AKB48篠田麻里子、前田敦子の知られざる苦悩明かす 自らの卒業にも言及

人気アイドルグループAKB48の篠田麻里子が海外ドラマ「コバート・アフェア」のスペシャル・サポーターに就任し、28日都内にて行われた記者会見に出席した。
海外ドラマ「コバート・アフェア」のスペシャル・サポーターに就任した篠田麻里子
海外ドラマ「コバート・アフェア」のスペシャル・サポーターに就任した篠田麻里子
会見後の囲み取材では、先日AKB48からの卒業を電撃発表した前田敦子についての質問が集中。以前から相談を受けていたという篠田麻里子は「(卒業発表の)前日に『ずっと一緒にやりたい』と話したけど、最後は本人の判断に任せました。センターの前田敦子だからこそ出した答え」と語り、“不動のセンター”として注目され続けた前田敦子の苦悩を「私みたいに図太ければいいけど、ナイーブな部分が強いので…いろんな声が入ってきて、弱っていたところもあると思う」と明かした。

「私はファンがいる限り頑張りたい」

映画「ボーン・アイデンティティー」製作チームが手がける海外ドラマ「コバート・アフェア」は、CIA諜報員として与えられた任務を遂行するアニー・ウォーカー(パイパー・ペラーボ)の活躍を描いたサスペンス・アクション。4月18日のDVDリリースを記念し、同日より篠田麻里子のアクションシーンを起用したCMを放映する。

前田敦子の卒業についての見解に注目が集まる中、篠田麻里子は「年功序列で言うと普通は私が卒業だと思うんですけど…私は体が動く限り、ファンがいる限り頑張りたい」と力強くコメント。卒業発表の当日を「本当に言ったな、と思ってビックリしました。前日に『ずっと一緒にいたい』って言ってくれたので、もしかしてと期待していたんですけど」と振り返り、「個人になったからって離れるわけじゃない。本人が決めたことだし、新しいスタートだから応援したいですね」と固い絆を誓った。

アクションシーンを披露する篠田麻里子
アクションシーンを披露する篠田麻里子
この日、篠田麻里子はボディコンシャスなトップス&レザースカートにクリスチャン・ルブタンのパンプスというスパイ風の衣装でアクションシーンを披露。屈強な外国人男性を投げ飛ばすアクションを体験した篠田麻里子は「アクションをやってみたかったので、スカッとして快感でした」と感想を語り、「海外ドラマが好きな前田敦子ちゃん、小嶋陽菜ちゃんと一緒にこの作品を見たいです」と笑顔を見せた。(モデルプレス)

■「コバート・アフェア」
4月18日よりDVDリリース開始
発売元・販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント



【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - AKB48篠田麻里子、前田敦子の知られざる苦悩明かす 自らの卒業にも言及
今読んだ記事

AKB48篠田麻里子、前田敦子の知られざる苦悩明かす 自らの卒業…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事