トリンドル玲奈、華やかなドレス×ティアラで“鳥取”の王女に

参照回数:62,054

雑誌「ViVi」などで活躍する人気モデルのトリンドル玲奈が17日、都内にて行われた「“まんが王国とっとり”建国記念!“国際まんが博”PRイベント」に出席した。
「“まんが王国とっとり”建国記念!“国際まんが博”PRイベント」に出席したトリンドル玲奈
「“まんが王国とっとり”建国記念!“国際まんが博”PRイベント」に出席したトリンドル玲奈
“鳥取ふるさと大使”に起用されたトリンドル玲奈は、ドレスにティアラを冠し「まんが王国とっとり」の“トットリンドル王女”に扮して登場。「“トットリンドル王女”だでぇ。てへぺろ!」とキュートに挨拶するも、「何度かお仕事で鳥取県と関わっているんですけど、実は一度も行ったことないんです(笑)」と苦笑いで明かし「でもこれが新しい王女の形です」と茶目っ気たっぷりに語った。

「鳥取県には行ったことない」

オーストリア出身のトリンドル玲奈だが、ソフトバンクのテレビCMの影響から“鳥取県の羽合町(はわいちょう)”出身であると本当に思われていることもあるという。「それがきっかけで王女になれたかもしれないので光栄です。私は日本に故郷と呼べる場所がないので、鳥取を故郷にしようかな」と喜び、「鳥取弁はイントネーションが難しいので、もっと勉強して鳥取の魅力を伝えられる立派な王女になりたいです」と意気込んだ。

また、小学生時代、名前に“トリンドル”とカタカナが入っていることが悩みだったと明かしたトリンドル玲奈。「少しの間、“鳥ン取”って漢字で書いてました。でも友達におかしいって言われてすぐにやめましたけど(笑)」と、昔から鳥取県とは縁があったことを主張した。

水木しげる氏、谷口ジロー氏、青山剛昌氏をはじめ、著名な漫画家を多数輩出している鳥取県は今秋、国際的な漫画シンポジウム「第13回国際マンガサミット鳥取大会」が開催されることから、今年度を「まんが王国とっとり」建国の年と位置づけ。国内外から多くの人に来場してもらうべく「まんが王国とっとり建国記念 国際まんが博」を8月4日(~11月25日)から開催する。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - トリンドル玲奈、華やかなドレス×ティアラで“鳥取”の王女に
今読んだ記事

トリンドル玲奈、華やかなドレス×ティアラで“鳥取”の王女に

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事