超特急、ライブ中に“禁止事項”を破ってしまう らしさ炸裂のパフォーマンス<TGC富山2018>

メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急が21日、富山市総合体育館にて開催された「TGC TOYAMA 2018 by TOKYO GIRLS COLLECTION」(以下、TGC富山2018)に出演。ライブを披露した。
超特急 (C)モデルプレス
超特急 (C)モデルプレス

超特急、ライブ中に富山ラーメンを本気食い

超特急 (C)モデルプレス
超特急 (C)モデルプレス
ユースケの「8号車のみんなと富山を盛り上げます!」の掛け声とともに全力パフォーマンスのライブが開幕。迫力ステージに会場は大いに盛り上がり、超特急カラーのペンライトで埋め尽くされた。

また、ライブ中にはメンバーによる“かけっこ対決”が突如スタート。ランウェイ先端に置かれた賞品・富山のご当地ラーメン「富山ブラック」をめがけ、実況のリョウガをのぞくメンバー5人が一斉に走り出した。

超特急、かけっこ対決が突如スタート (C)モデルプレス
超特急、かけっこ対決が突如スタート (C)モデルプレス
トップのタクヤが転んでしまい…/超特急 (C)モデルプレス
トップのタクヤが転んでしまい…/超特急 (C)モデルプレス
転んだタクヤを放っておけないタカシも出遅れる/超特急 (C)モデルプレス
転んだタクヤを放っておけないタカシも出遅れる/超特急 (C)モデルプレス
本気の勝負かと思いきや、突然動きがスローモーションになったり、ユーキがユースケに賄賂を渡したりと寸劇が始まる超特急らしい対決に。

ユーキ(中央)から賄賂を受け取りレースを放棄したユースケ(右)/超特急 (C)モデルプレス
ユーキ(中央)から賄賂を受け取りレースを放棄したユースケ(右)/超特急 (C)モデルプレス
富山ラーメンを食すユーキ/超特急 (C)モデルプレス
富山ラーメンを食すユーキ/超特急 (C)モデルプレス
トップで富山ラーメンに辿り着いたユーキは、熱く盛り上がった会場で熱いラーメンを実食。モニターに「場内は飲食禁止です」とシュールに表示されるなか、ユーキは「すっごくおいしい!」「富山のブラックラーメンは最高です」「マジ美味!」を連発しながら本気食いで笑いを起こす。最後は礼儀正しく口を拭き、満面の笑みを浮かべながらパフォーマンスへ戻っていった。

超特急 (C)モデルプレス
超特急 (C)モデルプレス
最後までクールなパフォーマンスと笑いとのギャップで会場を大いに沸かせた6人。富山でも強烈な存在感を放っていた。

「TGC富山」出演者の写真をイッキ見


北陸初開催 テーマは“NEW OMATSURI FEVER(ニューお祭りフィーバー)”

今年が初開催となる「TGC富山」は、TGCのプラットフォームを活用し、地域の魅力や産業をコンテンツ化し全国へ向けて発信する「TGC地方創生プロジェクト」によるもので、これまでに3年連続で福岡県北九州市にて、昨年12月には中四国地方初となる広島で開催。そして今回が北陸地方初となる。

「TGC富山」内観(C)モデルプレス
「TGC富山」内観(C)モデルプレス
テーマは“NEW OMATSURI FEVER(ニューお祭りフィーバー)”。ファッションショーやアーティストライブはもちろん、夏の風物詩の花火大会やお祭りには欠かせないグルメなどをTGCが完全プロデュース。魅力満載の富山とTGCがコラボレーションすることで生まれる新たな夏の祭典とそこに集う人たちから生まれる熱狂を「NEW OMATSURI FEVER」というテーマに込めて、富山から世界に向けて発信していく。

「TGC富山」外観(C)モデルプレス
「TGC富山」外観(C)モデルプレス
新川優愛、中条あやみ、新木優子、藤田ニコルら豪華モデルがステージを飾り、SKY-HIら注目のアーティストがライブで盛り上げる。(modelpress編集部)

超特急セットリスト

M-1:SAY NO
M-2:浮つきWAVES (TGC TOYAMA2018 ver.)
M-3:Believe×Believe
M-4:fanfare


【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 超特急、ライブ中に“禁止事項”を破ってしまう らしさ炸裂のパフォーマンス<TGC富山2018>
今読んだ記事

超特急、ライブ中に“禁止事項”を破ってしまう らしさ炸裂のパ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事