ジュノン・スーパーボーイ2013、19歳フリーターの美男子がグランプリ「迷惑かけっぱなしだった」

24日、雑誌「JUNON」主催の「第26回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」最終選考会が開催され、グランプリが発表された。
「第26回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリの國島直希さん
「第26回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリの國島直希さん
これまで武田真治、小池徹平、平岡祐太、山本裕典、溝端淳平、三浦翔平など人気俳優を多数輩出している同コンテスト。26回目を迎えた今回は、國島直希(くにしまなおき)さんがグランプリに輝いた。発表された瞬間、驚きで顔が固まった國島さんは「本当にありがとうございます。(自信は)本当になかったですよ」とびっくり。「グランプリを獲得した理由はなんだと思いますか?」と聞かれると、「スタッフさんから声を褒めて頂いたので、声だと思います」と語った。

ゲスト審査員をつとめた第19回ジュノンボーイの溝端淳平、男女7人組エンタテイメントグループ・AAA(トリプル・エー)の宇野実彩子と共に囲み取材に応じた國島さんは、グランプリ受賞が「全然理解できてない」と戸惑いを隠せない様子。

その一方で、「今日は、芸能人って人に影響を与えることのできるすごいお仕事だなってことを感じました。人を助けられるような人になりたいので、舞台をやりながらブログで人生相談をしていければいいなと思います」と明確な目標を明かし、応援に駆けつけた両親に向けて「19歳フリーターで迷惑かけっぱなしだったので、これから恩返ししたいです」と力強い眼差しで語った。

独創的なパフォーマンスが決め手



1988年にスタートしたジュノン・スーパーボーイ・コンテストは「あなたの隣のすてきな男の子、推せんしてください」をキャッチフレーズに、「JUNON」にふさわしい“さわやかなハンサムボーイ”を選出。芸能事務所などに所属していない12歳~22歳の男子を対象とし、26回目となる今年は1万3117人の応募が殺到。最終選考会には読者投票で選ばれた10名に敗者復活の2名を加えた上位12名が参加し、「容姿」「ファッションセンス」「個性」「タレント性」「将来性」の5項目を基準とした審査が行われた。

國島さんは、自由パフォーマンスタイムで「エアテニスをしながら外郎売り」を披露。あまりに独創的なパフォーマンスだったため「狙ってたの?」と聞かれると、「何か笑顔でできるパフォーマンスがいいなと思ってエアテニス一つより外郎売り一つより、2つ組み合わせたほうがいいかなと思いました」とコメント。審査委員長をつとめた「JUNON」編集長・栃丸秀俊氏は、「彼のパフォーマンスは、本当に会場を沸かせてくれました」と評価を述べた。

最終選考会はパンサーが司会をつとめたほか、山本裕典、三浦翔平ら歴代ジュノンボーイによるトークショー、ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身の新里宏太によるライブも実施した。(モデルプレス)

(左より)グランプリの國島直希さん、協賛社特別賞の萩尾圭志さん、フォトジェニック賞の阿部快征さん、準グランプリ・協賛社特別賞の西川俊介さん、審査員特別賞の山口葵さん
(左より)グランプリの國島直希さん、協賛社特別賞の萩尾圭志さん、フォトジェニック賞の阿部快征さん、準グランプリ・協賛社特別賞の西川俊介さん、審査員特別賞の山口葵さん
■第26回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
グランプリ:國島直希(くにしまなおき)/岐阜県/19歳/フリーター/180cm/58kg/A型
準グランプリ:西川俊介(にしかわしゅんすけ)/群馬県/19歳/大1/178cm/60kg/A型
協賛社特別賞:西川俊介(準GPとW受賞)、萩尾圭志(はぎおけいし)/京都府/19歳/建設業/179cm/65kg/AB型
フォトジェニック賞:阿部快征(あべかいせい)/宮城県/17歳/高2/170cm/57kg/A型
審査員特別賞:山口葵(やまぐちあおい)/静岡県/15歳/中3/170cm/50kg/B型

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP