解散発表のAqua Timez、チケット転売に注意喚起

参照回数:148,508

【Aqua Timez/モデルプレス=5月11日】2018年の活動をもって解散することを発表した5人組ロックバンド・Aqua Timezが11日、公式サイトにて公演チケットに関する注意を呼びかけた。
Aqua Timez(提供写真)
Aqua Timez(提供写真)
あす5月12日から9月まで、全国ツアー「Present is a Present tour 2018」を開催するAqua Timez。公式サイトでは「チケットの高額転売や、オークションサイト等への出品が多数発覚しております。営利を目的として、チケット取り扱い業者から購入されたチケットまたはチケット引換え時に必要な番号を、第三者に転売することは禁止いたします」と注意を呼びかけた。

続けて「営利の目的でチケットまたは引換え番号転売を行ったこと、または転売を試みたことが判明した場合、スタッフの判断で購入済みのチケットを無効といたします。この場合、チケット代金の返金、及び入場は認めません。また既に入場している場合には退場いただきます。また、転売行為(転売されたチケットを購入した場合も含む)が発覚した場合、teamAQUAの会員資格を失効とさせていただく場合もございます」としている。

Aqua Timez、解散へ

8日、公式サイトにて「Aqua Timezより皆様へ」のタイトルでメンバーのコメントを掲載。ボーカルの太志は、「僕たちAqua Timezは2018年の活動をもって解散する道を選びました。メンバー全員で話しあった結論です」と発表し、「いつか歳を重ねてもみんなの口ずさむ曲がAqua Timezの曲だったらいいなぁってワガママを最後に残して、ほんとにありがとう」とファンへの思いをつづった。

Aqua Timez、年内解散を発表


Aqua Timezは、太志、大介、OKP-STAR、mayuko、TASSHIからなる5人組バンドで2003年に結成。2005年にミニアルバム「空いっぱいに奏でる祈り」でインディーズデビューし、収録曲「等身大のラブソング」が話題を呼び、インディーズながらヒットを記録。2006年4月、ミニアルバム『「七色の落書き」』でメジャーデビュー。「決意の朝に」「千の夜をこえて」「虹」など多数のヒット曲をもつ。NHK紅白歌合戦にも2度出演した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 解散発表のAqua Timez、チケット転売に注意喚起
今読んだ記事

解散発表のAqua Timez、チケット転売に注意喚起

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事