Little Glee Monster、夢の武道館に歌声響く!1万3000人の熱狂と感動「絶対に誰の手も離さない!」<セットリスト/ライブレポ>

【Little Glee Monster/モデルプレス=1月8日】6人組女子高生ボーカルグループ“リトグリ”ことLittle Glee Monsterが8日、東京・日本武道館にて自身初となる武道館ワンマンライブ「LIVE in 武道館 ~はじまりのうた~」を行った。
Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)

リトグリ、ついに夢の舞台へ



Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
全員が高校生のうちに武道館に立ちたい…―そう公言してきた彼女たちが、ついに夢の舞台に立った。

初となる武道館ライブは、発売から1分でチケット完売。この日は、同じ夢を追いかけてきた1万3000人の“ガオラー”(ファンの呼称)たちが集結。ステージ裏にも客席が設けられるほどの超満員の会場は、始まる前から熱気に満ち溢れていた。

幕開けは芹奈の叫び



Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
そして幕が開ける。ステージには6色の花道。ガオラーたちのカラフルな光。暗闇から聴こえ出すひとりひとりの歌声、そして…「みんなに会いたかったよー!」という芹奈の叫びとともに、6人の“Monster”がそれぞれの花道から登場すると、割れんばかりの歓声が沸き起こった。

1曲目は「SAY!!!」。いきなりタオルを振り回して盛り上げ、「放課後ハイファイブ」「My Best Friend」と続け、初の武道館にふさわしい華々しいスタートを飾った。

リトグリ、ガオラーとのつま先はいつだって一緒



Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
この日のリトグリは、全員が純白の衣装。何も描かれていないその白いキャンバスは、「記念すべき今日という日、みんなと描いていこう」というガオラーとの一体感が感じられる。リトグリは、この武道館も「ガオラーと一緒に夢見てきたステージ」と言い表すほど、何よりもガオラーを大切にし、つま先を揃えている。

そんなガオラーたちと、夢を叶えた喜びを噛み締めるメンバー。「ぶどーかーん!すごいね!」(芹奈)、「こんなに集まってくれるなんて嬉しい、ありがとう!」(麻珠)、「ひとりひとりに絶対歌を届けるから」(MAYU)と感謝の想いを届けていた。

歌うだけじゃない、ステージを舞う姿で魅せた



かれん(C)三吉ツカサ(Showcase)
かれん(C)三吉ツカサ(Showcase)
麻珠(C)三吉ツカサ(Showcase)
麻珠(C)三吉ツカサ(Showcase)
熱気冷めやらぬ会場。「私らしく生きてみたい」「JOY」とリトグリらしさ全開の曲を歌えば、「Cathe me if you can」「NO! NO!! NO!!!」などダンサンブルな曲で魅せる。圧倒的な歌唱力だけに留まらない、パワフルにステージを舞うその姿も圧倒的にカッコイイ。ガオラーたちも一緒になってステージを揺らした。

「耳を喜ばせる」歌声、真骨頂発揮



アサヒ(C)三吉ツカサ(Showcase)
アサヒ(C)三吉ツカサ(Showcase)
続いて、会場の熱を表したかのような真っ赤な衣装にチェンジ。バックバンドとのセッションで、アサヒが「ポテトー」と歌うなどチャーミングな一幕も

しかし、彼女たちの真骨頂はなんといっても歌声。それが発揮されたのは「Joyfulスペシャルメドレー」などのアカペラ。「うれしい!たのしい!だいすき!」(Dreams Come True)、「Happy」(ファレル・ウィリアムス)、「じょいふる」(いきものがかり)、「愛唄」(GReeeeN)など、彼女たちのリスペクトする楽曲をミックスしたアカペラメドレーには鳥肌の連続。

MAYU(C)三吉ツカサ(Showcase)
MAYU(C)三吉ツカサ(Showcase)
さらに、ゴスペラーズをカバーした「永遠に」、「人生は一度きり」のアカペラアレンジなど、天井を突き抜けるような歌声に、思わず涙するガオラーも見られるほどだった。

最強の歌少女が集まって結成されたリトグリ。「耳を喜ばせる」歌声こそが、彼女たちを夢の舞台まで連れて来た。全員にとって特別なこの日も、美妙なハーモニーが武道館を満たしていた。

manakaの熱い想い「絶対に誰の手も離さない!」



manaka(C)三吉ツカサ(Showcase)
manaka(C)三吉ツカサ(Showcase)
彼女たちの名を押し上げた「好きだ。」を歌い終えると、manakaからガオラーへ思い溢れるメッセージが。

「色々な人の支えが毎日あって、みんなの助けがあったから立てている。すごく感謝です。13歳、洗濯機の回し方もわからない私を上京させてくれた家族、ともに笑い、涙を流した大好きなメンバー、右も左もわからない私たちを支えてくれたスタッフ、そして一番大きな愛情をくれたファンのみなさんのおかげで、ここに立てる今日を迎えられています」。

「私たちにとって武道館は通過点。東京オリンピックで歌い、世界で活躍できるアーティストになる、大きな夢の山がたくさんあるけど、みなさんがついてきてくれる限り、絶対に手を離さない歌を歌いたい。武道館に立ってわかった。リトグリはもっと素敵な景色をみんなに見せます。みんなついてきてくれますか!絶対に誰の手も離さない!そんな歌を絶対に歌い続けます!」

manaka/Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
manaka/Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
manakの力強い言葉たちに、この日一番の歓声が。次の目標へ向かい、続いての曲「はじまりのうた」で新しいスタートを切った。

芹奈、その場に倒れこむほどの全力パフォーマンス



芹奈(C)三吉ツカサ(Showcase)
芹奈(C)三吉ツカサ(Showcase)
アンコールは、リトグリTシャツの衣装で登場。「君のようになりたい」「Happy Gate」「空は見ている」のアンコールが終わると、さらにダブルアンコールで「青春フォトグラフ」を披露。映像では、武道館への軌跡を辿るこれまでのライブ写真が流された。絆が深まっていく武道館の空間に、メンバーの弾ける笑顔、ガオラーの最高の笑顔…まさに「最高の顔でポーズ」が飛び交っていた。

芹奈/Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
芹奈/Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
そして歌い終えた途端、その場に倒れこんだ芹奈。この“夢の日”に、とてつもないほどの全力を注いだことが伝わってきた。

メンバーから支えられ、何とか立ちあがった芹奈。全員で10秒以上の深いお辞儀をし、最高の日を後にした。「研ぎ澄ました歌声で、人々の心に大きな爪痕を残す」をテーマに活動するリトグリ。次のステージへ向かい、かつてないほどの大きな爪痕を残した一日となった。(modelpress編集部)



Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)
Little Glee Monster(C)三吉ツカサ(Showcase)

「Little Glee Monster LIVE in 武道館 ~はじまりのうた~」セットリスト



M1.SAY!!!
M2.放課後ハイファイブ
M3.My Best Friend
M4.私らしく生きてみたい
M5.JOY
M6.春夏秋冬
M7.HARMONY
M8.Catch me if you can
M9.Feel Me
M10.NO! NO!! NO!!!
M11.アカペラメドレー
M12.オレンジ
M13.小さな恋が、終わった
M14.永遠に
M15.人生は一度きり
M16.全力REAL LIFE
M17.Hop Step Jump!
M18.Girls be Free!
M19.好きだ。
M20.はじまりのうた
EN1.君のようになりたい
EN2.Happy Gate
EN3.空は見ている
WEN1.青春フォトグラフ
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP