SMAP・香取慎吾、号泣で「辛い時もあった」 タモリに告白

SMAPの香取慎吾が、タモリに「辛い時もあった」と涙ながらに告白した。 31日よる8時、「笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号」(フジテレビ系)で、レギュラーメンバーからの感謝のスピーチが行われた。

同番組でタモリと20年間の付き合いになるという香取は「SMAPでも苦しいことがあって、生放送で『笑っていいとも』と言うのが辛い時もあった」と涙ながらに告白。「でも始まったら笑顔になって、『いいとも』を見るとみんなまたやってるなって」と元気をもらっていたことを明かした。

また、「タモリさんには小さいことでも怒られたことないです」と振り返り。同じく出演していた草なぎ剛や中居正広がタモリと親しくしていたことに触れ、「ずっとうらやましかったです」とも本音を語る場面も。最後には、「辛かったり、苦しかったりしても笑ってもいいかな?」と問いかけ、タモリが「いいよ」と優しく声を掛けた。

「いいとも」レギュラー、8054回で終了

番組は1982年10月にスタートし、同日正午放送のレギュラー回(通算8054回目)をもって最終回を迎えた。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - SMAP・香取慎吾、号泣で「辛い時もあった」 タモリに告白
今読んだ記事

SMAP・香取慎吾、号泣で「辛い時もあった」 タモリに告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事