AI あい

「AI」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「AI」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「AI」に関連するモデルプレス記事

AIのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

AIのプロフィール

AI(あい)
出生 Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
1981年11月2日
血液型 B型
出身地 鹿児島県鹿児島市
ジャンル R&B、HIP-HOP
職業 歌手
活動期間 2000年 - 現在
レーベル RCA(2001年)
Def Jam Japan(2003年 - )
UNIVERSAL SIGMA/
アイランド(2004年 -)

AI(あい、本名:植村 愛 Carina(うえむら あい カリーナ)、1981年11月2日 - )は、日本の女性R&B歌手。
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ、鹿児島県 鹿児島市育ち。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。

■人物
・ バラードを得意としている[1]。ほとんどの楽曲の作詞を行い、まれに作曲制作も行う。LA時代に磨いたラップの技術も高い[2]が、客演以外ではラップはあまり披露しない。

・ 歌詞を付けるときには「私が書いた詞で1人の人生が変わってしまうかも知れない」「あなたのことは分からない。でも私はこう思う」という気持ちで書く[3]。「みんながあがっていく音楽」がコンセプト。

・ Def Jam Japanの女性第1号契約アーティストでもある。BMGファンハウスでデビューした楽曲はヒットしなかったことと、日本初のDef Jam Japan契約女性アーティストということで注目されたため、Def Jam Japanから2003年リリースされた4thシングル「最終宣告」をデビューシングルだと誤解されることがある。

・ 和田アキ子から歌唱力を認められ、「NHK紅白歌合戦」のインタビューでは「私の子分」と紹介された。また、今まで、平井堅、安室奈美恵、DABO、SPHERE of INFLUENCE、Char、HI-D、ZEEBRAなどと共演した。

・ 「歌は生きがい」と語り、アルバムタイトルに「MIC-A-HOLIC A.I. (マイク中毒なAI)」と付けた程。人から何か頼まれると断れない性格。歌が好きなのにラップの客演が多いのも、そのためである。

・ フレンドリーな性格で、青山テルマ、ATSUSHI(EXILE)、伊藤由奈、加藤あい、ジョン・レジェンド、Sowelu、土屋アンナ、Micro、和田アキ子、木梨憲武など、交友関係が幅広い。

■音楽性と影響
・バラードを得意としている[2]。ほとんどの楽曲の作詞を行い、まれに作曲制作も行う。LA時代に磨いたラップの技術も高い[3]が、客演以外ではラップはあまり披露しない。

・歌詞を付けるときには「私が書いた詞で1人の人生が変わってしまうかも知れない」「あなたのことは分からない。でも私はこう思う」という気持ちで書く[4]。「みんながあがっていく音楽」がコンセプト。

・母親の影響で好きになったマイケル・ジャクソンに、自然と影響を受けていると語っている。『Story』のサビの部分の歌詞はマイケルの曲からインスピレーションを得たと述べている。マイケルが亡くなったときは丁度全国ツアー中であり、『おくりびと』を歌う度に思い出したと語っている[5]。

■その他
・ ミドルネームのカリーナは「愛らしい、可愛い」という意味。
・ 2人姉妹の長女。母は講演会講師・作家のバーバラ植村。
・ 家族はテレビの出演経験がある。妹サチは「ORIGINAL A.I.」そして「MIC-A-HOLIC A.I. 」に出演している。
・ まだ小学生の頃、郷ひろみが自宅に来てバーベキューパーティをしたことがある。AIの父親は、郷ひろみがお世話になった人物であるとのこと[4]
・ 本人、タモリ曰く、鹿児島弁と英語しか喋れない[5]。口癖は「マチガイナイ!」「オモシロイ!」「ヤバイ!」。
・ 本人曰く、「電車ってのは路面電車(鹿児島市電)のこと。JRは電車じゃなくて汽車」とのこと[6]。
・ 静岡第一テレビアナウンサーの袰川有希は遠戚にあたる。
・ 田中真紀子、淡谷のり子などのモノマネを得意とする[7]。

■来歴
生い立ち
ロサンゼルス、ホワイト・メディカル・センターで生まれ、日本人の父(植村久)と、日本人とイタリア系アメリカ人のハーフである母(バーバラ植村)をもつクォーター。妹が1人の4人家族で生まれ育った。父の都合で3歳の頃に鹿児島市に移り住む。中学卒業後は進学せず働くつもりであったが、中学校の三者面談で進路を尋ねられた際に母が勝手に「AIはLA(の高校)に行きますから」と言ったのをきっかけに、渡米が決定する[8]。

1996年、渡米しロサンゼルスのパフォーミング・アーツ・スクールに入学。ダンスだけでなく、歌唱など音楽とパフォーマンスの全般を学ぶ。AIが「毎日ハローウィンパーティに来てるみたい」と形容するほど個性的で派手な格好をした人やクラスメイトの7割が同性愛者という環境に多大なる影響を受けた[8]。LAに住むおばに連れて行ってもらったゴスペルに感銘し、First AME教会の「クワイア」のメンバーとなる。AIが所属したクワイアは10代の黒人で構成されておりアジア人はAIだけで当初は馴染めなかったが、あるときにダンスを披露したところ、皆が興味を持ってくれ打ち解けることができた[8]。

下積み時代
1999年ロサンゼルス、ユニヴァーサル・アンフィシアターで行われたメアリー・J・ブライジのライブに参加し、『A Dream』を歌う。同年、ジャネット・ジャクソンのPV『ゴー・ディープ(Go Deep)』のためにオーディションを受け通過、ほんのわずかではあったがダンサーとして出演も果たす。

歌手デビュー、アジアで活動展開
2000年、パフォーミング・アーツ・スクールを卒業。日本でスカウトを受けたので、決まっていたアジア系3人組女性ユニット「SX4」でアメリカレコードデビューの話を断り、帰国。BMGファンハウスより『Cry,just Cry』でデビュー。ちなみにスカウトというより、ラジオでモニカのFor you I willを歌い探されたそうだ。(某テレビ局より本人が)
2001年、1stアルバム『my name is AI』をリリース。本作は、全国DISCO協会会長指揮の元、「FlashLightStudio」にて製作された。楽曲提供者には「Ars WizardC-VE」、「JUNKOO」が名を連ねる中、当時同所属だったSOUL'd OUTから「Shinnosuke」、「Diggy-MO'」らも参加。また同事務所には「青山テルマ」、「TSUYOSHI」などが在籍していた。 2003年にDef Jam Japanに移籍。移籍後第1弾アルバム『ORIGINAL A.I.』をリリース、アルバム・チャート15位にランクインする。同年9月にツアーを行う。そして、2004年のアルバム『2004 A.I.』はアルバム・チャート初登場3位となりゴールド・ディスクを獲得した。同年7月には韓国ソウルで行われた、“MTV buzz ASIA CONCERT”に安室奈美恵とともに日本代表として参加、8月には、台湾で行われた“TAIPEI MUSIC FESTIVAL”に一青窈、藤木直人らと日本代表として参加。 

「Story」の大ヒット、現在
2005年、1月に日本人として初めて韓国のドラマ「快傑春香」の挿入歌として「ALIVE (English Version)」が起用された。4月には東宝配給アニメ映画「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃」主題歌の「Crayon Beats」を発表。そして5月にリリースした「Story」は8位初登場の後、売上枚数30万枚、ダウンロード件数400万件となり、同曲で初のNHK紅白歌合戦出場を果す。7月にリリースされたアルバム『MIC-A-HOLIC A.I.』は初登場4位となりセールスも50万枚以上のヒットとなった。 

2006年4月に「Story」から約1年ぶりとなる新曲「Believe」をリリース。フジテレビ系ドラマ「医龍-Team Medical Dragon-」の主題歌に起用され、オリコン自己最高位、最高の初動売上枚数を記録した。同年9月に「I Wanna Know」をリリースし、9月27日に5thアルバム『What's goin' on A.I.』をリリースした。

2008年には、EXILE ATSUSHIとの共作によるR&B「So Special-Version AI-」、久石譲が音楽を手がける、2008年9月公開の映画「おくりびと」の劇盤にAIの歌をのせた楽曲「おくりびと」を収録された、「So Special-Version AI-/おくりびと」・「おくりびと/So Special-Version AI-」をリリースした。
2009年には、前作から約5ヶ月ぶりとなる「YOU ARE MY STAR」をリリース。
AIが初監督をした「BLUE PACIFIC STORIES『TAKE ACTION』」が8月1日から公開された。この他にも、土屋アンナ、Microが監督した映画も公開されている。

ディスコグラフィー
■シングル
発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2000年11月22日 Cry, just Cry 12cmCD BVCR-19026(廃盤)
2nd 2001年5月23日 U Can Do 12cmCD BVCR-19028(廃盤)
3rd 2001年9月5日 Shining Star 12cmCD BVCR-19038
4th 2003年1月28日 最終宣告 12cmCD UICJ-5012
5th 2003年6月25日 Thank U 12cmCD UICJ-5016
6th 2003年10月15日 My Friend/Merry Christmas Mr. Lawrence 12cmCD UICJ-5024
7th 2004年3月3日 After The Rain CD+DVD
12cmCD UICJ-9003(初回限定盤)
UICJ-5028(通常盤)
8th 2004年5月12日 E.O. CD+DVD
12cmCD UICJ-9004(初回限定盤)
UICJ-5032(通常盤)
9th 2004年8月4日 WATCH OUT! feat. AFRA+TUCKER CD+DVD UICJ-9007(限定生産盤)
10th 2005年2月9日 365 feat. DELI 12cmCD UPCI-5008
11th 2005年4月20日 Crayon Beats 12cmCD UPCI-9505(期間限定盤)
12th 2005年5月18日 Story 12cmCD UPCI-5013
13th 2006年4月19日 Believe 12cmCD UPCI-5028
14th 2006年9月6日 I Wanna Know CD+DVD
12cmCD UPCI-9509(初回限定盤)
UPCI-5037(通常盤)
15th 2007年7月18日 I'll Remember You/BRAND NEW DAY CD+DVD
12cmCD UPCI-9515(初回限定盤)
UPCI-5049(通常盤)
16th 2007年11月7日 ONE 12cmCD UPCI-5058
17th 2008年6月4日 大切なもの 12cmCD
12cmCD UPCI-9524(初回限定盤)
UPCI-5063(通常盤)
18th 2008年9月10日 So Special -Version AI-/おくりびと
おくりびと/So Special -Version AI-
CD+DVD
12cmCD UPCI-9529(初回限定盤)
UPCI-5067(通常盤)
19th 2009年2月4日 YOU ARE MY STAR CD+DVD
12cmCD UPCI-9534(初回限定盤)
UPCI-5057(通常盤)

■アルバム
オリジナルアルバム
発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2001年11月2日 my name is AI 12cmCD BVCR-11034
2nd 2003年7月23日 ORIGINAL A.I. 12cmCD UICJ-1012
3rd 2004年6月16日 2004 A.I. 12cmCD UICJ-1020
4th 2005年7月6日 MIC-A-HOLIC A.I. 12cmCD UPCI-1024
5th 2006年9月27日 What's goin' on A.I. 12cmCD UPCI-1049
6th 2007年12月5日 DON'T STOP A.I. CD+DVD
12cmCD UPCI-9024(初回限定盤)
UPCI-1075(通常盤)
7th 2009年3月4日 VIVA A.I. CD+DVD
12cmCD UPCI-9029(初回限定盤)
UPCI-1090(通常盤)

再発盤
発売日 タイトル 規格 規格品番
2003年11月26日 ORIGINAL A.I. ~DELUXE EDITION~ CD+DVD UICJ-9002

■企画アルバム
Gnome globe current event.svg
この記事は、発売が予定されている、あるいは見込まれているシングルの情報が含まれています。
そのため推測されている情報が含まれている可能性があります。また発売を前後して内容が大幅に変更されることがあります。

発売日 タイトル 規格 規格品番
compilation Album 2004年3月3日 Rhythm & Babe 12cmCD UICJ-4005
best Album 2004年9月8日 FLASHBACK TO A.I. 12cmCD BVCR-14014
featuring Album 2004年12月1日 FEAT A.I. 12cmCD UPCI-1016
LIVE Album 2007年3月7日 LIVE A.I. 12cmCD UPCI-1059
BEST Album 2009年9月16日 BEST A.I. CD+DVD
12cmCD UPCI-9034(初回限定盤)
UPCI-1095(通常盤)
UPCI-9036(初回限定“ありえないプライス”盤)

■アナログ盤
発売日 タイトル 規格品番
2004年9月8日 FLASH BACK REMIXES BVJR-19904
2006年9月6日 Beautiful feat.Trey Songz (Remix)
Too Much feat.Rain (Remix) ~ THE REMIXES BVJR-19904

■DVD
発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2005年2月23日 MACHIGAINAI DVD UPBI-1004
2nd 2006年1月18日 MIC-A-HOLIC A.I. JAPAN TOUR '05 DVD(写真集付)
DVD UPBI-9005(初回限定盤)
UPBI-1009(通常盤)
3rd 2007年3月28日 日本武道館 A.I. 2DVD(写真集付)
2DVD UPBI-9011/2(初回限定盤)
UPBI-1017/8(通常盤)
4th 2008年11月26日 DON'T STOP A.I. Japan Tour DVD UPBI-1023

■ゲスト参加作品
シングル
・ ONE LAST KISS (2001年11月21日) 傳田真央
 「ONE LAST KISS feat. AI」
 「ONE LAST KiSS ~SBK Remix~」
 「ONE LAST KiSS ~SBK Remix~」
・ LUV YA feat. AI (2002年10月23日) SPHERE of INFLUENCE
 「LUV YA feat. AI」
・ "Uh Uh......" feat. AI/Baby be mine (2003年2月5日) SUITE CHIC
 「"Uh Uh......" feat. AI」
・ Rollin' on (2003年7月30日) DOUBLE
 「Rollin' on remix feat. AI」
・ GOLD DIGGA (2003年12月3日) MICHICO
 「GOLD DIGGA feat. AI」
・ VOICE OF LOVE~上を向いて歩こう (2003年12月10日) VOICE OF LOVE POSSE
 「VOICE OF LOVE~上を向いて歩こう (ORIGINAL MIX)」
 「VOICE OF LOVE~上を向いて歩こう (REMIX)」
・ O.P.D. (2004年04月07日) MICHICO
 「GOLD DIGGA feat. AI DJ HAZIME REMIX」
・ Crazy World (2008年6月11日) 土屋アンナ
 「CRAZY WORLD feat.AI」
・ HOME SWEET HOME(2009年2月25日) GICODE
 HOME SWEET HOME withAI, JAMOSA

アルバム
・ Radioactive (2002年3月20日) Heartsdales
 「Baby Shine feat. AI」
・ THE INFLUENCE (2002年10月30日)SPHERE of INFLUENCE
 「LUV YA feat. AI」
・ LIFE is... (2003年1月22日) 平井堅
 「somebody's girl」
・ WHEN POP HITS THE FAN (2003年2月26日) SUITE CHIC
 「"Uh Uh......" feat. AI」
・ WHEN POP HITS THE LAB (2003年3月26日) SUITE CHIC
 「"Uh Uh......" ~REMIX feat. BIGZAM & P.H.~」
・ 51st DIMESION : THE YANG (2003年8月20日) 51-GOICHI-
 「Fatal Attraction feat. AI」
・ TOKYO'S FINEST (2003年9月18日) ZEEBRA
 「GOLDEN MIC (REMIX) feat. KASHI DA HANDSOME, AI, 童子-T, 般若」
・ Sugar Shine (2003年9月25日) Heartsdales
 「Baby Shine feat.AI (Deckstream REMIX)」
・ E・D・O・C・I・G (2003年11月19日) GICODE
 「JONAN音頭」
・ Wonderful (2003年11月19日) DOUBLE
 「My friend l'arpege noir mix with AI」
・ DIAMOND (2003年12月24日) DABO
 「スーパーパックシャン (Yes, Sir)」
・ too Wonderful (2004年1月18日) DOUBLE
 「Rollin' on remix feat. AI」
 「My Friend with AI (R.Yamaki Remix)」
・ Heart Attack! ~The Remixes&Video Clips~ (2004年2月25日) Heartsdales
 「Baby Shine feat. AI (Deckstream REMIX)」
・ Rhythm & Babe(2004年3月3日) オムニバス
 「KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG(やさしく歌って)」
・ 330 more answer no question (2004年4月7日) KAMINARI-KAZOKU.
 「THUNDER BREAK BEATS feat. AI, HAB I SCREAM, DABO」
・ ASTROMANTIC (2004年5月26日) m-flo
 「STARSTRUCK~"The Return of the LuvBytes"/ m-flo loves AI & 日之内絵美 & Rum(Heartsdales)
・ HARLEM ver.3.0 (2004年6月23日) DJ WATARAI
 「Welcome 2 Da Party feat. HI-D, AI」
・ EVERYTHIN' IS EVERYTHIN' (2004年8月4日) BOY-KEN
 「エンジェル feat. AI」
・ ASTROMANTIC CHARM SCHOOL (2004年9月15日) m-flo
 「Starstruck -Sakai, Asuka Savannh Remix」
・ No.9 (2004年11月24日) UZI
 「HOT SPOT feat. AI」
・ JHETT (2005年3月24日) JHETT a.k.a.YAKKO for AQUARIUS
 「"Uh Uh......" feat. AI/SUITE CHIC" Ver. 2K5」
・ TIME 4 SOME ACTION (2005年9月7日) DELI
 「TELL ME feat.般若, 565, AI」
・ The New Beginning (2006年2月15日) ZEEBRA
 「Do What U Gotta Do feat. AI, 安室奈美恵, Mummy-D」
・ 嫌われ松子の歌たち (2006年5月24日)
 「What Is A Life」 AI & 及川リン
・ THE ADVENTURES OF DADDY'S HOUSE (2006年6月7日) DJ MASTERKEY
 「HOLIDAY feat. CHRIS & AI」
・ Eternal Rain (2006年9月13日) Rain
 「Oh yeah! feat. AI」
・ THE LEGEND ~Final Live~ (2006年12月20日) Heartsdales
 「Baby Shine feat. AI」
・ GIANT SWING DELI (2007年3月7日)
 「BITTER LIFE feat. AI」
・ Trey Day (2007年10月24日)Trey Songz
 「Are You A Perfoma feat AI 」
・ Remistura / Remixed and Compiled by Liga Oriente(2008年6月13日)Liga Oriente
 「My Friend -Liga Oriente Remix- 」
・ EXILE ENTERTAINMENT BEST(2008年7月23日)EXILE
 「So Special -Version EX- 」
・ Songs For You, Truths For Me(2009年3月4日)James Morrison
 「Broken Strings featuring AI 」

■映像作品
・ WHEN POP HITS THE PIX (2003年3月26日) SUITE CHIC
 「"Uh Uh......" feat. AI」
・ destiny (2003年10月8日) DOUBLE
 「Rollin' on remix feat. AI」
・ No Generation Gap (2004年7月7日) Char feat. AI
 「No Generation Gap (Clip)」
 「No Generation Gap (Studio Live Version)」
 「Breathe (Studio Unplugged)」
・ THE LIVE ANIMAL 03 JAPAN TOUR ~TOKYO'S FINEST~ (2005年1月19日) ZEEBRA
 「GOLDEN MIC (REMIX) feat. KASHI DA HANDSOME, AI, 童子-T, 般若」
・ ASTROMANTIC DVD (2005年2月23日) m-flo
 「STARSTRUCK~"The Return of the LuvBytes"」 m-flo loves AI & 日之内絵美 & Rum(Heartsdales)
・ ZEEBRA JAPAN TOUR FINAL THE LIVE ANIMAL 06'〜TheNew Beginning〜 (2007年9月19日) ZEEBRA
 「Do What U Gotta Do feat. AI, 安室奈美恵, Mummy-D」

出演
■CM
・ NTTドコモ東海(2004年)
・ サッポロビール「サッポロ ドラフトワン」(2006年)
・ ロッテ「キシリトールガム ストロングミント」(2006年)
・ ラ・パルレ(2006年)
・ オーディオテクニカ(2007年)
・ レコチョク(2009年)

■映画
・ 嫌われ松子の一生 (2006年) - 女囚役

■ラジオ
・ TR2(2002年10月、2003年4月 - 同年9月、J-WAVE) - 当時Def Jam Japanのシニア・エグゼクティブ・コンサルタントを務めていたRIKO(桜井理子)と担当。

■雑誌
・ WOOFIN’girl

■タイアップ一覧
楽曲 タイアップ
After The Rain フジテレビ系「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」2004年度 1月~4月度エンディングテーマ
E.O. テレビ東京系|「JAPAN COUNTDOWN」2004年度 5月度エンディングテーマ
ALIVE (English Version) 韓国ドラマ「快傑春香」挿入歌
365 feat. DELI フジテレビ系「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」エンディングテーマ
Crayon Beats 東宝配給アニメ映画「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃」主題歌
テレビ朝日系アニメ「クレヨンしんちゃん」エンディングテーマ
Story テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」6月度エンディングテーマ
Believe フジテレビ系ドラマ「医龍-Team Medical Dragon-」主題歌
No Way ロッテ 「キシリトールガム」 CMソング
Beautiful feat. Trey Songz ラ・パルレ CMソング
I Wanna Know サントリー「PEPSI NEX」CMソング
未来 テレビ東京系「宮里藍のビッグ・ゴルフin USA」エンディングテーマ
My Friend [LIVE Ver.] 「audio-technica」 CMソング
I'll Remember You 「audio-technica」 CMソング
BRAND NEW DAY 日本航空「oneworld」CMソング
ONE フジテレビ系ドラマ「医龍-Team Medical Dragon-2」主題歌
大切なもの 日本テレビ系ドラマ『HEROES』テーマソング
AIU保険会社「がんばれ! ニッポン! プロジェクト」CMソング
おくりびと 松竹配給映画「おくりびと」イメージソング
YOU ARE MY STAR 日本メナード化粧品「メナード フェイシャルサロン」CMソング
people in the World -Movie's Short Ver.- 日活配給映画「ララピポ」主題歌
people in the World 神戸コレクション2009「SPRING/SUMMER」テーマ・ソング
All for you -Movie's Short Ver.- 映画「BLUE PACIFICSTORIES」『TAKE ACTION』主題歌

■脚注
1.2004年12月号「My Birthday」(実業之日本社)
2.ラップは独学で3か月程、L.Aのストリートに毎日通い「こいつだ!」と思った男に金を渡して習得したと言う。
3.2005年3月号「My Birthday」(実業之日本社)
4.2007年12月10日放送「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」(フジテレビ)
5.「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ系)
6.「スタ☆メン」(フジテレビ、関西テレビ系)
7.2007年12月10日放送の「なるトモ!」出演時に披露
8.2009年8月31日放送回『月光音楽団』(TBS)出演時の本人談

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
AIを「ウィキペディア」で参照する