能年玲奈、「あまちゃん見てない」発言に“天野アキ”で訴え

女優の能年玲奈が、自身の代表作NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の視聴を薦めた。
「あまちゃん見てない」発言を受け視聴を促した能年玲奈
「あまちゃん見てない」発言を受け視聴を促した能年玲奈
能年は10日、脚本家・橋田壽賀子が理事を務める橋田文化財団により創設された「第22回橋田賞」新人賞を受賞し、東京都内で行われた授賞式に出席した。

「あまちゃん」天野アキ復活

リアルタイムでは「あまちゃん」を見ていなかったとカミングアウトした橋田に、能年は「大勢の方々がいる中緊張するが、ぜひ橋田壽賀子さんに『あまちゃん』全編を見ていただけるように、身を引き締めて頑張りたいと思います」と久々に主人公・天野アキとしてハツラツに挨拶。一方、“天野アキ”から直接視聴を訴えられた橋田だったが「(DVDは)持っているんですよ。でもね、時間がないの。寝てばかりいるから」とマイペースに応えていた。

それでも橋田は「『あまちゃん』はあたなで『あまちゃん』ね。ほかの人では評判にならなかったはず」と、ヒロインとしての独特の存在感を絶賛。能年が「橋田壽賀子さんは朝ドラの大先輩。会うのも恐れ多かった…」と緊張のためにしばし沈黙すると、「じぇじぇじぇ!って言えばいいのよ」と強烈な助け舟を出し、能年も「お褒めいただいて本当に嬉しい。これがスタートラインだと思って頑張りたいです。ちゃっかりしっかりいただきたいと思います。じぇじぇじぇ!」と満面の笑みで受賞を喜んだ。

綾野剛も新人賞受賞

平成4年度からスタートした「橋田賞」は、日本人の心や人と人との触れ合いを温かく取り上げてきたテレビ番組や人に対して顕彰助成するもの。能年は「あまちゃん」の演技が評価され受賞。能年のほか、俳優の綾野剛もTBS系ドラマ「空飛ぶ広報室」、フジテレビ系ドラマ「最高の離婚」などでの演技が評価され、新人賞を受賞した。なお、このほか会見には、伊東四朗、竹野内豊、杉浦太陽らが出席した。(モデルプレス)

「第22回橋田賞」の様子
「第22回橋田賞」の様子
■橋田賞受賞作品・受賞者

<橋田賞大賞>
該当なし

<橋田賞>
ドラマ「オリンピックの身代金~1964年・夏~」(テレビ朝日系)
連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK)
ドキュメンタリー「戦場で書く~作家 火野葦平の戦争~」(NHK)
食のエンタテインメント紀行番組「キッチンが走る!」(NHK)
脚本家・森下佳子
ジャーナリスト・岸井成格

<橋田賞新人賞>
俳優・綾野剛:「空飛ぶ広報室」(TBS系)、「最高の離婚」(フジテレビ系)
女優・能年玲奈:「あまちゃん」(NHK)

<橋田賞特別賞>
俳優・伊東四朗

<橋田賞新人脚本賞>
入選作:該当なし
佳作:「消えた卒業証書」有信由美子
佳作:「サラブレッドの瞳」板垣宗男



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 能年玲奈、「あまちゃん見てない」発言に“天野アキ”で訴え
今読んだ記事

能年玲奈、「あまちゃん見てない」発言に“天野アキ”で訴え

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事