キョンキョンが大胆イメチェン!知られざる湘南ライフを語る

女優の小泉今日子が、7月28日発売の雑誌「Numero TOKYO」9月号に登場。デビュー30周年を迎える彼女の20ページ以上にわたる大特集が掲載された。
YOU、小泉今日子/「Numero TOKYO」9月号/画像提供:扶桑社
YOU、小泉今日子/「Numero TOKYO」9月号/画像提供:扶桑社
本人自らコラボしてみたい4人を逆指名した「KYON2 gallery」では、「恋人のような関係」というほど仲の良いYOUが小泉今日子をスタイリング。露出度の高いボディスーツやレザーのワンピースなど、“キョンキョン”のイメージを覆すようなハードなアイテムも見事に着こなしてみせた小泉今日子は「YOUとは家で遊んでパンツの見せ合いとかしてるから(こんな服も)着れちゃう」と無邪気に語った。

プライベートでは韓流ドラマに没頭

今月号の「Numero TOKYO」のテーマは「ICONIC STAR」。その象徴として登場した小泉今日子は、現在46歳。30周年を迎える今もなお“最強のポップ・アイコン”として世を魅了しつづける理由、そのひとつとして、売れっ子にもかかわらず「どこまでも自然体」な部分が挙げられるだろう。

誌面のインタビュー「小泉今日子のホンネ」でも、そんな彼女の一面を垣間見ることができる。プライベートでは2年以上、都会から離れた湘南でのひとり暮らしを満喫しており「電話の誘いもめっきり減ったけど、それも悪くない。なんだかひとりで家にいるのがお似合いなんですよ」。家では録画した韓流ドラマや映画、マンガ、雑誌、ゲームに没頭するという「めっちゃオタク」な生活を送っているんだとか。

ひとりの時間を最大限に楽しんでいる彼女だが「また次に直感的に好きだなって思う人が現れるかもしれないし、事故と同じだから」と新たな恋に関しても自然体。憧れの韓流スターを思い浮かべ「ドラマの中みたいに、韓国旅行で、たまたまぶつかった人に、持ってたアイスをベチャッとつけちゃって『ごめんなさい』って言ったら、その人だったみたいな(笑)」と空想を抱く乙女心ものぞかせた。

誌面ではこのほかデビュー当時の心境からこの先40周年に向けてのビジョン、過去の恋愛、結婚観、死生観に至るまでを赤裸々告白。美術家・横尾忠則、写真家・都築響一、漫画家・松田奈緒子とのコラボをはじめ、仲間が証言する「あなたに会えてよかった」、本人と共に振り返る「30年の七変化」など、キョンキョンの過去と現在、そして未来を存分に堪能できる企画が満載だ。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - キョンキョンが大胆イメチェン!知られざる湘南ライフを語る
今読んだ記事

キョンキョンが大胆イメチェン!知られざる湘南ライフを語る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事