浅尾美和、新婚生活について語る

0
元ビーチバレー選手でタレントの浅尾美和が28日、都内で行われた「レザーニスト2013」発表会に出席した。
「レザーニスト2013」に選出された浅尾美和
「レザーニスト2013」に選出された浅尾美和
カラーレザーの良さを伝えていく「レザーニスト2013」に任命された浅尾は、現役時代、水着かジャージばかりだったが「これからおしゃれが出来るのが楽しみです」とにっこり。今年4月に一般男性と結婚したこともあり、新婚生活について聞かれると「ずっとスポーツの中でしか生きてこなかったので、こうやってのんびり過ごすのが楽しいです」と話し、「旦那をコーディネートしたいです。素材がお揃いとか、ペアルックもいいですね。おしゃれな2人になれるように頑張ります」と願望を語った。

渡部豪太、レザーのアイディアを提案

同発表会には、浅尾と同じく「レザーニスト2013」に選ばれたモデルでタレントのすみれ、俳優の渡部豪太も出席。モデルとしての活動経歴も持ち、レザーが大好きだと豪語する渡部は「着て、一緒に育ってくいくのがレザー。これからいろいろなアイテムが展開されるのが楽しみです」とコメント。染色技術の向上により生まれた、色とりどりのレザーアイテムに目を輝かせた。

また、今後どのようなレザーのアイテムが欲しいかと問われ、「いろいろあるけど、革の靴下かな」とアイディアを提案。すると、素足に靴がトレードマークの俳優・石田純一を父に持つすみれは、すかさず「パパじゃ履けないなー」とニンマリ。会場を大いに沸かせた。

すみれ、親子揃って受賞

その石田純一は2011年にベストレザーニストに選ばれており、すみれは親子揃っての受賞に。すみれは「親子で受賞なんて生意気ですよね」と謙遜気味ながらも、「父の靴は必ずレザーですからね」と笑顔を見せた。

「レザーニスト」は日本皮革産業連合会による国産皮革及び国産皮革製品の魅力を伝えていく取り組みの一つ。今年から「カラーレザープロジェクト」を進めるにあたり、企画趣旨を変更。それに伴い、昨年までの「ベストレザーニスト」から「レザーニスト」に名称を変更した。「レザーニスト2013」の3人は今後、カラーレザーをPRしていく。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 浅尾美和、新婚生活について語る
今読んだ記事

浅尾美和、新婚生活について語る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事