川崎希、激痛悪化を報告 箸持つのも難しく

川崎希、激痛悪化を報告 箸持つのも難しく

「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」と診断された事を明かしていた元AKB48メンバーで実業家の川崎希が14日、症状が悪化し箸を持つことも難しいほどの痛みがあることを訴えた。

関連記事