三浦翔平、好きな女性について語る

1月8日スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ「サキ」の制作発表会見が7日、都内にて行われ主演の仲間由紀恵三浦翔平ら豪華キャストが勢ぞろいした。
連続ドラマ「サキ」制作発表会見に出席した仲間由紀恵(左)と三浦翔平(右)
撮影エピソードを聞かれた仲間は「(三浦とは)これまで何度も共演してきたから、また一緒にできることが嬉しくて撮影の合間によくおしゃべりするんですが…」と切り出し、「彼は本当にものまねが上手いので、本番直前でも振っちゃうんです」と茶目っ気たっぷりに告白。「この前も渡部篤郎さんをやってもらってたら、本番の演技で渡部篤郎さん(のものまね)が出てしまって監督から注意を受けました」と続け、「今日はやりませんよね?」と“悪女”っぷりを炸裂。三浦もそれに応えてものまねを何度も披露するも「大事なシーンの前は自分もどっちかわからなくなるのでやめてほしいですね」と苦笑いで話し、場の笑いを誘った。

仲間が悪女を演じ話題を集めたドラマ「美しい隣人」(2011年1月期、同局系)のスタッフが再集結した同ドラマ。劇中で仲間が演じた“沙希”と、同作の“サキ”は同一人物の設定だが、前作ではターゲットが女だったのに対し、今作では“男たち”が狙われるのが見どころとなる。

自らが思う“悪女”についてトークが展開されると、仲間は「どこから出てきているのかわからないお金を持っているのが悪女だと思います」と主張。三浦は「心では『こいつつまらないな』って思っているのに、『すごいですね』って笑いながら言う人が悪女。僕は真実を言う女性が好きなんです!」と声を張り上げた。

一方、萩原聖人が「悪女の大前提は、いい女であるということ」と発言すると、男性陣は妙に納得した表情。さらに「自分自身のことを微塵も悪女とは思っていない人のことを悪女と言う。正真正銘の悪女は、自分を天使だと思っているので、絶対に悪女だなんて思っていません」と言い切った高嶋政伸に「悪女は好き?」と質問が飛ぶと「前は好きだったけど、最近はちょっとしんどいかな」と苦笑いで応え、場は大盛り上がりとなった。

会見にはこのほか、内田有紀、庄野崎謙、石黒英雄も出席。ドラマ「サキ」は毎週火曜よる10時から放送で、初回は15分拡大。主題歌は「美しい隣人」と同様に東方神起が担当。さらにAKB48高橋みなみのソロデビュー曲「Jane Doe」がオープニング曲に抜擢される。(モデルプレス)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP