大人AKB48、7万人の前で涙 センター曲を初披露

参照回数:255,185

7日、東京・味の素スタジアムにて「AKB48 37thシングル選抜総選挙 夢の現在地~ライバルはどこだ?~」が開幕。第1部としてAKB48のコンサートが行われている。
AKB48 37thシングル選抜総選挙 夢の現在地~ライバルはどこだ?~」の第1部ライブに出演した塚本まり子(後列中央)/(C)AKS
AKB48 37thシングル選抜総選挙 夢の現在地~ライバルはどこだ?~」の第1部ライブに出演した塚本まり子(後列中央)/(C)AKS
AKB48に期間限定加入した30歳以上の新メンバー“大人AKB48”で、2児の母親で専業主婦の塚本まり子(37)も出演し、彼女がセンターを務めた楽曲「教えてMommy」を初披露。メンバーの渡辺麻友、島崎遥香、小嶋真子、大和田南那、松井珠理奈(川栄李奈の代役)とともに7万人の前でパフォーマンスした。

MCでは、「いきます!」と元気よく切り出し、自己紹介した塚本。「こんなにたくさん来てくれたので、嬉しくて感激しちゃう」と涙を流しながら喜んだ。さらに、「綺麗の秘訣はメンバーと一緒に活動していること」「豚汁が得意料理」など明かし、会場を沸かせた。

「パピコ」商品のキャンペーンの一環として、30歳以上の女性を対象に期間限定の新メンバーを募集し、5000通を超える応募の中から、見事「大人AKB48」に決定した塚本。これまで、テレビ番組出演や握手会デビューを果たしていたが、このようなコンサートに出演するのは初。渡辺が、「この会場の中でまりり推しの人いますか?」と聞くと、会場からは大歓声が響き渡った。

なお、17時から「第6回AKB48選抜総選挙」の開票イベントが行われる。

「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」※別名:第6回AKB48選抜総選挙

今年で6回目を迎える選抜総選挙は、AKB48の37枚目のシングルを歌う選抜メンバー及びカップリングメンバーをファンの投票で決定。第1回(2009年)と第3回(2011年)は前田敦子、第2回(2010年)と第4回(2012年)は大島優子、そして昨年の第5回では指原莉乃がそれぞれセンターを獲得。今回は昨年までのシングル選抜メンバー(1~16位)、アンダーガールズ(17~32位)、ネクストガールズ(33~48位)、フューチャーガールズ(49~64位)の4カテゴリー64人に、アップカミングガールズ(65~80位)の16人が加わり、5カテゴリー計80人が選出される。

また、昨年は立候補資格があった“過去にAKB48グループに4年以上在籍していたメンバー”、つまりOGの参加が見送られた一方で、4月に発足したばかりのAKB48チーム8メンバー47人の立候補が認められたため、今回の選抜総選挙では全グループ(AKB48・SKE48・NMB48・HKT48・JKT48・SNH48)総勢296人のメンバーが順位を競い合う。投票権はAKB48の36枚目のシングル「ラブラドール・レトリバー」に封入されるシリアルナンバーをはじめ、公式ファンクラブ「二本柱の会」会員、AKB48 Mobile会員など12パターン用意された。(モデルプレス)

■塚本まり子プロフィール
37歳(1976年7月16日生まれ)。専業主婦。2 児の母。30歳以上の女性を対象に期間限定の新メンバーを募集し、5000通を超える応募の中から、見事「大人AKB48」に決定した。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 大人AKB48、7万人の前で涙 センター曲を初披露
今読んだ記事

大人AKB48、7万人の前で涙 センター曲を初披露

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事