ゴールデンボンバー、昨年に続き驚愕パフォーマンス<紅白本番>

0
0
「第64回NHK紅白歌合戦」に出場したゴールデンボンバー(左から樽美酒研二、歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔)/1日目リハーサルの会見より
「第64回NHK紅白歌合戦」に出場したゴールデンボンバー(左から樽美酒研二、歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔)/1日目リハーサルの会見より
(左から)樽美酒研二、歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔/1日目リハーサルの会見より
(左から)樽美酒研二、歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔/1日目リハーサルの会見より
ヴィジュアル系エアーバンドとして活動しているゴールデンボンバーが31日、生放送中の「第64回NHK紅白歌合戦」に出場した。
今年が2回目の出場となるゴールデンボンバーは、昨年に引続き、大ヒット曲「女々しくて」を熱唱。昨年は、歌唱中全員が樽美酒のお面を付けるパフォーマンスをしたが、今年は、樽美酒が大車輪の大技を披露。さらに、喜矢武豊と歌広場淳がバク転を披露し、会場を驚かせた。しかし、偽物ということが判明。本物は鬼龍院翔だけで、1人でステージにいた。

本物は、ステージ脇の小さな舞台にあるこたつセットで休憩。歌唱後に、4人揃って土下座をして謝ろうとしたが、上から樽が落ちてくるというオチ。終始、爆笑のパフォーマンスを繰り広げた。

終了後、ゲスト審査の岡田准一も「(大車輪とバク転は)本物だと思っていたのに」と嘆いてた。

樽美酒に2年連続の“警告”

昨年の「紅白」会見での下ネタ発言で波紋を呼んだ樽美酒だが、今年も懲りずに同様の下ネタを大声で叫んだ。29日に行われた会見で、これについて報道陣から問われた同局の山田良介チーフプロデューサーは「発言には気をつけてほしいですね」と笑顔で“警告”した。

一方、樽美酒は「昨年はいろんな人に迷惑をかけたので、今年は絶対出れないと思ってました」と反省。しかし、その後も懲りずに下ネタ発言を連発していた。

「第64回NHK紅白歌合戦」は「歌がここにある」をテーマに、紅白あわせて51組が出場。司会は紅組が綾瀬はるか、白組は4年連続で嵐がつとめる。23時45分までNHK総合・ラジオ第1で生放送(5分間の中断ニュースあり)。(モデルプレス)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - ゴールデンボンバー、昨年に続き驚愕パフォーマンス<紅白本番>
今読んだ記事

ゴールデンボンバー、昨年に続き驚愕パフォーマンス<紅白本番>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事