矢口真里、ハッピーオーラ全開で子作りに意欲 

タレントの矢口真里が15日、六本木ヒルズ・ヒルズカフェ/スペースで開催されるタキイ種苗「タネとヤサイのミュージアム」オープンイベントに登場した。
子作りに意欲を見せた矢口真里
子作りに意欲を見せた矢口真里
今年5月に俳優の中村昌也と結婚した矢口真里は、同じくイベントに登場した人気子役・小林星蘭の可愛さに終始メロメロ。

「子役の子を見るといつも欲しくなるけど、(星蘭ちゃんを見て)今日欲しくなった」と興奮気味に話したが、「来年3月に日本武道館でライブがあるので、それから(子作り)頑張ります。3人は欲しいですね」と冷静に家族計画を明かした。

「ヤサイ」をテーマに全身コーディネート

同ミュージアムは、あまり見たり触ったりすることのない野菜の「タネ」を身近に感じてもらうべく、変わった形のタネ、面白いネーミングのタネなど、本物のタネやヤサイを展示。そのほか映像でクイズを楽しめる企画も用意されるなど、来場者が参加できる工夫が施されている。

矢口真里は、からし色のカーディガン、深い緑のショートワイドパンツを合わせカボチャをイメージしたスタイリングに、トマトを意識したヘアーで登場。

一方、小林星蘭はナス風の衣装で登場と、「ヤサイ」をテーマに全身をコーディネートした二人は、タネを見て何のヤサイか当てるクイズに挑戦。

(左から)小林星蘭、矢口真里
(左から)小林星蘭、矢口真里
ヤサイの中では人参が一番好きという小林星蘭は、普段目にしないであろう人参のタネを当てるなど会場を沸かせた。

矢口真里、「切って焼くのは得意」

矢口真里は、同ミュージアムにてタキイ種苗の人気品種「こどもピーマン」や、来年発売予定の新品種カボチャ「ほっこりうらら」を使った限定メニューをプロデュース。

素材を活かしたメニューに小林星蘭は「おいしい!」と絶賛するが、矢口真里は「シェフのおかげです…」と控えめに話し、「料理の腕が全然上がらないんです。小倉優子ちゃんや小森純ちゃんとか本当に上手いので焦ってて…今、真剣に料理教室に通うことを検討してます」と明かした。

しかしその一方で、「私は、切って焼くのは得意なので、いい素材であればそれを活かした料理ができるんです」と開き直って笑顔でコメントしていた。

「タネとヤサイのミュージアム」は、15日、16日の二日間開催される。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 矢口真里、ハッピーオーラ全開で子作りに意欲 
今読んだ記事

矢口真里、ハッピーオーラ全開で子作りに意欲 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事