IZ*ONE、韓国で6ヶ月ぶりカムバック 宮脇咲良は人生初金髪にコメント・本田仁美は作詞挑戦<全曲解説>

0
韓国Mnetの人気オーディション番組「PRODUCE48」から生まれた、12人組のグローバルガールズグループ・IZ*ONE(アイズワン)が1日、韓国2ndミニアルバム「HEART*IZ」をリリース。韓国のHANNAM-dong ブルースクエアーにてメディアショーケースを開催し、MVの公開、タイトル曲の「Violeta」、「UP」のパフォーマンスを披露した。
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD

IZ*ONE、2ndミニアルバム「HEART*lZ」でカムバック

昨年2018年に正式デビューと同時に、連日記録を更新し、国内外の音源やアルバムチャートを占め、音楽放送1位、新人賞5冠王などグローバルな人気を誇示しているIZ*ONEが韓国歌謡界へのカムバックを知らせた。

IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
昨年10月、韓国デビューアルバム「COLOR*IZ(カラーライズ)」の発売に続き、今年の2月には日本デビューシングル「好きと言わせたい」で初動22万枚を突破。日韓両国の歌謡界に成功的な⼀歩を踏み出し、約6ヶ月ぶりに韓国で電撃カムバックし、次世代グローバルグループとして確実な位置づけに乗り出す。

「HEART*lZ」メンバー作詞曲も

IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
多くのリスナーの熱い関心の中で、発売される今回のアルバムは、デビュー作を成功に導いたハン・ソンスプロデューサーと再びタッグ。愛と心を意味する英単語「Heart」と「IZ」ONE(アイズワン)の造語で、IZ*ONEが表現しようとする真心が込められたアルバムという意味を持っている。⼀部の収録曲には、メンバーたちが直接作詞に参加するなど、アーティストとしてより広く、深くなった音楽的感性まで込めた。

1stミニアルバムのタイトル曲「La Vie en Rose」を通して⾒せたIZ*ONEの熱い情熱に、愛と励ましを加え、これを伝えたいという気持ちで誕生。デビューアルバムではIZ*ONEが咲かせ出そうとする熱い情熱を「バラ」と表現したとすれば、今回のアルバムでは、ファンをはじめIZ*ONEの音楽を聴くすべての人に応援のメッセージを伝える。

特に、「La Vie en Rose」に続くフラワーソング第2弾となるタイトル曲「Violeta」は大衆とファンからいただいたエネルギーと多くの愛に報いるためのお礼歌またはIZ*ONEが聞かせてくれる応援歌に。「Violeta」は童話「幸せな王子」の物語に着目して誕生し、メンバーたちが愛して応援する対象をスミレのVioletaで幸せを象徴するサファイアをスミレに伝達するツバメをIZ*ONEとして再解釈し、すべての人々に存在存在だけでも輝いている人である情熱いっぱいの応援メッセージを伝えている。

IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
それだけでなく、今回のアルバムには、気持ちのよいエネルギーでいっぱいの曲「ひまわり」と、タイトル曲「Violeta」の延長線である、アイズワンの堂々とした魅力を感じれる「Highlight」、相互への格別な思いを表現した友情ソング「Really Like You」、IZ*ONEの未来と舞台を空と広い空間で表現した「Airplane」、ファンに向けた⼼を表したファンソング「空の上」が収録。

このように「花」で始まり、「空」につながる今作は、トラックごとに有機的な関係を持っているため、順次トラックリストを聞いてみるとアイズワンがウィズワンから感じた愛の感情と伝えようとするメッセージ、そして、今後IZ*ONEが続いていく活動の方向性まで感じることができる。

IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
続いて、今年2月に発売された日本デビューシングル「好きと言わせたい」に収録されたユニット曲「猫になりたい」と「ご機嫌さよなら」は、メンバーのキム・ミンジュイ・チェヨンの翻訳で韓国語になり、12人の団体バージョンで収録。IZ*ONEメンバーのボイスと、格別な感性を込めた曲として、アルバムの最後のトラックを飾った。

IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD

宮脇咲良、人生初金髪にコメント

IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
メンバーたちの新たなビジュアルも話題を呼んでおり、人生で初めて金髪にした宮脇咲良は、「今まで挑戦する機会がなかったので、新しい私の魅力をみせれたらいいなと思います」とコメント。

矢吹奈子は「韓国語は少し出来るようになりましたが、まだ発音が難しかったので、もっと練習したいなと思いました」と意気込み。

IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
本田仁美は「Really Like You」でキム・ミンジュと初めて作詞に挑戦。「難しかったですが、ミンジュが助けてくれたので、素敵なものが出来たと思います」と胸を張っている。

IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD

IZ*ONE、2月に日本デビュー

IZ*ONE(C)OFF THE RECORD<br>
IZ*ONE(C)OFF THE RECORD
IZ*ONEは韓国の音楽専門チャンネルMnetのオーディション番組「PRODUCE101」とAKB48グループがコラボレートしたオーディション番組「PRODUCE48」から選ばれたウォニョン、咲良、チョ・ユリチェ・イェナアン・ユジン矢吹奈子、ウンビ、カン・ヘウォン本田仁美キム・チェウォン、ミンジュ、イ・チェヨンの12人で構成されたグローバルガールズグループ。

HKT48出身の咲良と奈子、AKB48出身の仁美は約2年6ヶ月間、AKB48グループの活動を休止しIZ*ONEに専念している。(modelpress編集部)

IZ*ONE12人が美しすぎる…/日本デビューショーケースのライブ写真を振り返る



IZ*ONEメンバー:チャン・ウォニョン宮脇咲良チョ・ユリチェ・イェナアン・ユジン矢吹奈子クォン・ウンビ、カン・へウォン、本田仁美キム・チェウォンキム・ミンジュイ・チェヨン

日本人メンバーコメント

<宮脇咲良>

今回のタイトル曲「Violeta」は童話『幸せな王子』のストーリーが元になっているので、ダンスにもそのストーリーが取り入れられています。つばめをイメージをした振付や、花のような優雅な動きもあるので注目して欲しいです。私たちがファンの方を応援するという意味が込められた曲になっています。また、私は人生で初めて⾦髪にしました。今まで挑戦する機会がなかったので、新しい私の魅力をみせれたらいいなと思います。

<矢吹奈子>

「Violeta」のMVは見れば見るほど新たな発見があるので、IZ*ONEの世界観を楽しんでいただきたいです。私たちも撮影の時から不思議な気持ちになりました。可愛い曲、カッコいい曲、しっとりとした曲と「HEART*IZ」は IZ*ONE のいろいろな一面を魅せれると思います。衣裳は可愛いパステルカラーになっていることもポイントです。韓国語は少し出来るようになりましたが、まだ発音が難しかったので、もっと練習したいなと思いました。

<本田仁美>

今回のアルバムは私にとって特別な作品になりました。収録曲の「Really Like You」はミンジュと⼀緒に初めて作詞に挑戦しました。難しかったですが、ミンジュが助けてくれたので、素敵なものが出来たと思います。たくさん聴いていただけたら嬉しいです。タイトル曲「Violeta」はつばめダンスに注目して欲しいです。こうして韓国で2枚⽬のアルバムを発売できたのも、応援してくださった皆さんのおかげです。これからも期待に応えていけるように努力します。

トラックリスト解説

1「해바라기(Hey. Bae. Like it)」

ひまわりは、世界的に注⽬されているAfro Houseジャンルの曲で緊張感のあるアナログ・シンセサイザーとアフリカパーカッションのリズムとブラスが強いアレンジが加わって洗練された雰囲気を示す。また、IZ*ONEの愛らしい心を感じることができる暖かい感じにかわいいボーカルの組み合わせが心地よいエネルギーを渡すだけでなく、導入部から流れてくるメンバーたちのヒルリングボイスと宮脇咲良のかわいいボーカルはこの曲のさわやかな魅力をさらに引き出している。

2「Violeta(비올레타)」

タイトル曲「Violeta」は童話「幸せな王子」の物語の⼀部を着目して誕生した曲だ。イントロ部分のFuture bassをはじめと POP Tropica! Houseジャンルが調和し、IZ*ONEが持っている多様な魅力を表現しており、サビの部分では、IZ*ONEの神秘的なエネルギーを感じることができる。特にスミレを⽰す「Violeta」は、本人の魅力と幸福を⾒つけられなかった人であると同時にIZ*ONE が愛して応援する対象を表し、これらのスミレの幸せを象徴する「サファイア」を伝達する「つばめ」を IZ*ONEに再解釈した。ついにIZ*ONEが伝える応援により、誰もが大切な本人の存在を実現したらいいというメッセージは、タイトル曲「Violeta」が伝えるしっかりとした壮⼤な結論を伝えている。

3 「Highlight」

「Highlight」は、IZ*ONEの自信と凛とした姿をそのまま垣間見ることができるトレンディなディープハウスジャンルのダンス曲で”あなたと私たちのすべては今の姿そのままに、飾らないままの姿が素敵であり価値がある”というメッセージを魅力的に解いた曲。特には中毒的なコーラスとフックの上にリズミカルなIZ*ONEのボーカルラインが目立つ。

4「Really Like You」

「Really Like You」は、アコースティックなギターの旋律と文字列が調和したポップバラード曲でデビューを夢見てきた瞬間からの努力で行ってきた今に続いて、今後繰り広げられる未来までのすべての時間を⼀緒にしたIZ*ONEメンバーに向けた切ない心を描いた友情ソングある。お互いに対する格別な思いを穏やかに表現したこの曲は、メンバーの本田仁美キム・ミンジュが⼀緒に作詞に参加し、完成されて真正性を加えた。

5「Airplane」

IZ*ONEのメンバーの明るく陽気なエネルギーを感じることができる曲で目の前に繰り広げられるIZ*ONEの未来と舞台を空と広い空間に⾒立てをしたウィットがあふれる歌詞が特徴である。これに翼を広げて、その場所を自由に飛ぶ飛行機の姿をアイズワンとして表現し、夢と⼀緒に空を⾼く飛んで上がるアイズウォンをより⼀層期待させる。特に、この曲はMnetのサバイバル番組「PRODUCE101 シーズン2」に出演したイ・デフィが同じオーディション番組のシーズン3に出演した後輩IZ*ONEに、より高く飛翔することを応援してプレゼントした曲という点がポイント。

6「하늘 위로(UP)」

ファンに向けた特別で大切な心を表したIZ*ONEファンへの歌で、明るく陽気な告白をチョンリャンハムが充満する曲で新鮮に表現したファンと⼀緒に過ぎ忘れられない時間を思い出してありがたい時間を作ってくれたWIZ*ONEの手を握って、より⾼いところに上がって⾏くにIZ*ONEの素直な気持ちを表している。

7 「고양이가 되고 싶어(猫になりたい)」

今年2月に発売された日本デビューシングル「好きと⾔わせたい」に収録されているユニット曲「猫になりたい」は韓国のファンたちから高い人気があり、その曲を今回は12人の声で新たに思いが込められ、メンバーのキム・ミンジュが翻訳して団体曲が新たに誕生した。IZ*ONEの明るく可愛らしいグループのイメージを表現することができる曲であり、ゆったりして温かさのある曲で話題になった振り付けの猫ダンスを12人のバージョンで披露することができるため、期待を高めている。

8 「기분 좋은 안녕(ご機嫌さよなら)」

サビの何度も繰り返す語尾により明るいエネルギーが無限に感じられる曲で「猫になりたい」とはまた違った魅力を持っている曲だ。「ご機嫌さよなら」は⽇本デビューシングル「好きと言わせたい」に収録された曲の中で、韓国で多くの愛を受けた曲だったので、アルバムのラストを飾るに値する曲だとすることができる。すべての声で心を伝えようという意見が集まってメンバーのイ・チェヨンが翻訳し、団体曲として新たに誕生。IZ*ONEメンバーたちの明るく清涼なボイスカラーとよく似合う「ご機嫌さよなら」は、別れと状況の前でメンバーたちの姿をあらかじめ描いて見ることができる曲だ。
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - IZ*ONE、韓国で6ヶ月ぶりカムバック 宮脇咲良は人生初金髪にコメント・本田仁美は作詞挑戦<全曲解説>
今読んだ記事

IZ*ONE、韓国で6ヶ月ぶりカムバック 宮脇咲良は人生初金髪にコ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事