22歳・波瑠、45歳役に不安 「想像できない」

モデルで女優の波瑠(22)が3日、都内で行われたテレビ東京系新ドラマ「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」(10月4日スタート 毎週金曜深夜0時52分より)制作発表会見に、俳優の田中圭、浜野謙太、佐藤二朗とともに出席した。
テレビ東京系新ドラマ「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」(10月4日スタート 毎週金曜深夜0時52分より)に出演する波瑠
テレビ東京系新ドラマ「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」(10月4日スタート 毎週金曜深夜0時52分より)に出演する波瑠
本ドラマで波瑠が演じるのは、田中圭扮する主人公・渡辺礼治の同級生で美人ゲーマー・高野文美という役どころ。さらに劇中では、15歳から45歳という成長をたどる物語となっているため、田中をはじめ、波瑠、浜野がそれぞれ今までにない年齢幅を演じることになる。それについて波留は、「15歳はもう現役ではないけど、まだ大丈夫だろうって気持ちがあります」と自信をのぞかせたが、「45歳の年齢は想像ができなかったです」と不安を吐露。「でも衣装もそうですが、変化していく周りの環境に手伝ってもらえて出来ていたのかなと思います」と明かした。一方田中は、「今、29歳なんですが、高校生は諦めが入ってますね。テンションあげて無理やりやってます(笑)」と明かし、浜野は「高校生役はひたすらヒゲを剃っていました。昼になると剃ったはずのヒゲが伸びてきて、撮影が一時、僕のヒゲ剃り待ちになることもありました」と語り、会場を笑いの渦に巻き込んだ。

さらに役柄に対しての印象ついて波瑠は、「女の子っぽさはあまりなく、クールで冷静に男の子二人を見てる役ですね」とコメントし、「大きい時間の中で成長しながら、若いころのベースをどれだけ残して社会人になっていくのか、という部分が難しかった」と演技してみての感想を語った。

また本ドラマの題材がゲームとうことにちなみ「思い出のゲーム」を問われた波瑠は、「中学生の時から『キングダムハーツ』シリーズだけは必ずやっています。ハードが変わっても全部やってますね」と意外な一面も披露。続けて「今回、ドラマで初めて『スーパーマリオ』をやらせて頂いたのですが、やっぱり面白いんだって思いました」と笑顔で語った。(モデルプレス)

■「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」あらすじ
2013年、渡辺礼二(田中)は、かつてゲームセンターを営んでいた実家を訪れ、親友の木戸(浜野)や、憧れの女性高野(波瑠)との出会いを思い出していた。1983年、礼治の父親が実家の駄菓子屋で始めた「ゲームセンターわたなべ」には近所の子供たちはもちろん、仕事中のサラリーマンまで集まり大盛況。同級生の木戸も毎日通い、小遣いの大半を遣ってゲームの腕を競っていた。ゲームにはあまり興味のない礼治だったが、急に店にあらわれた美少女・高野がゲームをしている凛々しい姿を見て遅ればせながらゲームに手を伸ばし、ひょんなことから、木戸とゲームで対決することとなる…。1983年~2013年。3人はゲームと出会い、楽しんで、人生のさまざまな壁にぶつかりながら、時には悩み、時には喜び成長していく。

波瑠(はる)プロフィール
生年月日:1991年6月17日
血液型:O型
出身地:東京都
身長:164cm
趣味:人間観察、散歩
特技:キーボードの早打ち

2007年より雑誌「Seventeen」で5年間活動し、2012年4月「non・no」専属モデルに抜擢。映画「アフロ田中」、「ガール」、「BUNGO~ささやかな欲望~」、ドラマ「結婚同窓会~SEASIDE LOVE~」(フジテレビTWO)など女優としても幅広く活躍。ナインティナインの岡村隆史がお気に入りと公言する美女。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 22歳・波瑠、45歳役に不安 「想像できない」
今読んだ記事

22歳・波瑠、45歳役に不安 「想像できない」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事