世界が熱視線!きゃりー、次世代ポップ・アイコンと初対面

参照回数:103,148

人気モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが18日、千葉・幕張メッセで開催された音楽フェス「サマーソニック2012」で次世代ポップ・アイコン、アレクサンドラ・スタンと対面を果たした。
アレクサンドラ・スタン(左)との初対面が実現したきゃりーぱみゅぱみゅ(右)
アレクサンドラ・スタン(左)との初対面が実現したきゃりーぱみゅぱみゅ(右)
きゃりーぱみゅぱみゅは、「?」「■」「△」などのモチーフが特徴的なサテン地の衣装に、ピンクとイエローのリボンをつけたツインテールというポップなスタイリングで、ラフな装いのアレクサンドラ・スタンと2ショット。初対面ということもあり、少し緊張した様子もうかがえるが、仲良く寄り添って見せる笑顔が印象的だ。

アレクサンドラ・スタンは、8月1日より配信限定でリリースした「レモネード」が、日本ではiTunesダンスチャートで1位を獲得。総合でもトップ10にランクインするなど話題沸騰中。現在、同曲のプロモーションを含めて来日中で、18日、「サマーソニック2012」東京公演で日本初となるライブを行った。

最新シングル「レモネード」はもちろんのこと、大ヒットを記録したデビュー・アルバム「サクソビーツ」の収録曲「ミスター・サクソビート~恋の大作戦~」「ゲット・バック(ASAP)」「ワン・ミリオン feat.カールプリット」「ロリポップ(パラム・パム・パム)」など8曲を熱唱し、詰めかけたファンを興奮の渦に。約40分のライブを終えたアレクサンドラ・スタンは、「自分がライブした中で最大だと思う。サマソニでのパフォーマンスをずっと楽しみにしていたの」と観客の反応に大満足の様子だった。(モデルプレス)

■アレクサンドラ・スタン Live セットリスト(18日※東京)

1.Intro~Mr.Saxobeat
2.Lollipop(Param Pam Pam)~Crazy
3.Get Back(ASAP)~What Is Love(Haddawayのカヴァー)
4.1.000.000 feat.Carlprit
5.Lemonade
6.Mr.Saxobeat

日本で初ライブを行ったアレクサンドラ・スタン
日本で初ライブを行ったアレクサンドラ・スタン
■アレクサンドラ・スタン(Alexandra Stan)プロフィール

1989年6月10日生まれ。ルーマニア(コンスタンツァ)出身のダンス系シンガー・ソングライター。地元の大学で国際交流とルーマニアの法律を専攻して学びながら音楽活動をしている。

幼少時代から、ルーマニア各地にある様々な音楽祭や音楽コンテストに出演し、自身の歌唱力に磨きをかけた。

2009年発表の1stシングル「Lollipop(Param Pam Pam)」でデビューをすると、ルーマニア国内のラジオ局で話題になったことでヒットを記録、注目を浴びるキッカケとなる。

2010年秋にリリースした(全英、全米は2011年)2ndシングル「Mr.Saxobeat」で、彼女の知名度は一気に世界中に広まり、祖国ルーマニアのみならず、イタリア、スロバキア、デンマーク、スイス、ドイツ、オーストリアなど、ヨーロッパを中心に世界各国で1位を記録、全英チャート3位と大ヒットし、20ヶ国以上でトップ10入り。祖国ルーマニアに至ってはトップ100チャートで8週間連続1位をキープという、ルーマニアのチャート史上初の記録まで樹立。さらにYouTubeでの再生回数は1億回を超え、2011年最大のモンスター・ヒットへと成長した。

続いて3rdシングル「Get Back(ASAP)」をリリース、前作「Mr.Saxobeat」に続くビデオ・クリップのストーリー展開が話題を呼び彼女の人気を決定付けることに。また、4thシングル「1.000.000 feat.Carlprit」では初のコラボを実現させ、デビュー・アルバム「Saxobeats」は大ヒットを記録する。





【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 世界が熱視線!きゃりー、次世代ポップ・アイコンと初対面
今読んだ記事

世界が熱視線!きゃりー、次世代ポップ・アイコンと初対面

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事