<レコ大>体調不良のきゃりー、ガラガラ声で「大丈夫です」

「第54回 輝く!日本レコード大賞」に出演したきゃりーぱみゅぱみゅ
「第54回 輝く!日本レコード大賞」に出演したきゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりー
きゃりー
29日深夜、自身のTwitterで急性声帯炎であることを明かしていた、アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅが30日、東京・新国立劇場で開催された年末恒例の音楽賞「第54回 輝く!日本レコード大賞」最終選考会にて、歌声を披露した。 特別賞を受賞したきゃりーは、ピンクの蝶ネクタイを付けたキュートなエメラルドグリーンのセットアップ衣装で登場。司会を務める安住紳一郎アナウンサーに「喉の調子は大丈夫ですか?」と問われると、声帯炎で声をかすれさせながらも「大丈夫です」と返答。ステージでは切れのあるダンスとともに「つけまつける」「CANDY CANDY」「ファッションモンスター」を立て続けに披露。体調不良を感じさせないパワフルなステージで会場を沸かせ、プロ魂を見せつけた。

なお、会場には彼女のプロデューサーを務める中田ヤスタカ氏も駆けつけ、パフォーマンスを見守った。

半世紀以上の歴史を持つ同賞は、今年もTBS系で「第54回 輝く!日本レコード大賞」として午後6時半より生中継。司会は安住紳一郎アナウンサー、女優の新垣結衣が担当。優秀作品賞10作品の中から今年の「日本レコード大賞」が、新人賞4組の中から「最優秀新人賞」が決定する。(モデルプレス)

■「第54回 輝く!日本レコード大賞」各賞(50音順)

【優秀作品賞】「ありがとう」JUJU/「風が吹いている」いきものがかり/「GO FOR IT!!」西野カナ/「櫻」氷川きよし/「酒のやど」香西かおり/「777 ~We can sing a song!~」AAA/「花火」三代目 J Soul Brothers/「White Angel」Fairies/「真夏のSounds good!」AKB48/「やさしくなりたい」斉藤和義
【新人賞】家入レオ/臼澤みさき/小野恵令奈/ティーナ・カリーナ
【特別賞】きゃりーぱみゅぱみゅ/プリンセス・プリンセス/ペギー葉山
【最優秀歌唱賞】天童よしみ
【最優秀アルバム賞】「Love Place」西野カナ
【優秀アルバム賞】「縁-えにし-」山崎ハコ/「ENTERTAINMENT」SEKAI NO OWARI/「花束と猫」藤田恵美/「ファンキーモンキーベイビーズ4」FUNKY MONKEY BABYS
【作曲賞】レーモンド松屋「夜明けのブルース」五木ひろし
【作詩賞】秋元康「UZA」「ギンガムチェック」「真夏のSounds good!」AKB48 など
【編曲賞】中田ヤスタカ「スパイス」Perfume「つけまつける」きゃりーぱみゅぱみゅ など
【企画賞】『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 01』(日本コロムビア)/『幸魂 さきみたま くしみたま 奇魂 古事記より』藤舎貴生(公益財団法人 日本伝統文化振興財団/ビクターエンタテインメント)/『時代の歌V』鳥羽一郎(日本クラウン)/『Doubles Best』スキマスイッチ(アリオラジャパン)/『HIROSHI TACHI sings YUJIRO』舘ひろし(デフスターレコーズ)/『もしも明日が ~三木たかしトリビュート~』(ユニバーサルミュージック)
【日本作曲家協会奨励賞】走 裕介
【功労賞】かまやつひろし/堺 正章/中村泰士/倍賞千恵子/三沢あけみ
【特別功労賞】伊藤エミ/尾崎紀世彦/桜井センリ/櫻田誠一/佐々木敢一/長良じゅん/宮 史郎/森 光子

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - <レコ大>体調不良のきゃりー、ガラガラ声で「大丈夫です」
今読んだ記事

<レコ大>体調不良のきゃりー、ガラガラ声で「大丈夫です」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事