剛力彩芽、イケメン俳優と手つなぎデート

女優の剛力彩芽が主演をつとめる映画「L・DK」(・=ハートマーク、2014年春公開)が18日にクランクインを迎え、神奈川県・よこはまコスモワールドで行われた撮影の模様が報道陣に公開された。
映画「L・DK」の撮影に臨んだ山崎賢人、剛力彩芽/18日、よこはまコスモワールドにて
映画「L・DK」の撮影に臨んだ山崎賢人、剛力彩芽/18日、よこはまコスモワールドにて
強引リードに胸キュン!制服で遊園地デート

同作は講談社「別冊フレンド」で2009年2月より連載され、12巻の単行本が累計270万部を突破した渡辺あゆの同名コミックを映画化。タイトルの「L・DK」は、“ラブ同居”の略。何事にも直球勝負だが恋に奥手な女子高生・西森葵(剛力)と、学校一のツンデレモテ男・久我山柊聖(くがやましゅうせい/山崎賢人)がひょんなことから秘密の同居生活を送ることになり、胸キュン必至の青春ラブストーリーを繰り広げる。

映画初主演にしてラブストーリーに初挑戦する剛力は、チャームポイントのショートヘアを肩までのロングヘアにチェンジするなど、原作を忠実に再現する役作りで撮影に臨んだ。クランクイン初日は、放課後に制服姿のまま遊園地に遊びに来るシーンを撮影。最初は「べつに、デートじゃないんだから」と強がる葵だったが、急に手を握り「俺、アンタの困った顔見んの好きかも」と微笑む柊聖の強引なリードにドキドキを隠せず、徐々に特別な存在として意識していく。

天気にも恵まれ、灼熱の太陽の下、爽やかな制服姿の剛力と山崎。暑さを感じさせない笑顔で一緒にゲームを楽しんだり、手をつないで歩いたりと、初々しい高校生カップルに現場のテンションも急上昇。年齢も近い2人はカメラが回っていない間も会話を交わし、和やかな様子で撮影初日を楽しんでいた。

手つなぎシーンにドキドキ「いつかは堂々と…」

― クランクインを迎えた心境は?

剛力:本当にドキドキすることがいっぱい(笑)。恋愛ものが初めてなので、わからないこともいっぱいあるんですけど、監督が優しく教えてくれるので、可愛い仕草や表情を自分で生み出して、探っていきたいと思います。キュンキュンするような映画にしたいです。

山崎:柊聖のツンデレな感じや、葵との距離感をはかってやっていきたいと思います。監督から細かく指示をいただきながら、一緒に柊聖を作っている感じ。葵と2人のシーンがすごい難しいので、これから頑張っていきたいです。

川村泰祐監督:映画を見た後に恋をしたくなるようなハッピーな作品にしたいと思います。10日前からリハーサルを始めましたが、2人がどんどん近づいていくのがわかる。初めは恥ずかしがっていたけど、柊聖がグイグイ引っ張って近づいていって…初々しくやってるのがとても微笑ましくてすごくいいですね。

胸キュンラブストーリーを繰り広げる山崎賢人&剛力彩芽
胸キュンラブストーリーを繰り広げる山崎賢人&剛力彩芽
― 剛力さんはロングヘアにイメージチェンジしましたね。

剛力:3年前までロングだったので、懐かしい感覚ですね。照れてます(笑)。

川村監督:原作に合わせたというのもありますが、とにかく主演の女優が可愛く見えることが大事なので、試行錯誤してベストの長さに。活発なんだけど、清潔感も感じられる長さだと思います。

― 山崎さんは、剛力さんのショートヘアいかがですか?

山崎:ショートの印象が強かったですけど、すごく似合っているし可愛いと思います。

山崎賢人、剛力彩芽
山崎賢人、剛力彩芽
― 今日はデートシーンの撮影でしたが、剛力さんはデートはいつ以来?

剛力:いつ以来ですかね~、相当昔じゃないですかね(笑)。

― 山崎さんと手をつないでドキドキしましたか?

剛力:ドキドキしますよ!あのつなぎ方はずるい(笑)!憧れですね。いつかは堂々と手をつないでデートしたいですね。

― 剛力さんが演じる葵は料理上手な女の子でもありますね。

剛力:(役作りのために)マイ包丁を買いました!千切りとかスライスを頑張っています。もともと料理が好きなので。

― 最後に、公開を待ち望んでいるファンの方々へメッセージをお願いします!

山崎:こんな恋愛したいな、と思えるようなキュンキュンポイントがいっぱいあると思います。楽しんで撮影するので、みなさんも楽しみながら見てほしいですね。

剛力:すごく暑い中で撮影をしているので、それを含めてアツい映画にしたいです。見てる方が耐えられないくらいのキュンキュンをお届けします!

川村監督:キスシーンもね…!

剛力:あぁ~、大変だぁ(笑)。

山崎賢人、剛力彩芽
山崎賢人、剛力彩芽
― ありがとうございました。

今後は物語のメインとも言える“ラブ同居”シーンの撮影もスタート。フレッシュな2人が演じる高校生カップルの恋の行方に注目だ。(モデルプレス)

映画「L・DK」

監督:川村泰祐(『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『映画 ひみつのアッコちゃん』ほか)
脚本:松田裕子(「ごくせん」シリーズ、「スプラウト」『カンナさん大成功です!』『恋文日和』ほか)
原作:渡辺あゆ「別冊フレンド」(講談社)にて連載中
出演:剛力彩芽、山崎賢人 ほか
公開:2014年春 全国ロードショー

<ストーリー>
直情型で暴走しがちな女子高生、主人公・西森葵はボヤ騒ぎを起こしたことがきっかけで、学校一のツンデレモテ男、柊聖(しゅうせい)と同居することに。同居がバレれば学校中の女子を敵にまわし、退学にもなりかねない。秘密を守ろうと必死な葵とは反対に柊聖はあくまでマイペースで、葵の右往左往を楽しんでさえいる様子。ドタバタの日々の中、身勝手な柊聖にどんどん惹かれてしまう葵。だが、柊聖の元カノ桜月や、葵に想いを寄せる先輩・三条の出現で、恋心は複雑に絡み合って行く。果たして葵と柊聖の“ラブ同居”の行方は…



【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 剛力彩芽、イケメン俳優と手つなぎデート
今読んだ記事

剛力彩芽、イケメン俳優と手つなぎデート

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事