小栗旬、飲み友達と“最悪の対立” 「こんな形で会いたくなかった」

参照回数:1,550,348

俳優の小栗旬が、プライベートでも交流のある俳優と初共演する。
「こんな形で会いたくなかった」(左から)小栗旬、大森南朋
「こんな形で会いたくなかった」(左から)小栗旬、大森南朋
6月5日(木)に最終回を迎える小栗旬主演のテレビ朝日系ドラマ「BORDER」(毎週木曜 後9:00)に、俳優の大森南朋がゲスト出演することが分かった。小栗と大森はよく一緒に飲むなどプライベートでも交流を深めているが、意外にも共演するのは今回が初めてと明かす。

大森は「酒場で“共演”するたび(笑)小栗くんに『出演作に僕を呼んでよ』と言っていたんです。でも、なかなか呼んでいただけなくて(笑)」と冗談めかすと、小栗も「お呼びして来てくださるんだったらね~!でも南朋さん、お忙しいから、まず無理じゃないですか!」と笑顔で応戦。そんな息ぴったりな2人だが、今回大森が演じるのは絶対的悪を追求する男で、正義感に燃える石川にとって史上最悪の敵となる安藤周夫役。「最高のキャスティングではあるけど、こんな形では会いたくなかった。初共演のときは、南朋さんに“優しい上司”を演じていただくなど、もうちょっと仲のいい間柄を演じたかったんです」という小栗の願いもむなしく、プライベートとは真逆の“最悪の対立関係”を演じる。

小栗旬主演の木曜ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)にゲスト出演する、大森南朋
小栗旬主演の木曜ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)にゲスト出演する、大森南朋

大森の演技に「気持ち悪さを感じた」

最終話「越境」(6月5日放送)は、人でごった返す休日のショッピングモールのトイレに入った小学生・天川弘志(二宮慶多)が、母親が目を離した隙に姿を消した。一人息子の無事を切実に祈る夫妻だが、弘志は遺体となって発見された。石川安吾(小栗旬)は殺された時の恐怖で涙にくれる、死んだ弘志と接触。弘志の証言をもとに捜査した結果、犯人が安藤周夫(大森南朋)という男だと突き止める。一見優しそうで、善人に見える安藤。しかしその素顔は“絶対的な悪”を体現する史上最悪の敵だった。

大森のあまりの熱演に「吐き気を催すほどの気持ち悪さを感じた」という小栗。「リアルな感情を誘発する“気持ち悪い南朋さん”が来てくれて、本当によかったなって思いました」と撮影を振り返った。「台本を読むだけでもこれほどしんどく、『表現するのは大変そうだな』と思ったラストはなかったけど、ずっと石川を演じてきた僕としては『それしかないな』という展開」とドラマ最終話をアピールした。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 小栗旬、飲み友達と“最悪の対立” 「こんな形で会いたくなかった」
今読んだ記事

小栗旬、飲み友達と“最悪の対立” 「こんな形で会いたくなかった」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事