工藤静香、絢香書きおろしを含む新旧ヒット曲でファンを魅了!ソロデビュー25周年記念ライブ開催

参照回数:41,102

歌手の工藤静香が、東京・六本木のビルボードライブ東京にてソロデビュー25周年記念ライブを開催した。
25周年記念ライブで熱唱する工藤静香
25周年記念ライブで熱唱する工藤静香
昼夜2回公演計630席がわずか3分で完売するプレミアムチケットとなった同ライブは、大ヒット曲「抱いてくれたらいいのに」でスタート。さらに中島みゆきが提供した「激情」「雪・月・花」が立て続けに披露された。

同所でのライブは5年ぶりとなる工藤は、ステージと客席の間が0cmの会場を見渡し「近い!これはお互い照れますよね」と 苦笑い。その後も「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」「くちびるから媚薬」など多くのヒット曲を作詞した松井五郎氏について「年に1回くらいしかメールしないけどどこかでずっと観察されてるようなくらい理解して詞を書いてくれる」と述べ、松井氏提供の「存在」「恋一夜」を熱唱した。

あの伝説の振り付けとともに「嵐の素顔」を披露

会場が温まってきたところでスペシャルゲストの押尾コータローが登場し、彼の超絶ギターをバックに「黄砂に吹かれて」を披露。「始めて会った時はトトロさんみたいって思ってました」(工藤)「アイドルオーラ満載でビビリました」(押尾)と、互いの第一印象を告白した2人。その後も「Ice Rain」を押尾のギター1本でしっとりと歌い上げ、「押尾さんのギターは歌いながら会話しているよう。マジックギターは本当に感動!」と絶賛した。

さらに、ドラムのリズムだけで1コーラス歌いきった「Jaguar Line」、静香節炸裂のロックチューン「バロックパール」、工藤最大のヒット曲「慟哭」で会場の盛り上がりは最高潮に。最後は10月にリリースされた絢香の提供曲「キミがくれたもの」でしっとりと締めくくるかと思いきや、「待たせちゃ悪いし、時間もったいないでしょう」とアンコールのコール前に再びステージに登場。あの伝説の振り付けとともに「嵐の素顔」を披露し、会場を沸かせた。

「何周年とかいうことだけではなく、自分のペースで歌い続けたい」と再度のステージを約束し、熱狂のステージは閉幕。今後は11月9日にビルボード大阪公演、年末には2年ぶりのディナーショーが開催される。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 工藤静香、絢香書きおろしを含む新旧ヒット曲でファンを魅了!ソロデビュー25周年記念ライブ開催
今読んだ記事

工藤静香、絢香書きおろしを含む新旧ヒット曲でファンを魅了!…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事