初代「ミス・ティーン・ジャパン」決定 押切もえがセクシードレスで祝福

0
0
「2012 ミス・ティーン・ジャパン」決勝大会が10日、都内にて開催され、東京出身の坂口莉果子さん(14)が初代グランプリに輝いた。
「ミス・ティーン・ジャパン 2012」グランプリ坂口莉果子さん
「ミス・ティーン・ジャパン 2012」グランプリ坂口莉果子さん
最終選考では、大阪、名古屋、横浜でのオーディションを通過したファイナリスト10名が、ウォーキングやスピーチでの自己アピールを行い、審査員にはAKB48の総合プロデューサー秋元康氏や株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド代表取締役の寺田和正氏が参加。

小学2年生から約4年間を香港で過ごしたという坂口莉果子さんは、最終審査で流暢な英語でスピーチを披露した。

押切もえもセクシードレスで応援

また、この日は雑誌「AneCan」で活躍する人気モデル押切もえが、大人の色気が漂うブルーのロングドレスで同大会の応援アンバサダーとして駆けつけた。

栄えあるグランプリを手にした坂口莉果子さんは、押切もえからタスキを掛けられ、寺田和正からティアラを贈呈されると潤んだ瞳で「信じられないくらい本当に嬉しいです。これから頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

さらに、グランプリの賞金50万円の使い道を聞かれると「家族と焼肉を食べに行きたい」といい、副賞のハワイ旅行は「母と行きます。海でいっぱいはしゃぎたい」と笑顔を見せた。

秋元康氏も太鼓判

秋元康氏は、「坂口さんは、美しさと品がある。綺麗な花は時間をかけて成長しますが、外見だけでなく内側からもさらに輝く可能性があると思いました」と選出の理由を述べた。

押切もえも「皆さんを見て私ももっと頑張っていかなきゃいけないなって思いました」と語り、「今日のフレッシュな思いを忘れずに自分の無限な可能性を信じて色々なことに挑戦していって欲しいですね」とメッセージを送った。

「ミス・ティーン・ジャパン」とは、世界的で最も有名なミス・コンテスト「ミス・ユニバース」の妹版で今回が初開催。準グランプリには埼玉出身の鎌滝えりさん(16)、奈良県出身の山本かれんさん(15)の2名が選出された。(モデルプレス)

■グランプリ・坂口莉果子(さかぐちりかこ)プロフィール
生年月日:1996年12月24日(14)
身長:165cm
体重:44kg
スリーサイズ:B78 W59 H82
出身地:東京都杉並区

■準グランプリ・埼玉出身の鎌滝えり(かまたきえり)プロフィール
生年月日;1995年4月7日(16)
身長:169cm
体重:47cm
スリーサイズ:B82 W57 H81
出身地:埼玉県狭山市

■準グランプリ・山本かれん(やまもとかれん)プロフィール
生年月日:1996年10月28日(15)
身長:165cm
体重:45kg
スリーサイズ:B74 W58 H85
出身地:奈良県生駒市

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 初代「ミス・ティーン・ジャパン」決定 押切もえがセクシードレスで祝福
今読んだ記事

初代「ミス・ティーン・ジャパン」決定 押切もえがセクシード…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事