欅坂46菅井友香の4分半“神スピーチ”、米谷奈々未「てちはこんなに頑張ってたのか」石森虹花の涙も…<全文/デビュー2周年記念ライブ>

【欅坂46/モデルプレス=4月8日】欅坂46がデビュー2周年記念ワンマン公演「2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE(セカンドイヤー アニバーサリーライブ)」を4月6日から8日の3日間にかけて、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで開催され、各公演8000人、計2万4000人を動員した。モデルプレスは千秋楽となる8日に取材を実施。ここでは、アンコールでメンバーが紡いだ胸熱スピーチを届ける。
欅坂46「2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」(提供写真)
欅坂46「2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」(提供写真)

菅井友香、4分半の神スピーチ…石森虹花も涙

欅坂46、デビュー2周年記念ライブの様子をチェック


菅井友香:本当に本編が終わってからすぐにアンコールの声をいただいて、本当に嬉しかったです!ありがとうございます!

全員:ありがとうございます!

菅井:千秋楽を迎えたことで、3日間の思い出をメンバーに聞いてみたいと思います。

鈴本美愉:3日間こうしてライブをしてきたんですけど、始まる前とかリハーサルとかは不安がすごく多くて、みんなで成功するかすごく不安で…でも成功させなきゃいけないから皆でこうして準備してきて、こうして千秋楽を迎えられて本当に良かったです。

菅井:皆さんの最高の声のおかげで。ゆいぽん(小林由依)はどうだった?

小林:本当に楽しくて、何も考えられないくらい曲ごとにその時の自分に任せて踊ってたんだけど、もう本当に楽しくて!これを超える楽しさはあまり知らないくらい今日がすごく楽しかったです。

菅井:メンバーとひとつになれた感じがしたけど、この会場全体が本当に1つになれた感じがしましたね。(石森)虹花とかもすごくいろいろ考えてくれてね。

石森:あの…(涙で言葉を詰まらせる)

菅井:ゆっくりで大丈夫だよ。

石森:いつも本当に毎日のように皆と一緒にいて、この3日間のために本当に試行錯誤して毎日毎日頑張ってきて、後ろから皆の背中を見てたりとか、すれ違いざまに皆の表情とか動きとかを見てたときに、本当に全員で頑張ってこれたなって思って。今日は残念ながら2人は参加出来なかったけど、19人でこの3日間をもうちょっとで終えることが出来るんだなって思って、すごくジーンとくるものもありながら、すごく皆さんのおかげで達成感の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

米谷奈々未:いつもてちがセンターを担ってくれていたから、その分をいま皆、今回のライブはいろんな子が(センターを)やってみたんだけど、そうやっていろいろてちはこんなに頑張ってたのかなって思ったこともあったし、皆それぞれセンターをやった子たちがやっぱりすごく大変そうなのも見てるし。でもそうやって皆で頑張ってこういうライブを作れたことは本当に良かったなって思っています。

<菅井友香 4分半のスピーチ>

菅井:今日改めて2周年ライブを迎えて、このメンバーでみなさんと一緒に2年間やってこれて本当に良かったなって実感しています。この2年間で楽しいこともたくさんあったし、悔しいことも時にはありました。でも、そんなときに私たちに勇気や自信をくださるのはいつも皆さんです。改めていつも応援本当にありがとうございます。

全員:ありがとうございます。

菅井:改めて欅坂46って本当に幸せなグループだなって感じています。私たち自身も楽曲に勇気やパワーをいただいていますし、ライブをするってなったら本当にいろいろこだわって演出してくださる舞台監督さんや、制作の皆さん、そして楽曲にはいつも素敵な振り付けやダンス以外のこともたくさん教えてくださるTAKAHIRO先生や、優しいメイクさんや衣装さんや、側で支えてくださるマネージャーさんやスタッフさん、本当にたくさんの方々に私たちは力をいただいています。そしてなにより、こんなにたくさん応援してくださる皆さんがいらっしゃること、私たちは本当に幸せです。関わってくださった皆さんに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。私たちにこれから何が出来るんだろうって考えたんですけど、やっぱり私たちに出来ることは素敵なライブをすることで、気持ちを込めて本当に楽しいライブをたくさん作って恩返しをしたいです。この3日間で、本当にメンバー1人1人の力の大きさや、大切さも実感しました。この1年で言えば、ずみこ(今泉佑唯)がこうして帰ってきてくれてまた一緒にステージに立てていることも本当に嬉しいし、今はてち(平手友梨奈)や(志田)愛佳が欠席しちゃったけど、私たちが成長することで安心して戻ってこれる居場所を今は作りたいです。そのために私たちはいまもっと初心に戻って成長したいと思います。もう3年目を迎えたわけですけど、今までの私たちとは違います。私たちを信じてください!これからも応援よろしくお願いします!

欅坂46、デビュー2周年記念ライブの様子をチェック


欅坂46、デビューから2周年を迎える

欅坂46は、2016年4月6日にシングル『サイレントマジョリティー』でメジャー・デビューし、昨年は初のアルバム『真っ白なものは汚したくなる』をリリース。さらにグループとして初めての野外ワンマンライブ、全国ツアーを成功させ、デビュー日の4月6日を含めた7日、8日の3日間に約7ヶ月ぶりとなるワンマンライブを開催した。(modelpress編集部)

欅坂46、デビュー2周年記念ライブの様子をチェック


欅坂46 2周年記念ライブ「2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」<4月8日セットリスト/各曲センター>

記載なしは欅坂46ALL

影ナレ:長沢菜々香、原田葵

<セットリスト>

OVERTURE
M1 ガラスを割れ!(センター:今泉佑唯、小林由依
M2 避雷針(センター:渡邉理佐)
M3 君をもう探さない(センター:菅井友香
M4 もう森へ帰ろうか
MC
M5 バレエと少年(156/上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵、米谷奈々未
M6 波打ち際を走らないか?(青空とMARRY/菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐)
M7 AM1:27(小池美波、小林由依鈴本美愉、原田葵)
M8 再生する細胞(今泉佑唯)
M9 結局、じゃあねしか言えない(五人囃子/石森虹花、織田奈那、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂)
M10 100年待てば(長濱ねる)
M11 バスルームトラベル(尾関梨香、小池美波、長濱ねる)
MC
M12 1行だけのエアメール(ゆいちゃんず/今泉佑唯、小林由依
M13 ゼンマイ仕掛けの夢(ゆいちゃんず/今泉佑唯、小林由依
M14 月曜日の朝、スカートを切られた(センター:渡邉理佐)
M15 エキセントリック(センター:土生瑞穂)
VTR
M16 国境のない時代(坂道AKB楽曲/センター:長濱ねる)
M17 東京タワーはどこから見える?
M18 危なっかしい計画(センター:菅井友香
M19 風に吹かれても(センター:小林由依
M20 不協和音(センター:菅井友香
EN
EN1 二人セゾン(センター:小池美波、ソロダンス:原田葵)
EN2 サイレントマジョリティー(センター:鈴本美愉
MC
EN3 太陽は見上げる人を選ばない
WEN
WEN1 ガラスを割れ!(センター:今泉佑唯、小林由依

欅坂46、デビュー2周年記念ライブの様子をチェック


欅坂46・出演メンバー:名前一覧(50音順)

石森虹花(いしもり・にじか)、今泉佑唯(いまいずみ・ゆい)、上村莉菜(うえむら・りな)、尾関梨香(おぜき・りか)、織田奈那(おだ・なな)、小池美波(こいけ・みなみ)、小林由依(こばやし・ゆい)、齋藤冬優花(さいとう・ふゆか)、佐藤詩織(さとう・しおり)、菅井友香(すがい・ゆうか)、鈴本美愉(すずもと・みゆ)、長沢菜々香(ながさわ・ななこ)、長濱ねる(ながはま・ねる)、土生瑞穂(はぶ・みづほ)、原田葵(はらだ・あおい)、守屋茜(もりや・あかね)、米谷奈々未(よねたに・ななみ)、渡辺梨加(わたなべ・りか)、渡邉理佐(わたなべ・りさ)

※平手友梨奈、志田愛佳は欠席



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 欅坂46菅井友香の4分半“神スピーチ”、米谷奈々未「てちはこんなに頑張ってたのか」石森虹花の涙も…<全文/デビュー2周年記念ライブ>
今読んだ記事

欅坂46菅井友香の4分半“神スピーチ”、米谷奈々未「てちはこんな…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事