関ジャニ∞、野外フェス初参戦で“完全アウェー”裏切る圧巻バンドパフォーマンス 反響殺到でレーベルが異例の対応

関ジャニ∞が21日、東京・新木場の若洲公園で行われた「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017」(通称:メトロック)の最終日に出演。野外フェスに初参戦し、一夜明けた今もなお反響が殺到している。

デビュー前から続けてきたバンドパフォーマンス披露

ジャニーズ事務所所属のグループが野外フェスに参加するのは、2014年の「SUMMER SONIC」に出演したTOKIOに次ぐ2組目。関ジャニ∞はデビュー前からダンス曲はもちろんのこと、TOKIO同様にバンドスタイルでの楽曲もいくつかあり、ライブツアーで披露するのがお馴染みとなっていた。

しかし「メトロック」はいわばロックファンの集まり。出演が12日に突然発表されたためチケット完売後でファンはほとんどいなく、ジャニーズという肩書きから“完全アウェー”状態とされていたが、代表曲「ズッコケ男道」をはじめ、ライブでも度々披露している人気曲「宇宙に行ったライオン」「象」「Tokyoholic」「LIFE~目の前の向こうへ~」など計10曲をバンドスタイルで生演奏&生歌唱し、現地のファンを唸らせた。

関ジャニ∞がイベントに出演した頃には、Twitterに「メトロック」のほか「関ジャニ」「eighter」(※関ジャニ∞のファン)「NOROSHI」「Tokyoholic」「ハイスピ」など楽曲タイトルを中心に関連ワードがトレンドを独占するほどの反響ぶり。「関ジャニ、ジャニーズだからって舐めてた。めっちゃ良かった!」「本当に演奏できるの?って思ってたら、安田くんがめちゃくちゃギター上手くて震えた」「渋谷すばるが予想を遥かに超えるヤバさ(褒めてる)」「メトロック行ってきた!関ジャニの盛り上がりが異常だった、未だに興奮してる」など感想ツイートが溢れかえっていた。

反響殺到で自社レーベルが異例の対応

そんな反響が続々と寄せられ、関ジャニ∞の楽曲に興味を抱く声が殺到するも、ジャニーズは著作権の問題から一部で「iTunesで曲が買えない」「もったいない」との声も。

そのため関ジャニ∞の自社レーベルである「INFINITY RECORDS」(インフィニティ・レコーズ)では22日、セットリストを公開し、試聴ページを設けるという異例の対応を取り話題を呼んでいる。(modelpress編集部)

関ジャニ∞「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017」セットリスト

01.High Spirits
02.ズッコケ男道
03.言ったじゃないか
04.NOROSHI
05.宇宙に行ったライオン
06.象
07.侍唄(さむらいソング)
08.Tokyoholic
09.勝手に仕上がれ
10.LIFE~目の前の向こうへ~

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 関ジャニ∞、野外フェス初参戦で“完全アウェー”裏切る圧巻バンドパフォーマンス 反響殺到でレーベルが異例の対応
今読んだ記事

関ジャニ∞、野外フェス初参戦で“完全アウェー”裏切る圧巻バンド…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事