EXILE ATSUSHI、AIと3度目のコラボ 裏話を明かす

参照回数:375,470

【モデルプレス】EXILEのATSUSHIが、アーティストのAIと3度目のコレボレーションを果たした。
3度目のコンビネーションを果たしたEXILEのATSUSHIとAI【モデルプレス】
3度目のコンビネーションを果たしたEXILEのATSUSHIとAI【モデルプレス】
2008年に発表した「So Special」、今年6月にリリースした「Be Brave」に続き、3度目のコラボレーションとなる「No more」が、2016年1月14日より放送開始となるフジテレビ系ドラマ「ナオミとカナコ」主題歌に起用されることが決定。同楽曲は、ドラマの世界観に合わせATSUSHIAIの2人が書き下ろした作品で、2人のボーカルが織り成すハーモニーが美しい1曲となっている。

ATSUSHIが語る楽曲への思い入れ

ATSUSHIは楽曲について、「ドラマの内容からも、今回の楽曲は、つらい思いをしている、今の現状から、少しでも光のある場所へ、明るい未来へ、抜け出そう。そういったテーマになっています」と紹介し、タイトルに込めた思いを「No moreとは、これ以上、このままではいけない。という、決心の表れでもある言葉です。これ以上、泣いていたくない、これ以上傷つけたくない、そんな思いを、守るもののために、強い信念を持って、つらぬこう。そんな曲になっています」と説明。さらに「あきらめるにはまだ少し早すぎるというフレーズがありますが、イジメの問題や、DVの問題など、弱い立場にいらっしゃる方へ、勇気を出して、そこから抜け出そう?そんな強い想いのこもった曲になりました」と語った。

AI、産後初の作品に自信

また今作は、4月に妊娠を発表し、9月に無事第1子となる女児を出産したAIにとって、産後初のリリース作品に。AIは楽曲制作にあたり「ドラマに恥じない曲を作らないとと思ってました」と気合十分で臨んだよう。ATSUSHIと楽曲を制作する中で、ドラマの内容を意識すると同時に「今回の曲作りは私もちょうど赤ちゃん産んだばっかりの時だったので赤ちゃんの世話とか母乳をやりながら歌詞を考えてました。おかげで気持ちがより入りました!」と思い入れを語った。

2人のコラボレーションは3度目となるが「ここまでハモってる曲もなかなかないので歌うのもすごく楽しかったです!!ATSUSHI君と妥協せず今回も最高な曲ができたので、是非 みなさん聴いて下さいね!!!」と自信をのぞかせている。

レコーディングの裏話

また、ATSUSHIAIとのレコーディングについて「AIちゃんとのレコーディングはいつもワクワクします」と明かし、「意見がぶつかることがほぼなく、ここは自分が引いた方が良いのではないかという、引き算をする時にでもせっかくカッコいいんだから、それは入れようなど常にお互いを尊重して制作に集中出来ます。あとは、お互いが書いた歌詞や、お互いが歌ったフレーズにインスピレーションを受けて、作業が自然と進んでいきます」と抜群のコンビネーションのよう。

また「休憩時間に、お子さんの写真を見せてもらったり、本当に彼女とお会いすると、いつも幸せな気持ちにさせてくれます」と現場での様子も紹介した。

プロデューサーも2人に期待

女優の広末涼子と内田有紀が初共演することでも話題の「ナオミとカナコ」は、ベストセラー作家・奥田英朗氏の同名サスペンス小説(幻冬舎)が原作。望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの小田直美(広末)と夫のひどい暴力に耐える専業主婦の服部加奈子(内田)が、DV夫を排除すべく、タッグを組む物語が展開される。

ドラマのプロデューサーを務める長部聡介氏は、「『ナオミとカナコ』は暴力という理不尽な力によって困難な状況に置かれた主人公2人がギリギリの決断をして、自分たちの人生を切り開いていくドラマです」と説明し、「痛みを知っている人間だけが持つ本当の優しさ、弱さを抱えている人間だけが持つ本当の勇気、それらが凝縮された繊細で温かく、力強い曲が出来上がりました。EXILE ATSUSHIAIという日本を代表するシンガー2人の歌声がナオミとカナコに、そしてドラマを見てくれるすべての人に、明日を生きる力を与えてくれると確信しています」と期待を寄せた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - EXILE ATSUSHI、AIと3度目のコラボ 裏話を明かす
今読んだ記事

EXILE ATSUSHI、AIと3度目のコラボ 裏話を明かす

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事