乃木坂46、日向坂46(C)モデルプレス

乃木坂46、2020年カラオケTOP10発表 “次世代エース”遠藤さくら・小坂菜緒で「シンクロニシティ」など日向坂46と胸アツコラボ<CDTVライブ!ライブ!クリスマススペシャル>

2020.12.21 22:33
0
14

乃木坂46が21日、TBS系「CDTVライブ!ライブ!クリスマススペシャル」(よる7:00~10:57)に生出演。乃木坂46の「2020年カラオケTOP10」(※JOYSOUND調べ)が発表され、メドレー形式で10曲披露。日向坂46ともコラボレーションした。

齋藤飛鳥&山下美月Wセンターで「インフルエンサー」

綺羅びやかなイルミネーションが輝くマザー牧場で、10位の「裸足でSummer」からスタート。

遠藤さくら、賀喜遥香(C)モデルプレス
遠藤さくら、賀喜遥香(C)モデルプレス
サウンドや曲構成がSMAPの「SHAKE」「ダイナマイト」「BANG!BANG!バカンス」などに似ていたことから、“SMAPを思い出す”と大きな話題を呼んでいる4期生楽曲の「I see…」は6位にランクイン。賀喜遥香をセンターにパフォーマンスした。

与田祐希(C)モデルプレス
与田祐希(C)モデルプレス
齋藤飛鳥(C)モデルプレス
齋藤飛鳥(C)モデルプレス
4位の西野七瀬(現在は卒業)のセンター曲「帰り道は遠回りしたくなる」では、西野を慕っていた与田祐希がしっかりセンターを継承。1位の「インフルエンサー」では、齋藤飛鳥と、白石麻衣が卒業してから初のシングル曲「僕は僕を好きになる」で初のセンターに抜擢された山下美月がセンターを務めた。

山下美月(C)モデルプレス
山下美月(C)モデルプレス

日向坂46とのコラボも話題に

加藤史帆(C)モデルプレス
加藤史帆(C)モデルプレス
金村美玖(C)モデルプレス
金村美玖(C)モデルプレス
また、乃木坂46の妹分グループである日向坂46ともコラボレーション。8位の白石が初めてセンターを務めた「ガールズルール」では、日向坂46のビジュアルクイーンである加藤史帆がセンター。橋本奈々未さん(現在は卒業)がセンターを務めていた「サヨナラの意味」では、金村美玖がセンターに抜擢された。

遠藤さくら(C)モデルプレス
遠藤さくら(C)モデルプレス
3位の「シンクロニシティ」では、乃木坂46は次世代のエース候補である遠藤さくらが、日向坂46はデビューから連続でシングル曲センターを務める小坂菜緒がそれぞれセンターに。坂道グループの基盤を作ったといっても過言ではない白石のセンター曲を、これからの坂道の未来を担うエースたちが堂々と披露した。(modelpress編集部)

小坂菜緒(C)モデルプレス
小坂菜緒(C)モデルプレス

乃木坂46・2020年カラオケTOP10

1位:インフルエンサー
2位:Route 246
3位:シンクロニシティ
4位:帰り道は遠回りしたくなる
5位:サヨナラの意味
6位:I see…
7位:夜明けまで強がらなくてもいい
8位:ガールズルール
9位:ジコチューで行こう!
10位:裸足でSummer

情報:TBS
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「音楽」カテゴリーの最新記事

  1. PONYCANYON NEWS
  2. PONYCANYON NEWS
  3. ザテレビジョン
  4. ザテレビジョン
  5. ザテレビジョン
  6. ザテレビジョン
  7. OKMusic
  8. OKMusic