婚約発表の鈴木奈々、スカウトから“おバカキャラ”ブレイクまで芸能活動を振り返る

7月9日に、交際歴4年半の一般男性との婚約を発表したモデルでタレントの鈴木奈々(25)。“おバカキャラ”として、お茶の間の人気者となった彼女の芸能生活を振り返る。
婚約を発表した鈴木奈々
鈴木は同日、自身のブログで「誕生日旅行で彼氏からプロポーズされました」と報告。以前から、自身の誕生日である7月9日にプロポーズされることを切望していた鈴木は「ずっとずっと願ってた夢が叶いました~」と喜びを綴り、「夢の婚約指輪です」と婚約指輪を披露した。

憧れの益若つばさにスカウト、そして「Popteen」看板モデルへ



雑誌「Popteen」モデルだった益若つばさの追っかけをしていた鈴木は、高校3年生の頃に参加した握手会で本人からスカウト。益若の「あのコ、POPに出しなよ」という一言で業界入を果たした。

2007年1月号で「Popteen」に読者モデルとして初登場。益若、小森純に次ぐ“元気キャラ”として瞬く間に人気を集めた。2010年には、中国・上海にて開催された「上海国際博覧会2010」に同誌モデルの舟山久美子らとともに出演。日本のギャル代表としてギャル文化を世界に広げるために、ファッションショー、ダンス、コスプレ、アニソンなどを披露した。

同誌在籍中の2009年には、夫となった一般男性との交際を開始。2011年に同誌を卒業するまで看板モデルとして活躍した。その後、2011年発売の雑誌「EDGE STYLE」1月号にて、同誌に電撃移籍した。

新雑誌で新境地、“おバカキャラ”で注目度急上昇



専属入りを発表した雑誌「EDGE STYLE」1月号では、4ページにわたって特集が組まれた。同誌では、これまでのアメカジスタイルから卒業し「大人カジュアル」宣言。クールな表情で、新境地を開いた。

雑誌移籍とほぼ同時期に、“新おバカ女王”として頭角を現しはじめていた鈴木。2011年3月に「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ)で初のテレビ出演を果たした彼女は、掴みどころのないトークとオーバーリアクションで司会を務める明石家さんまをはじめ共演者や観客を爆笑の渦に巻き込んだ。

その後は、情報番組「サンデージャポン」(TBS系)や「しゃべくり007」(日本テレビ系)など多数の人気番組に出演。その“おバカ”ぶりで一気に注目が上がった。

ついに本格的ブレイクを果たす



“おバカキャラ”を確立し知名度を上げた鈴木は、2012年上半期には175本の番組に出演。“旬”の芸能人の指標でもある番組出演本数ランキングでは女性部門6位にランクインした。

さらに同年のブレイクタレントランキングでは、1位を獲得。この年、本格的なブレイクを果たした。

天性の明るさと周りを笑顔にする“おバカ”キャラで、一躍売れっ子となった鈴木。現在では、バラエティ番組に欠かせないタレントのひとりとして安定した人気を誇っている。

書籍出版で新たな顔を見せる



テレビ番組への露出が増えた一方で、2012年9月には初のフォト&エッセイ集「なな色スマイル」を発売。さらに、2013年1月には、初の自伝エッセイ「一所懸命」を発表。そこでは、読者モデル時代の思い出話を皮切りに、高校中退、恋愛などの紆余曲折、家族への思い、ひいては昨今社会問題にもなっている「いじめ」についても自らの経験を基に書き下ろし。

これまでの“おバカ”“ギャル”なイメージを払拭した鈴木の本音が語られ、大きな反響を呼んだ。

現在では、雑誌、テレビ、CM、イベントなど各方面から引っ張りダコの鈴木。益若に憧れていたひとりの少女が、今ではお茶の間の人気者に。生涯の伴侶を得た彼女が今後、どんな進化を遂げるのか期待が寄せられる。(モデルプレス)

鈴木奈々/過去のイベントではウエディングドレス姿を披露
鈴木奈々プロフィール
生年月日:1988年7月9日
ニックネーム:なぁちゃん
出身地:茨城県
血液型:B型
身長:154cm
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP