嵐・相葉雅紀、恋ダンス“キレキレ”完コピ 有村架純と可愛すぎるコラボ<紅白リハ3日目>

「第67回 NHK紅白歌合戦」の音合わせ・リハーサル3日目が30日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、歌手の星野源が登場し「恋」を披露。司会の嵐・相葉雅紀と有村架純も恋ダンスに“応戦”した。
有村架純/「第67回 NHK紅白歌合戦」リハーサルにて (C)モデルプレス
有村架純/「第67回 NHK紅白歌合戦」リハーサルにて (C)モデルプレス
有村架純/「第67回 NHK紅白歌合戦」リハーサルにて (C)モデルプレス
有村架純/「第67回 NHK紅白歌合戦」リハーサルにて (C)モデルプレス

相葉雅紀、恋ダンス完コピ

恋ダンスを踊る星野源/「第67回 NHK紅白歌合戦」リハーサルにて (C)モデルプレス
恋ダンスを踊る星野源/「第67回 NHK紅白歌合戦」リハーサルにて (C)モデルプレス
星野は紅白で、出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の主題歌「恋」を披露。

同曲のダンス“恋ダンス”が社会現象となっているが、相葉と有村がステージサイドで恋ダンスを披露した。

特に相葉はサビ部分は完璧で、カメラに向かって笑顔を見せながら踊るなどし、会場を盛り上げた。本番日も司会者のポジションはステージサイドとなるようで、当日は相葉のキレキレの恋ダンスがお披露目されそうだ。

恋ダンス関連記事



東京五輪に向けて“夢”を応援

今年のテーマは「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、「紅白歌合戦」では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

紅組司会者には女優の有村架純、白組司会者には嵐の相葉雅紀が決定。同番組司会を務めるのは有村は初、相葉は嵐として5年連続で司会を務めているが、単独では初となる。総合司会は、初となる同局の武田真一アナウンサー。放送は2016年12月31日午後7時15分から午後11時45分まで(5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐・相葉雅紀、恋ダンス“キレキレ”完コピ 有村架純と可愛すぎるコラボ<紅白リハ3日目>
今読んだ記事

嵐・相葉雅紀、恋ダンス“キレキレ”完コピ 有村架純と可愛すぎ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事