E-girls11人体制で初ライブ Dream Ayaは涙のラストステージ<「E.G.family」メモリアルライブセットリスト>

参照回数:1,155,635

【E.G.family/モデルプレス=7月17日】E-girlsらE.G.familyが16日、さいたまスーパーアリーナでメモリアルライブ「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」を開催した。
「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)
「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)

目次

  1. 「Follow Me」披露で盛り上がる
  2. 各グループがパフォーマンス
  3. 19人ラスト曲は「Love, Dream&Happiness」
  4. 16日セットリスト
  5. Dream Aya MCコメント
  6. Dream Ami MCコメント
  7. Dream Shizuka MCコメント
  8. MIYUU MCコメント
  9. 藤井夏恋 MCコメント
  10. YURINO MCコメント
  11. SAYAKA MCコメント
  12. 石井杏奈 MCコメント
  13. 山口乃々華 MCコメント
  14. 武部柚那 MCコメント
  15. 楓 MCコメント
  16. 坂東希 MCコメント
  17. 須田アンナ MCコメント
  18. 佐藤晴美 MCコメント
  19. 鷲尾伶菜 MCコメント
  20. 重留真波 MCコメント
  21. 川本璃 MCコメント
  22. 中島美央 MCコメント
  23. 藤井萩花 MCコメント

同ライブは、6月5日に11人体制となることを発表した19人のE-girlsの集大成であり、新たに誕生したE.G.familyのスタートとなるメモリアルライブで、それぞれの活動に専念するDream AyaDream AmiDream Shizuka藤井萩花重留真波中島美央MIYUU川本璃にとっては、E-girlsとしてラストステージとなった。

「E.G.family」について詳しく


「Follow Me」披露で盛り上がる

出演は、19人体制のE-girls、11人体制の新生E-girlsDream AmiDANCE EARTH PARTYHappinessFlowerShuuKaRenスダンナユズユリー

ステージは、19人体制のE-girls「Go!Go!Let's Go!」からスタート。ダンスパフォーマンスやMCをはさみながら、10曲目にはDreamの楽曲「ヒマワリ」をE-girlsバージョンで披露、続けてE-girlsの代表曲「Follow Me」で大いに盛り上げた。

各グループがパフォーマンス

その後は、ShuuKaRenFlowerHappinessスダンナユズユリーDream AmiDANCE EARTH PARTYが順にステージを展開。

ShuuKaRenのステージにはPKCZ(R)が出演し、VTRでFlowerの前にはEXILE SHOKICHI、Happinessの前にはHONEST BOYZ(R)、スダンナユズユリーの前にはCRAZYBOY(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー・ELLY)が登場するなど、思わぬサプライズに会場のボルテージはさらに上がった。

「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)
「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)
続いて登場した新生E-girlsは、11人での第1弾シングル「Love ☆ Queen」(7月26日発売)、カップリング曲「Smile For Me」の2曲を披露。華やかで力強く、決意のこもったパフォーマンスで、ファンの心を掴んでいた。

19人ラスト曲は「Love, Dream&Happiness」

「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)
「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)
そして、再び19人が再び揃い、「ボン・ボヤージュ」を歌唱。

チーフ・クリエイティブ・マネージャーとして裏側からメンバーを支えていくことを決意したAyaにとっては、ヴォーカル・パフォーマー引退の舞台ということもあり、最後のMCでは涙ながらに「皆と出会えたことは自分にとっても大きいですし、どんな過去を振り返っても『ありがとう』っていう感謝の気持ちで溢れています。形は変わってしまうけれど、私もE.G.familyの一員として引き続き頑張っていきたいと思います」と想いを明かした。

ラスト曲は、「皆で歌える楽曲を」(Aya)という気持ちをこめ、選んだという「Love, DreamHappiness」。涙で歌えなくなるAmiの肩をAyaが抱いたり、ほかのメンバーも涙したり、ひとつの節目を感じさせるステージに。新たなスタートを切る彼女たちを、ファンも温かい拍手と声援で見送った。

「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)
「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)
なお、今回のライブは15・16日の2日間で計約6万人を動員した。(modelpress編集部)

「E.G.family」ファンを会場で直撃!スナップ&インタビュー


16日セットリスト

「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)
「E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~」より(提供画像)
1.Go! Go! Let's Go!
2.E.G. Anthem -WE ARE VENUS-
3.DANCE WITH ME NOW!
4.Highschool◆love (◆はハートマーク)
5.All Day Long Lady
~Dance Track~
6.Pink Champagne
~Dance Track~
7.E.G. summer RIDER
8.Anniversary!!
9.Celebretion!
10.One Two Three
11.Diamond Only
12.CANDY SMILE
13.Mr.Snowman
14.ごめんなさいのKissing You
15.うれしい!たのしい!大好き!
16.ヒマワリ
17.Follow Me
18.UNIVERSE
19.Take-A-Shot!feat.PKCZ(C)
20.モノクロ
21.たいようの哀悼歌
22.Ordinary Girls
23.Sexy Young Beautiful
24.こんにちWhat's UP!
25.OH BOY
26.CALL ME NOW
27.トライ・エヴリシング
28.はやく逢いたい
29.君のとなり
30.NEO ZIPANG~UTAGE~
31.WAVE
32.POPCORN
33.Love ☆ Queen
34.Smile For Me
35.ボン・ボヤージュ
36.Love,Dream&Happiness

※以下、最後のMCでのコメント。

Dream Aya MCコメント

今日こうしてさいたまスーパーアリーナだけでなく、47都道府県のライブビューイングを通して、オープニングからずっと観てくださってる皆さんがいます。47都道府県という数を聞いて改めて自分たちは日本中に応援してくださっている人がいるんだなということを実感しました。

応援といえば今回E.G. EVOLUTIONに多くの先輩方が応援に駆けつけてくれました。今日ステージに立って盛り上げてくれたPKCZ(R)の皆さん、USAさんTETSUYAさん、そしてHONEST BOYZ(R)、SHOKICHIさんやELLYが映像で参加していただき、E.G. EVOLUTIONを私達と一緒に盛り上げてくださいました。こうして先輩方から愛をもらってるだけではなくて、自分たちも愛をもって皆さんにお返ししていかなければいけないなと先輩方の背中を見て強く感じました。いつも応援してくださっているファンの皆さん先輩方がいてくださっていることは心強いです。

今日のステージをもって、私Ayaはパフォーマーを引退し裏方に専念していくことを決意しました。ラストのステージを迎えるにあたり、自分の15年というアーティスト人生の始まりは15年前にあったDreamのオーディションで、avexの松浦さん(代表取締役社長)に私とAmiちゃんとShizukaちゃん、そして卒業したErie、SayakaをDreamに選んでいただき、松浦さんがDreamに選んでくださらなかったら今自分はここに立っていないですし、全く違う人生を歩んでいたのではないかなと思います。

そこからアーティスト人生がスタートしてDreamのみんなと頑張ってきたんですけど、なかなか上手くいかなくてデビュー当時はがむしゃらに頑張っていたんですけど、力不足で活動ができなくなりそうな時期もありました。そんなときに、HIROさんがDreamを救ってくださりここまで導いてくださいました。そんな中、E-girlsに出会って今まで見たことのない景色を見させていただき、E-girlsのメンバー皆とたくさんの夢を叶えてきました。(涙ぐむ)皆と出会えたことは自分にとっても大きいですし、どんな過去を振り返っても「ありがとう」っていう感謝の気持ちで溢れています。形は変わってしまうけれど、私もE.G.familyの一員として引き続き頑張っていきたいと思います。

E-girlsのリーダーとして活動していく中で、もっともっとE-girlsを盛り上げたい、もっとみんなを輝かせたいと思うことで、自然と表舞台だけでない可能性を信じて挑戦したいと思い始めました。こうして自分が新たな目標を見つけて歩いていける環境があるということもありがたいなと思っています。自分の今の気持ちを形に変えていけるように、前を向いて19人で頑張っていきますので、皆さん今後共応援よろしくお願いします。

Dream Ami MCコメント

(涙を流す)今日は会場にお越しいただいた皆さんと、そしてライブビューイングで全国からご覧頂いてる皆さんとE.G.familyにとって節目となる日を過ごすことができて、本当に幸せでした。ありがとうございました。そして私は今日をもってE-girlsを卒業し、ソロ活動に専念させていただきます。先程Shizukaちゃんが言っていたようにDreamとして3人でステージに上がって歌うのは今日で最後になってしまうと思います。このライブが始まるまでは本当に忙しくて毎日毎日リハーサルをしていたり、昨日今日と寝る時間もないくらいバタバタしてたので、なかなか実感が湧いてなかったんですけど、ここにきてすごく実感が湧いてきてしまいました。

先日Dream3人が加入して15年を迎えたんですけど、当日はほかのDreamのメンバーも集まって昔の映像を観ながらデビューから振り返ったりしていました。当時のDreamは今のE-girlsとは全く違う環境で、思うような活動がなかなかできなかったですし、CD1枚出すのもすごく難しくて、解散宣告を受けたりして、それでも夢が諦めきれずに皆でお金を出し合って、機材を買ってストリートライブをしてたりもしました。そのときのライブはお客さんはごくわずかで、その後LDHに移籍させていただいてから行った武者修行でもお客さん0人ライブというのもありました。そんな私たちでしたが、Dream皆が集まって何かひとつのことに向かう過程は、どんなに辛い状況でも常に笑顔がたえなくて、すごく楽しみながらその壁に向かって、その頃から“ピンチはチャンス”って言葉が自分たちの合言葉のようなものになっていました。Dreamの思い出を話したらキリがないんですけど、私の人生はDream色に染まっていると思います。Dreamに出会ってなかったら多分ここにも立っていないと思いますし、夢を叶えることなく途中で挫折してたと思います。

そんな中、約6年前にE-girlsと出会って、プロジェクトが始まった当初はマイクすら持たせてもらえなかった自分が気付いたらセンターで歌わせてもらうことがあったり、E-girls代表として色んなお仕事をさせていただいたり、E-girlsと出会って私の人生は180度変わったと思っています。昔から夢だった歌番組だったり、紅白歌合戦にも出させていただき、またDreamとしてもCDを出させてもらったり、何よりこんな大きな会場でこんなにたくさんのファンの皆さんと一緒にライブができたり、たくさんありえないくらいの夢を叶えさせてもらえたのも、皆さんがいつも変わらず熱い応援を送り続けてくださったからだと思います。本当にありがとうございます。

不安だらけの中始まったソロ活動も、皆さんの支えあって少しずつ自分のやりたいことだったり目標が見えてきて、E-girlsで得た経験や知識を今度はDream Amiとしての活動の糧にしていきたいと思います。こんなにたくさんの夢を叶えさせていただいたE-girlsという場所を離れるのは怖いですし、不安もあるんですけど、そんなときこと“ピンチはチャンス”をいう言葉を胸にE-girlsから離れることが自分自身のさらなるステップアップになると信じて、今回はこのような決断をさせていただきました。E-girlsとしてステージに立つこともDream3人でステージで歌うこともなくなってしまいますが、引き続きDreamという名前を輝かせられるようにDream Amiとして頑張っていきたいと思います。

今回、新体制の発表で皆さんには不安を与えてしまったと思うんですが、その不安をワクワクやドキドキに変えられるように自分にできる精一杯のエンターテイメントを届けていきたいと思います。そしてこれからはメンバーそれぞれ環境や向かう場所が少し変わってきてしまうと思うのですが、E.G.familyとしては変わらずチーム一丸となって皆さんに楽しんでいただけるエンターテイメントを追求しながら、これからも皆さんとたくさんの夢を叶えていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。今日は本当にどうもありがとうございました。

Dream Shizuka MCコメント

今日と昨日と本当にたくさんの方に集まっていただきありがとうございました。E.G. EVOLUTIONという19人がそれぞれの進むべき道っていうのを表現したんですけど、実際このライブが始まるまでどんな反応が返ってくるんだろうとドキドキしていたんですが、皆さん一曲一曲全力で楽しんでいただいてる姿を見て私もすごく幸せでしたし、改めてE-girlsとしてこんなにもたくさんの人と出会っていっぱい笑顔を共有して、そしてまた新たな夢を描いてと本当に幸せな環境に居させていただいてるなと今回のライブですごく感じました。

そして、夢を叶える先に私はDANCE EARTH PARTYという存在と出会って、今回決断させていただいたE-girlsを卒業し、DANCE EARTH PARTY Dream Shizukaとしての人生を歩みたいという新たな夢を掲げることができました。それもE-girlsという存在があったからこそ、自分自身が新たな挑戦をしたいと思える気持ちになれたんだなと思いますし、今この状況でこうして一歩外に出て新たなチャレンジをさせていただけることって本当に当たり前のことではなくありがたいことだと思います。きっと今回の決断でたくさんの人が不安になったりこれからどうなっていくんだろうという思いを与えてしまったかもしれないんですけど、自分たち自身、それぞれ選んだ道はここにくるまで何度も何度も考えて、何度も何度も相談して「皆さんに伝えるときはどうしたらいいのかな」「皆さんに安心させられる存在になるのかな」という風にメンバーがすごく考えて出した決断ということは皆さんに分かってほしいことだと思います。その不安を自分自身はDANCE EARTH PARTY Dream Shizukaとしての活動を皆さんにお届けすることで少しずつですがその気持ちを安心に変えていけるように頑張っていきたいと思います。DANCE EARTH PARTYはE.G.familyとEXILE TRIBEを結ぶ架け橋となるグループとして存在させていただいています。素敵な先輩方と共に、私自身も1人のヴォーカルとして挑戦させていただけるこの機会を大切に、過去に甘えることなく、0からのスタートだと思って皆さんに自分だからこそ届けられる歌だったり、エンターテイメントだったり、色んな笑顔を届けていきたいと思います。

そして、Dreamとして先日15周年を迎えたんですけど、その15周年を迎えるにあたってこれからグループとしての活動ではなく、それぞれのフィールドで、それぞれの個性を最大限輝かせてDreamの名前とともに皆さんにDreamを届けていくという活動の形をとらせていただきました。今日のこのステージで3人で歌うことは最後なのかなと思うと正直すごく寂しいです。ですが、DreamDreamらしく諦めなければ必ず夢は叶うと、今日が最後ではないと私自身は思っているので、自分自身もDANCE EARTH PARTY Dream Shizukaとしてたくさん夢を叶えていくことで、誰かの力になっていきたいなと思いますし、大事なAyaちゃんとAmiちゃんの夢も一生懸命応援していきたいと思いますので、これからもDreamそしてE.G.familyの仲間、DANCE EARTH PARTYDream Shizukaとしてのこれからの覚悟と未来に、ぜひ期待していただけたらと思います。今日は本当にありがとうございました。

MIYUU MCコメント

今日は皆さん来てくださりありがとうございました。今回、E.G. EVOLUTIONのライブ制作に一から携わらせていただきまして、振り付けだったり構成だったりを考えさせていただきました。本当に皆さんがこれまでずっとE-girlsを応援してくださっていたからこそ、こうしてステージに立てているので、恩返しという気持ちで精一杯パフォーマンスさせていただきデビュー当時からの歴史をライブで作ってみました。あっという間な時間ではあるんですけど、充実したE-girlsというグループに出会えて本当によかったなと改めて思ってます。私はこれからはE-girlsを離れ、Happinessとしてコレオグラファーというものに専念させていただきますが、HappinessだったりE.G.familyを盛り上げられる存在に自分自身もなっていきたいなと思うので、これからも皆さん応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

藤井夏恋 MCコメント

今日お集まりくださった皆さん、そしてライブビューイングでご覧の皆さん本当に今日はありがとうございます。6月5日に新体制の発表をさせていただいてから私自身も正直不安な気持ちでいっぱいだったんですけど、こうしてファンの皆さんが温かく迎えてくださって本当に感謝の気持ちでいっぱいです。私、藤井夏恋HappinessE-girlsShuuKaRenとして活動させていただきます。これからもE.G.familyの一員として、たくさんの夢をファンの皆さんと共に叶えていけるように精一杯努力していきたいと思います。これからも温かい応援よろしくお願いします。

YURINO MCコメント

皆さん楽しかったですか?(ファン:イエーイ)思い出に残りましたか?(ファン:イエーイ)私も最初からここまで本当に楽しかったです。これから皆さんとまた楽しい時間を共有できるように、私はHappinessE-girlsスダンナユズユリーとしてこれから頑張っていきたいと思うので、これからも温かい応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

SAYAKA MCコメント

今日は本当にありがとうございました。改めてこのライブという場所が大好きで皆さんの笑顔が大好きだなと実感しました。E-girlsHappinessを通してもっともっとファンの皆さんに喜んでもらえるエンターテイメント、そして笑顔を作っていける場所を作れるように頑張っていきたいと思うので、これからも温かい応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

石井杏奈 MCコメント

今日はとても素敵な感動溢れる時間をありがとうございました。ここから新たなスタートということで、新生E-girlsとして皆さんの日常に彩りを添えられるような、強く明るいグループになっていけるように一生懸命全力で前に進んでいきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

山口乃々華 MCコメント

いつも温かい応援ありがとうございます。私は新生E-girlsとして活動させていただきます。今日みたいな本当に愛に溢れた幸せな時間を皆さんとまた一緒に過ごせるように、これから新生E-girlsで小さな目標から大きな夢をたくさんたてて、メンバー皆で皆さんと叶えていけたらと思ってます。皆さんこれからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

武部柚那 MCコメント

今日は皆さん本当にありがとうございました。今日このステージから見る皆さんの最高の笑顔と、メンバーの最高の笑顔を見れて私は本当に幸せでした。これから私はスダンナユズユリー、新生E-girls、E.G.familyの最年少ヴォーカルとしてチームを支えられるように、時には引っ張っていけるような、そして何より皆さんを楽しませられるような人間になれるように頑張りたいと思います。これからどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

楓 MCコメント

皆さん今日は楽しかったですか?(ファン:イエーイ)最高の1日になりましたか?(ファン:イエーイ)ありがとうございます。私も今日というE.G.familyにとって大切な日を、皆さんと一緒に過ごすことができて本当に幸せな気持ちでいっぱいです。昨日今日と2日間このステージに立って、ここからファンの皆さんの笑顔だったり、楽しんでくださっている姿を見て改めてライブが大好きだなと思いましたし、私たちと皆さんが一緒になってひとつのものを作っているんだなと感じました。これからも私たちE.G.familyとして皆さんに喜んでいただけるエンターテイメントを届けていきたいなと思いましたし、皆さんと一緒に一つひとつ夢を叶えていきたいなと思いました。これからもE.G.familyと一緒に夢を叶えていってくださったら嬉しいなと思います。これからも温かい応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

坂東希 MCコメント

今日は来てくださり本当にありがとうございました。私はFlowerE-girlsを兼任させていただくのですが、ここまで応援してくださった皆さんやここにいる18人のメンバーがいたからこそ、私はこうやってここに立てているんだなと2日間のライブを経てすごく思いました。今までE-girlsとして作り上げてきた物語を、しっかりどんどん積み重ねていけるように頑張りたいなと思いますので、E.G.familyの応援これからもよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

須田アンナ MCコメント

ここから見る皆さんの笑顔、そしてステージ上で見るメンバーの笑顔が本当にすごく輝いていて、きっとこの会場と全国のライブビューイングの劇場で一つの大きなパワーが生まれたんじゃないかなと感じました。これからもこういった大きなパワーを作っていけるような存在になれるように頑張りたいと思うので、皆さんこれからも温かい応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

佐藤晴美 MCコメント

会場にお越しの皆さん、ライブビューイングに来てくださった皆さん今日はありがとうございました。新体制を発表させていただいて色んな不安だったりもあったんですけど、これからさらに自分たちが輝ける場所へと進化していけるように、絶対絶対後悔しないように頑張りたいなって思っています。そして今日と昨日ライブを通して、本当にE-girlsとしてFlowerとしてパフォーマンスすることがすごく楽しくて、皆さんと一緒にライブでこの瞬間を味わえることが自分にとっての幸せだなと感じたので、これからも精一杯パフォーマンス頑張っていきたいと思います。皆さん温かい応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

鷲尾伶菜 MCコメント

皆さん今日は本当にありがとうございました。こうして新体制になりますが、このライブを通して今日と言う日を皆さんと過ごすことができて、ライブビューイングもこんなにたくさんやらせていただけて、たくさんのファンの方々とこの日を迎えることができて、すごく幸せなことだなと、改めて感謝しています。このライブで一曲一曲、デビュー曲から色んな楽曲をパフォーマンスしてきて、色々な思い出だったりとか歴史というものが、こんなにたくさんあったんだなと思いましたし、今日この会場にいてこんなにたくさんの皆さんのエネルギーやパワーをいただきながら、自分たちはここまでこれたんだなと改めて感じました。これからもっともっと新生E-girls11人として新しい色を生み出していかなければならないと思いますし、私はそんなE-girlsの先頭に立って、これからもっともっと皆さんと一緒に夢を叶えていきたいと思うので、これからも新生E-girls、E.G.familyをよろしくお願いします。

重留真波 MCコメント

今日は皆さん本当にありがとうございました。昨日そして今日とこのライブを通して、改めて自分はライブという場所でパフォーマンスして、自分らしくいられることが一番自分の幸せだなと感じました。私は新体制を通してFlowerに専念することを発表させていただきましたが、E-girlsで見たそして叶えてきたたくさんの夢をこれからはFlowerとして実現させていきたいなと思っています。専念するにあたり自分はもっともっとメンバーのサポート、そして皆さんに求めていただけるアーティストになれるように日々パフォーマーとしてもしっかり磨いて頑張っていきたいなと思っています。これからもE.G.family、そしてFlowerの応援をよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

川本璃 MCコメント

今日は本当にありがとうございました。私はE-girlsから離れてHappinessに専念することになりました。これからはもっともっと歌や音楽を追求して、1人のヴォーカルとしても成長していけるように頑張っていきたいと思います。E-girlsの活動を経てたくさんの描いている夢を叶えさせていただいたので、次はHappinessとしてたくさんの描いている夢を皆さんと一緒に叶えていけるように、これからも頑張っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました。

中島美央 MCコメント

今日はこの会場、そしてライブビューイングにお越しの皆さん本当にありがとうございました。私はこの新体制を機にFlowerに専念し、そして新たな道としてお芝居に挑戦することを決めました。この私の捨てきれなかった夢、新たな挑戦を通してまた違った形で新しいものをお届けして、そしてFlowerとしてはより表現力を高めてE.G.familyに返していけるように精一杯頑張っていきたいと思いますので、これからも皆さん応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

藤井萩花 MCコメント

皆さん、今日はありがとうございました。新体制を発表させていただき、昨日今日と皆さんと19人でのラスト、そして新たなスタートを切ることができて、本当に嬉しいです。ありがとうございます。私は今日までE-girlsで活動させていただいて、やっぱりE-girlsだからこそ見れた夢や叶えられた夢がたくさんあって、E-girlsじゃないとこれができなかったんだなって思うと色んな感情があったりだとか、メンバーだったり色んな人に感謝の気持ちがいっぱいだなとすごく感じました。

その中で、それぞれが今回決断したのは、それぞれの未来に向けてだったり、これからのE.G.familyのことだったり、それぞれ覚悟を決めて、決めたことだと思うので、これからより皆さんに素敵なものを届けていけるようなE.G.familyになっていけるように、私はE.G.familyの中でも自分らしく、自分だからこそ表現できることを皆さんに伝えていけるよう、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いいたします。皆さん、本当にありがとうございました。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - E-girls11人体制で初ライブ Dream Ayaは涙のラストステージ<「E.G.family」メモリアルライブセットリスト>
今読んだ記事

E-girls11人体制で初ライブ Dream Ayaは涙のラストステージ<「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事