タッチ」「ガンダム」といった名作に憧れ、同時に嫉妬するクリエイターの卵たちを島本氏本人や、彼を取り巻く友人やライバルたちをモデルとして、クリエイター志望の若者たちが“まだ何者でもなく、熱かった日々”を描く。また「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの代表作を持つ福田雄一氏が監督をつとめる。

山本美月が演じるヒロイン像

山本が演じる森永とんこは、バドミントン部のマネージャーでスレンダーな体型が特徴。大阪出身で大阪弁を用いる。主人公・焔モユルが想いを寄せるヒロインだ。近眼なのだが、メガネが嫌いで裸眼で生活しており、そのため人と会話するときの距離がやたら近い。自意識過剰な焔に対し、励ましたり、的確なツッコミを入れ、分析することも。

山本は「福田組に参加させていただくのは今回2回目となるのですが、前回同様、明るくとても楽しい現場で、スタッフやキャストの皆様に恵まれているこの組でドラマ初ヒロインをやらせていただけて嬉しいです」とコメント。大阪弁については「とても難しく苦戦していますが、楽しく学べたらと思います」と前向きに語った。

山本美月、森永とんこを見事体現 原作/島本和彦「アオイホノオ」(小学館「ゲッサン」連載中)(C)島本和彦・小学館/「アオイホノオ」製作委員会
山本美月、森永とんこを見事体現 原作/島本和彦「アオイホノオ」(小学館「ゲッサン」連載中)(C)島本和彦・小学館/「アオイホノオ」製作委員会

山本美月に期待 監督、原作者のコメント

福田監督は、ドラマ化に際して島本氏を訪問したといい「島本先生の三男から1人だけキャストの指定を受けたんです。それが、とんこさん役の山本美月さんです」とエピソードを紹介。「今回僕が大事だなと思っているのは、漫画の声が浮かぶということなのですが、山本さんはとんこさんのトーンと喋り方を忠実に演じてくれていると思います。また、何より一番キーになるのは、『こんな女性がいたら惚れてまうやろ!』っていう魅力があるところだと思います」と山本に期待している。

また原作者の島本氏は、山本の横顔のラインが「銀河鉄道999」のメーテルにそっくりだといい「メーテルも山本さんもすごい美人!」とコメントした。(モデルプレス)

■テレビ東京系ドラマ「アオイホノオ」
放送:2014年7月18日スタート 毎週金曜深夜0時12分~(テレビ大阪は7月21日スタート 毎週月曜夜11時58分~)
原作:島本和彦「アオイホノオ」(小学館ゲッサン連載中)
出演:柳楽優弥、山本美月、安田顕、ムロツヨシ、中村倫也、黒島結菜、浦井健治、大水洋介(ラバーガール)、足立理、川久保拓司、遠藤要、上地春奈、ぎたろー(コンドルズ)/佐藤二朗、きたろう

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 山本美月、ドラマ初ヒロインに抜擢 原作キャラクターを見事体現
今読んだ記事

山本美月、ドラマ初ヒロインに抜擢 原作キャラクターを見事体現

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事