瑛太、能年玲奈ら豪華俳優が受賞「東京ドラマアウォード2013」

参照回数:161,711

22日、都内にて「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2013」のメインイベントである「東京ドラマアウォード2013」授賞式が行われ、俳優の瑛太、綾野剛、女優の能年玲奈小泉今日子らが登壇した。
「東京ドラマアウォード2013」授賞式に登壇した(前列左より)刈谷友衣子、小泉今日子、能年玲奈、瑛太、綾野剛(後列左より)宮藤官九郎、訓覇圭、井上剛、アム・アティチャート、西島秀俊
「東京ドラマアウォード2013」授賞式に登壇した(前列左より)刈谷友衣子、小泉今日子、能年玲奈、瑛太、綾野剛(後列左より)宮藤官九郎、訓覇圭、井上剛、アム・アティチャート、西島秀俊
今年で6回目となる「東京ドラマアウォード」は、作品の質だけでなく“市場性”“商業性”にスポットを当て、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを選出している。

「最高の離婚」(フジテレビ系)から瑛太が主演男優賞を、綾野が助演男優賞を受賞。また、作品賞<連続ドラマ部門>グランプリで最多7部門を獲得した「あまちゃん」からは、主演女優賞で能年、助演女優賞で小泉が選出された。

受賞者はそれぞれ、「『つらい、つらい』『生きているのがつらい』というセリフが多くあったように、本当に大変でした。でも、台本が出来上がる度にチームみんなで興奮していました。楽しく演じられました」(瑛太)、「一筋縄ではいかない役だったので、非常に大変でした。(主演の)瑛太くんとか、各部署のスタッフさんに役を一緒に作ってもらって随分助かりました」(綾野)、「『あまちゃん』は、私が生きてきた中で一番大好きな作品です。素敵な方たちとお仕事をさせて頂いて幸せな時間でした。“あまロス”に陥ってました(笑)」(能年)、「複雑な役でした。お母さんなんだけど、スケバンみたいで、かつてアイドルに憧れて、娘がまたアイドルを目指して、それをどう見守るか…。子どもがいないので、面白かったですし勉強になりました」(小泉)と作品に対する想いを語った。

このほか授賞式には、「あまちゃん」の宮藤官九郎(脚本賞)・井上剛(演出賞)・訓覇圭(プロデュース賞)、「ダブルフェイス」(作品賞<単発ドラマ部門>グランプリ)の西島秀俊、「ラジオ」(作品賞<単発ドラマ部門>優秀賞)の刈谷友衣子らも登壇した。(モデルプレス)

■「東京ドラマアウォード2013」受賞作品

作品賞<連続ドラマ部門>
グランプリ「あまちゃん」(NHK)
優秀賞「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ放送網)
優秀賞「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日)
優秀賞「とんび」(TBSテレビ)
優秀賞「孤独のグルメSeason2」(テレビ東京)
優秀賞「ガリレオ」(フジテレビジョン)

作品賞<単発ドラマ部門>
グランプリ「ダブルフェイス」(潜入捜査編:TBSテレビ、偽装警察編:WOWOW)
優秀賞「ラジオ」(NHK)
優秀賞「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件」(日本テレビ放送網)
優秀賞「最後から二番目の恋 2012秋」(フジテレビジョン)

ローカル・ドラマ賞「狸な家族」(NHK 徳島放送局)
ローカル・ドラマ賞「名古屋行き最終列車」(名古屋テレビ放送)

個人賞
主演男優賞 瑛太「最高の離婚」
主演女優賞 能年玲奈「あまちゃん」
助演男優賞 綾野剛「最高の離婚」
助演女優賞 小泉今日子「あまちゃん」
脚本賞 宮藤官九郎「あまちゃん」
演出賞 井上剛「あまちゃん」
プロデュース賞 訓覇圭「あまちゃん」

特別賞
大友良英「あまちゃん」(音楽)

※選考対象は、2012年7月から2013年6月までに放送されたドラマ



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 瑛太、能年玲奈ら豪華俳優が受賞「東京ドラマアウォード2013」
今読んだ記事

瑛太、能年玲奈ら豪華俳優が受賞「東京ドラマアウォード2013」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事