「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」に新展開

第2回「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」に新展開/「JUNON」4月号(主婦と生活社)
第2回「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」に新展開/「JUNON」4月号(主婦と生活社)
第1回「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」グランプリの松浦雅、同コンテストでMCを務めた矢口真里、特別審査員を務めたくみっきー、℃‐uteメンバー
第1回「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」グランプリの松浦雅、同コンテストでMCを務めた矢口真里、特別審査員を務めたくみっきー、℃‐uteメンバー
第1回「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」でグランプリに輝いた松浦雅
第1回「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」でグランプリに輝いた松浦雅
雑誌『JUNON』がプロデュースする第2回「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」の応募受付が3月4日(月)で終了し、その応募数が第1回の応募総数7533通を上回る9035通になったことがわかった。 同実行委員会ではこれを受けて、昨年同様、東京会場での二次審査のみ、“募集第2弾”を決行。締め切りは3月25日(月)となる。さらには募集要項年齢規定外の20歳の方からの応募や問い合わせが多数あったことを受けて、第2弾の募集に限って応募資格の年齢を20歳(応募時点)まで範囲を広げて募集することも発表された。

同コンテストは小池徹平、平岡祐太、山本裕典、溝端淳平、三浦翔平など数々の人気俳優を輩出する「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」を主催する雑誌「JUNON」がプロデュース。昨年6月に初開催され、今年が2回目。今回は芸能事務所・レコード会社等に所属していない11歳~19歳の女性を対象とし、7都市(札幌、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡、沖縄)で予選を実施。キラキラ輝く女の子を全国から発掘する。

『JUNON』桜井克昌副編集長によると、第1回グランプリの松浦雅、準グランプリの熊谷江里子をはじめ、ファイナリスト及びベスト30入選者で、プロダクション所属を希望するほぼ全員が所属を決めたという。歴史あるジュノン・スーパー・ボーイコンテスト同様、このコンテストも、業界からの注目度が非常に高く、大きな夢をつかむ第一歩になることは間違いないだろう。(モデルプレス)

<応募締め切り>
3月25日(月)必着(書類応募)。WEB応募の方は25日23:59まで。
※審査を円滑に進めるために、早めの応募をお願いいたします。
☆今回の募集第2弾で一次審査を通過した方は、4月上旬に行われる二次審査(東京会場)にお越しいただく形となります。
※東京会場のみとなりますので、他の会場は選べません。ご了承ください。
※応募資格・応募要項などは、「応募要項ページ」をご覧ください。

■第2回「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」概要
【応募資格】
11歳(2013年4月時点で小学6年生)から20歳(応募時点)の女性で、芸能事務所・レコード会社等に所属していない方。
【応募方法】
1.書類応募 2.WEB応募(スマホ&携帯でもOK)のどちらかでご応募ください。
<1.書類応募の場合>
市販の履歴書に必要事項を、写真を添付してください。
・カラー写真2点(1枚は全身、1枚は顔がはっきりわかる上半身)
※3か月以内に撮影したものに限る。
※プリクラなど不鮮明な写真、サイズの小さなもの、加工したものは不可。
※ショート丈のボトムスなど体のラインがわかる服装を着用のこと。
宛先:
〒104-8357 東京都中央区京橋3-5-7
(株)主婦と生活社 JUNON編集部
「第2回JUNONプロデュース ガールズコンテスト」係
<2.WEB応募の場合>
PC、携帯、スマートフォンから http://junon-girl.jp/ にアクセス
応募フォームで必要事項を記入し、写真(2点)を添付してください。
※必要事項は、書類応募と同様。
応募要項詳細:http://junon-girl.jp/audition/

「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」オフィシャルサイト http://junon-girl.jp/
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - 「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」に新展開
今読んだ記事

「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」に新展開

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事