東方神起、5万5千人熱狂の「a-nation」で今年の夏を締めくくる<ライブレポート/セットリスト>

0
0
韓国出身アーティストの東方神起が8月31日、東京・味の素スタジアムにて行われた「a-nation stadium fes. 2013」初日公演に出演。通算3度目となる大トリに抜擢され、新曲「SCREAM」を含む全8曲を歌唱した。
「a-nation stadium fes. 2013」初日公演の大トリを飾った東方神起(左から:ユンホ、チャンミン)
「a-nation stadium fes. 2013」初日公演の大トリを飾った東方神起(左から:ユンホ、チャンミン)
東方神起の出番を迎えると、5万5千人の観客席が一気にイメージカラーの「赤」のペンライトで染まる。今や「a-nation」恒例とも言える圧巻の光景が広がる中、カウントダウンを合図にユンホ、チャンミンの2人がステージに登場。彼らの登場を待ちわびていたファンの歓声を一身に受けながら、1曲目「Catch Me -If you wanna-」を歌唱した。

ド派手な電飾衣装を活かした美しくもパワフルなパフォーマンスで観客を一気に引き込み、その勢いのまま「B.U.T(BE-AU-TY)」「Superstar」とダンスナンバーを畳み掛ける。観客の盛り上がりが早くも最高潮を迎えると同時に、「今日ヤバいですね!」(ユンホ)、「もうすぐ9月になりますけど、今日はものすごくアツいですね!」(チャンミン)と2人のテンションも急上昇。ユンホが「このa-nationを素敵な思い出にしましょうか!」と煽り、映画「貞子3D2」の主題歌にも起用されている新曲「SCREAM」へと続いた。

「OCEAN~ウィーアー~Summer Dream」のメドレーでは、華やかに装飾されたフロートで会場を一周しながらカラーボールやフリスビーを客席に投げ込み、お茶目な表情も見せる。この頃には2人もすっかり汗だくで、ユンホは水を頭からかぶりながら「短い時間でしたが、ここにいる皆さんとひとつになった気がしてすごく幸せでした!」と笑顔。恒例の「Somebody To Love」で熱狂のステージを締めくくった。

今月17日・18日には海外アーティスト初の日産スタジアム公演も達成し、「今年の夏の野外ライブは今日が最後だったんですが、最後まで盛り上がれたと思います」(チャンミン)、「a-nation、すごくすごく楽しかった!」(ユンホ)と充実感たっぷり。そして「東方神起でした!」という2人の挨拶を合図に大きな花火が打ち上がり、東方神起の2013年・夏のクライマックスを華やかに彩った。

この日は東方神起のほか、girl next door、Do As Infinity、KREVA、Every Little Thing、SUPER JUNIOR、TRFらが出演。公演2日目(9月1日)には浜崎あゆみ、倖田來未、AAA、SHINeeらが登場する。(モデルプレス)

東方神起 セットリスト
1. Catch Me -If you wanna-
2. B.U.T(BE-AU-TY)
3. Superstar
4. One and Only One
5. SCREAM
6. OCEAN~ウィーアー~Summer Dream
7. Humanoids
8. Somebody To Love

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 東方神起、5万5千人熱狂の「a-nation」で今年の夏を締めくくる<ライブレポート/セットリスト>
今読んだ記事

東方神起、5万5千人熱狂の「a-nation」で今年の夏を締めくくる…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事