篠田麻里子、決意のスピーチ「後輩に席を譲れと言う方もいる」

6日、日本武道館にて「AKB48 27thシングル 選抜総選挙 ~ファンが選ぶ64議席~」(別名:第4回AKB48選抜総選挙)の開票イベントが開催され、AKB48チームA・篠田麻里子が5位を獲得した。
「AKB48 27thシングル 選抜総選挙 ~ファンが選ぶ64議席~」で5位を獲得した篠田麻里子
「AKB48 27thシングル 選抜総選挙 ~ファンが選ぶ64議席~」で5位を獲得した篠田麻里子
昨年の選抜総選挙では4位、その後の「24thシングル選抜じゃんけん大会」では見事優勝し初センター曲「上からマリコ」を獲得するなど、まさに全力で1年を駆け抜けた篠田麻里子。今年はランキングをひとつ下げ5位となったが、票数は60539票→67017票と増加。名前を呼ばれ、ステージに立った彼女の表情は晴れやかだった。

篠田麻里子
篠田麻里子
「こんなにも素敵な順位をありがとうございます。こうやってみなさんの温かさやありがたみを感じられるのが総選挙。私はこの総選挙は嫌いじゃありません」。そう語ると、会場から“麻里子コール”が起った。「自信はないですし、この日が来るまで不安でした。眠れない日もありました」。素直な気持ちを話してほっとしたのか、目に少し涙が浮かんだ。

しかし、弱さを見せたのは一瞬。揺るぎない信念を帯びた眼差しで、メンバーに語りかけた。「後輩に席を譲れと言う方もいるかもしれません。でも私は席を譲らないと上に上がれないメンバーはAKBで勝てないと思います」。5位という自らの順位に「正直今、私も悔しい」と闘志を燃やし、「悔しい力をどんどん先輩に、ぶつけてきてください。つぶすつもりで来てください。私はいつでも待ってます。そんな心強い後輩が出てきたならば私は笑顔で卒業したいと思っています」と決意を語った。

去年の総選挙では、「ひとりぼっちでさびしいなって、思うことがありました」と涙を見せていた篠田麻里子。今年のスピーチは、驚くほどに頼もしかった。「AKB48が大好き。だからこそ後輩には育ってほしい」。それが彼女が1年間かけて出した答えだった。(モデルプレス)

■「AKB48 27thシングル選抜総選挙」選抜メンバーコメント全文はこちら
https://mdpr.jp/news/detail/1185665

■「AKB48 27thシングル選抜総選挙」アンダーガールズコメント全文はこちら
https://mdpr.jp/news/detail/1185630



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 篠田麻里子、決意のスピーチ「後輩に席を譲れと言う方もいる」
今読んだ記事

篠田麻里子、決意のスピーチ「後輩に席を譲れと言う方もいる」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事