工藤静香(くどうしずか)

「工藤静香」に関連するモデルプレス記事

  1. 工藤静香、長女・Cocomiの20歳バースデーに涙 マネージャーの心遣い明かす

    モデルプレス

  2. Cocomi、工藤静香に英語で“母の日”メッセージ 幼少期ショットも公開

    モデルプレス

  3. 工藤静香「子供を授かってから」“こどもの日”の習慣明かす

    モデルプレス

  4. 木村拓哉・工藤静香・Koki,、家族揃ってCocomi20歳誕生日を祝福「最愛の長女」

    モデルプレス

  5. 木村拓哉、妻・工藤静香バースデー祝福 赤いバラ贈り「理想の夫婦」と反響

    モデルプレス

  6. Cocomi&Koki,、“母”工藤静香のバースデー祝福 深夜に親子インスタライブも

    モデルプレス

  7. Cocomi、母・工藤静香との“遠近法”2ショット公開「仲良し親子」と反響

    モデルプレス

  8. 工藤静香、長女・Cocomiからの“手料理クレーム”の裏側明かす

    モデルプレス

  9. 工藤静香、豪華すぎる“桃の節句”手料理「食べるのもったいない」「美味しそう」と反響

    モデルプレス

  10. 工藤静香、タイトコーデで美スタイル披露「お尻上がってて憧れる」と羨望の声

    モデルプレス

  11. 木村拓哉&工藤静香、次女Koki,の誕生日祝福 揃ってインスタ投稿、16年前の秘話も

    モデルプレス

  12. 木村拓哉一家、手作り恵方巻を披露 豪華節分料理に「美味しそう」「素敵」と反響

    モデルプレス

  13. 工藤静香「ハウルの様なピアスが欲しくて」投稿写真に反響「旦那様への想いが素敵」

    モデルプレス

  14. 工藤静香、接触事故を告白し謝罪

    モデルプレス

  15. 工藤静香、koki,が「完全に私のレシピをマスター」 Cocomiは「隣でもモグモグ」 母娘エピソードに反響

    モデルプレス

  16. Koki,、母・工藤静香「ゆらぎの月」弾き語り「歌うますぎる」「才能がすごい」と絶賛の声続々

    モデルプレス

  17. 工藤静香、バッサリカットでイメチェン「似合う」「かっこいい」と絶賛の声

    モデルプレス

  18. 工藤静香、母親との2ショットに反響「姉妹かと」「キムタクのお義母様美しすぎ」

    モデルプレス

  19. Koki,、母・工藤静香との料理ショット公開 姉・Cocomi撮影で「本当に素敵な家族」の声

    モデルプレス

  20. 工藤静香、最新ライブポスター写真公開で「Cocomiちゃんに似てる」「変わらず美しい」の声

    モデルプレス

工藤静香のプロフィール

工藤静香(くどう・しずか)

生年月日:1970年4月14日
出身地:東京都

日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。80年代アイドル。本名、木村
静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉。

■人物
東京都立板橋高等学校 → 日本音楽高等学校・編入・中退。血液型はB型。愛称は「しーちゃん」、「しずちゃん」、「しーはん(しぃはんの表記揺れあり)」。「愛絵理」(あえり)名義で作詞をしている。身長は163cm。

オリコン12年連続TOP10入り、現時点でシングル11曲オリコン1位獲得、アルバム4枚1位獲得をしている(オリコン調べ)。

■略歴
<ミス・セブンティーン〜おニャン子クラブ時代>
青森県出身の板前の父と美容師の母の下、幼少期を青森および羽村市で過ごす。小学生の時には劇団「東俳」に所属。

1984年、中学2年生の時に応募総数歴代最大18万325人の第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」に出場し、特別賞を受賞。同コンテストの出場者には、後に同じグループとなる国生さゆり、渡辺満里奈のほか、渡辺美里、松本典子、網浜直子、麻倉あきら、清原亜希などがいた。

同年、同コンテスト出身の木村亜希(後の清原亜希)、柴田くに子(後の森丘祥子)と"セブンティーンクラブ"を結成し、翌1985年1月にCBSソニーからレコードデビュー。しかし、2枚のシングルを発表し解散。

高校へ進学後の1986年5月、事務所の勧めで出演したフジテレビ系『夕やけニャンニャン』のオーディションコーナー「ザ・スカウト アイドルを探せ!」で合格し、おニャン子クラブの会員番号38番となる。既に歌手活動をしていたことが知られたが、突出した玄人っぽさを見せることは無く、クイズ等で見せる「バカキャラ」(自ら「だってあたしバカなんだも〜ん」と発言したこともある)や「ヤンキーキャラ」(バイクが大好きと公言など)で注目されるようになる。おニャン子クラブは学業最優先が原則であったが、工藤はあまり真面目に学校へ通っていなかったことを後に告白している。1986年10月、渡辺満里奈のソロデビュー曲「深呼吸して」で生稲晃子とともに“withおニャン子クラブ”としてバックコーラスを担当し、徐々に頭角を現す。

1987年5月からは、生稲晃子・斉藤満喜子ともに派生ユニット"うしろ髪ひかれ隊"としての活動も開始。直後に発売されたおニャン子のシングル「かたつむりサンバ」ではフロントボーカルに抜擢されるなど、終焉に向かっていたおニャン子クラブの中で人気、知名度を上げていく。

セブンティーンクラブやおニャン子クラブ時代の活動やエピソードなどをテレビ番組のトーク等で話題にすることもある。コンサートで「会員番号の唄」の自身のパートを歌うこともあった。NHK『ふたりのビッグショー』(共演は工藤のモノマネを得意としていた森口博子)で「セーラー服を脱がさないで」の一節を振りつきで披露した事もある。おニャン子クラブ時代「くーにゃん」という愛称があったが、本人曰く「くーにゃんと呼んでほしくない」とニッポン放送のラジオ番組関根勤のTOKYOベストヒットで公言している。

別冊宝島の調査によると、1980年代のシングル総売上げは年間ベスト50位以内のものに限っても254.6万枚と当時の女性アイドル中4位であった。年間ベスト50位以内ランクイン曲数は10曲と当時の女性アイドル中3位。同じく1980年代、当時の女性アイドル中年間シングルオリコンチャート最高位の座は1回獲得している(1988年)。

<ソロデビュー以降>
1987年8月31日の『夕やけニャンニャン』最終回放映日に発売となったシングル「禁断のテレパシー」でソロデビュー[3]し、オリコン1位を記録。以後、1980年代後半から1990年代後半に渡りヒット曲を連発した。80年代後半に最も活躍した女性アイドル四人(工藤静香、中山美穂、南野陽子、浅香唯)は女性アイドル四天王と呼ばれていた。

また、10月から5クール(1年3ヶ月)連続でドラマ出演するなど女優としても活躍する他、画家として二科展に1回の特選、14回の入選実績がある。プロボクサー・ピューマ渡久地の熱烈なファンだった[要出典]。バラエティ番組でも『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』にセミレギュラー出演等活躍。特に1988年のTBS系列ドラマ『時間ですよ たびたび』で共演して以来、とんねるずとの共演が多い。石橋からは「姫」と呼ばれている。

1988年9・10月にTBS系『ザ・ベストテン』で「MUGO・ん…色っぽい」で初の1位を獲得、同年の年間ランキングでも6位に入った。おニャン子関連の曲もしくはおニャン子出身者の曲で、同番組で第1位を獲得したのは工藤静香ただ一人である(NHK紅白歌合戦出場も2009年の段階でも工藤だけである)。また、同年に発売されたミニアルバム『カレリア』では、「愛絵理」名義で作詞をする。以降も作詞の際はこの名前を使用。「愛絵理」は両親が命名の際に第1候補として考えていた名前である。

1989年、「恋一夜」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」と50万枚以上の大ヒットを連発し、その年のシングル年間ランキング上位10曲の中に3曲全てが入った。特に「黄砂に吹かれて」は、オリコン6週連続1位の記録を持っている。またこの曲で『ザ・ベストテン』最終回の1位を飾ったが歌詞を数ヶ所間違えるハプニングがあった。

1993年には、初の日本国外での公演(台灣台北、香港 シンガポール ) 亞洲のコンサート『RISE ME TOUR』を開催しました。香港駅2日公演のチケットが公開発売 5分で完売 。

1994年3月10日、長期オフを利用しYOSHIKIのハリウッドの豪邸に泊りに来ていた工藤は、YOSHIKIのスタッフも交えて一緒に日本食レストランでかなりの量のアルコールを摂取し、店から注意されるほど盛り上がった後、夜中午前1時過ぎ、同じく泥酔状態のYOSHIKIの運転するフェラーリに同乗した。2人がロサンゼルスのサンセット大通りを走行中、YOSHIKIは飲酒運転とスピード違反で現行犯逮捕され、この事件が日本に伝わったため2人は交際宣言をした。

1994年3月20日に発売されたシングル「Blue Rose」ではソロデビューから全ての楽曲(本人作曲を除く)を提供していた後藤次利と離れ、セルフプロデュースを展開。作詞はほとんど本人が担当し、都志見隆、松本俊明等の作曲家が参加。

1997年、石橋貴明とユニット「Little Kiss」を結成してシングル「A.S.A.P.」を発売。音楽番組で歌唱中に実際にキスするパフォーマンスがあった。

1998年、愛絵理名義で平家みちよに作詞提供。

2000年、2002年まで、YOSHIKIが主宰するレコード会社「エクスタシーレコード」に所属。

<結婚〜現在>
2000年12月5日、当時SMAPのメンバーだった木村拓哉と結婚(当時妊娠4ヶ月)。

2001年の5月に長女を出産。

2003年の2月に次女を出産。

2004年、ラスベガスにて自身がデザイン・プロデュースする宝飾ブランド「TREASURE IIII」を発表。日本でなく海外で発表したのは、「工藤静香」の名前のみが注目されデザインが適切に評価されないことを避けるためであった。

2005年、出産と育児に重きをおいて音楽活動からは遠ざかっていたが、2月16日におよそ3年ぶりのシングル「Lotus〜生まれし花〜」を発売。これを期に、古巣であるレコード会社「ポニーキャニオン」に復帰した。

2007年5月23日、「雨夜の月に」をリリース。「Lotus〜生まれし花〜」以来、久々に自身による作詞のシングル曲となった(フジテレビ系ドラマ『麗わしき鬼』主題歌にもなった)。8月31日には、ソロ・デビュー20周年を迎えた。それを記念してベストアルバム『Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best』、10枚組DVD『Shizuka Kudo THE LIVE DVD COMPLETE BOX』(1988年 - 1999年のライヴ映像の集成)を発売し、東京と大阪でライヴを開催。本人が気に入っているにしおかすみこのモノマネや、観客のリクエストに答えて「かたつむりサンバ」の一節を披露する場面がテレビで報じられた。東京ライヴの模様のダイジェストは、シングルのカップリング曲を集めた作品集『20th Anniversary B-side collection』(2008年3月5日)の初回限定生産盤の付属DVDに収録されている。

2010年9月2日に第95回「二科展」絵画部で自身が描いた絵画『瞳の奥』が特選受賞。絵画の師として故・原良次に長年師事、絵画の才能は1990年より10年連続「入選」獲得、育児期間をおいて2006年より2010年まで5年連続「入選」に選ばれているが「特選」受賞は初めて。「特選」に入ると二科会(実行団体)「会友」への推薦を受けられる。

ソロ・デビュー25周年にあたる2012年には、4月21日から5月27日まで、青森県立郷土館において絵画個展「あふれる感情 工藤静香展」が開催された。青森は、工藤の父が旧蟹田町(現外ヶ浜町)出身という所縁がある。同年10月、4年ぶりの新曲となる「キミがくれたもの」を発売。同曲は、シンガーソングライターの絢香が初めて他の歌手に提供した作品である。同時に、廃盤となっている3作品(『ミステリアス』『静香』『JOY』)を含むポニーキャニオン発売のオリジナルアルバム全15作品が、CD BOXセット『SHIZUKA KUDO ORIGINAL ALBUM COLLECTION』として発売された。また、同年11月には東京と大阪で25周年記念ライヴを開催し、翌年1月に東京公演がWOWOWで放送された。

2013年、アクセサリーやオーガニック食品などを扱うネット通信販売「Mes petites choses」をオープン。

2016年、第101回二科展にて「心模様A」(F80号)、「心模様B」(F80号)の2作品が入選。今回で20回目の入選を果たし、芸能人では初めて会友推挙に選出される。。

2017年、ソロ・デビュー30周年を迎えた。それらを記念して、秋よりおよそ数年振りとなる全国ツアーの開催とデビュー日にあたる8月31日には2005年にリリースされた『月影』以来、約12年半振りとなるオリジナル・アルバム『凛』を発売する事も決定した。

<中島みゆきとの関わり>
1988年にリリースしたシングル、「FU-JI-TSU」を皮切りに中島みゆきより多くの詞の提供を受け、それらからヒット作が多く生まれている。なお、中島はこれまでに40人を超える歌手に104曲もの曲や詞を提供しているが、工藤への提供曲・詞は2割強にあたる23本(最新作は2015年2月発売のアルバム『My Treasure Best -中島みゆき×後藤次利コレクション-』所収の「単・純・愛vs本当の嘘」)を占めており、この中では最多である(これに次ぐのは研ナオコへの15本と、柏原芳恵への4本)。

ソロデビューした当時、中島みゆきを担当していた渡辺有三ディレクター(ポニーキャニオン所属。当時中島もキャニオン所属であった)が工藤を兼任することになったことと、デビュー前に工藤が渡辺より「中島みゆきと松任谷由実と竹内まりやなら誰が一番好き?」と聞かれ、中島みゆきと答えたことから縁ができたとされる(それ以前より中島の曲に影響されたともいわれている)。工藤自身「中島みゆきさんほど憧れる人はいない」と語っている。工藤が中島と初対面したのは20歳頃で、音楽雑誌に掲載された対談であった。工藤は、そのときの印象を「すっごく華奢な人だなって」「なんか地面から浮いているイメージ」と語っている。

中島も工藤との友情を大切にしており、工藤にあてた音声インタビューの中で「これからもずっと、私は、あなたの瞳に憧れます」「あなたと巡り会えたことが、私にとっての宝物です」と語った。これを聞いた工藤は、感激のあまり嬉し涙を見せた。

デビューから工藤のバックバンドを務めていたミュージシャンは、ほとんどが中島みゆきのバックバンドを務めており、そして当時工藤の曲のほとんどを作っていた後藤次利も、中島とはかつてバックバンドだけでなく、編曲やプロデューサーとして組んでいたミュージシャン仲間の一人でもあった。

1996年11月7日に発売されたシングル「激情」より、それまで詞のみの提供だった中島が詞だけではなく、曲も提供するようになり、編曲も瀬尾一三が担当している。

2008年には、ソロデビュー20周年記念の締めくくりとして、8月に中島の曲のみをカヴァーしたアルバム『MY PRECIOUS -Shizuka sings songs of Miyuki-』と、11月に新曲シングル『NIGHT WING/雪傘』を発表した。

2015年2月に、後藤次利・中島と実に22年ぶりの楽曲制作をすることになり、中島作詞・後藤作曲の曲を収めたアルバム『My Treasure Best -中島みゆき×後藤次利コレクション-』を発表した。

■出演
<NHK紅白歌合戦>
1988年・第39回 MUGO・ん…色っぽい 男闘呼組
1989年・第40回 恋一夜 少年隊
1990年・第41回 くちびるから媚薬 チェッカーズ
1991年・第42回 メタモルフォーゼ SMAP
1992年・第43回 めちゃくちゃに泣いてしまいたい チェッカーズ
1993年・第44回 慟哭 藤井フミヤ
1994年・第45回 Blue Rose X JAPAN
1998年・第49回 きらら 前川清

<映画>
ビッグマグナム黒岩先生(1985年)
未来の想い出 Last Christmas(1992年、東宝) - 金江銀子 役(清水美砂とW主演)
極道の妻たち 危険な賭け(1996年、東映) - 女性組長(演:岩下志麻)の娘・洲崎香織 役
主題歌「優」 工藤静香
爆走! ムーンエンジェル 〜北へ〜(1996年、東映) - 女性トラックドライバー・葛西ルナ 役(主演)
主題歌「ルナ -月の女神-」 工藤静香

<テレビドラマ>
中卒・東大一直線 もう高校はいらない!(1984年2月3日 - 3月30日、TBS) - 生徒 役
女ざかり(1984年4月9日 - 7月30日、日本テレビ、月曜スター劇場)
歪んだ再会(1984年11月13日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場) - 女子中学生 役
おヒマなら来てよネ!(1987年10月22日 - 12月24日、フジテレビ) - 鈴木八重子 役
君の瞳をタイホする!(1988年1月4日 - 3月21日、フジテレビ) - 筒井静香 役
あぶない少年II(1988年1月6日 - 9月28日、テレビ東京) - 工藤静香 役(初期のみ出演)
熱っぽいの!(1988年4月14日 - 7月7日、フジテレビ) - 森雪子 役
悲しみがとまらない(1988年7月1日、フジテレビ、金曜おもしろバラエティ)
時間ですよたびたび(1988年7月11日 - 10月3日、TBS) - 宝田さつき 役
時間ですよ 新春スペシャル(1989年1月2日)
君が嘘をついた(1988年10月24日 - 12月19日、フジテレビ) - 丹羽加奈子 役
ミスマッチ(1988年12月20日、テレビ朝日、火曜スーパーワイド) - 主演
叫んでも、聞こえない(1989年、日本テレビ「24時間テレビ〜愛は地球を救う〜」内のドラマ) - 聴覚障害者 役
世界で一番君が好き!(1990年1月8日 - 3月19日、フジテレビ) - 杉本ちひろ 役
世にも奇妙な物語 冬の特別編「午前3時のノック」(1991年12月26日、フジテレビ) - 戸川美也子 役
なんだらまんだら(1991年10月16日 - 12月18日、フジテレビ) - 東山しのぶ 役
あの日に帰りたい(1993年1月11日 - 3月22日、フジテレビ) - 青木一夜子 役
五つの顔の変装刑事! 右京警部補事件ファイルE(1996年、TBS、月曜ドラマスペシャル) - 水原真木子 役
ゆずれない夜(1996年10月15日 - 12月17日、フジテレビ) - 矢萩多衣 役
デッサン(1997年7月2日 - 9月17日、日本テレビ、水曜ドラマ) - 青山晶子 役
兄弟(1999年3月10日、テレビ朝日、開局40周年記念スペシャル)
サイコメトラーEIJI2(1999年10月16日 - 12月18日、日本テレビ) - 志摩亮子(刑事) 役
サイコメトラーEIJI2スペシャル(2000年9月24日)

<バラエティ>
夕やけニャンニャン(1986年5月 - 1987年8月、フジテレビ)
桃色学園都市宣言!!(1987年10月 - 1988年3月、フジテレビ)
ドリフ大爆笑(1988年、ゲスト、フジテレビ)
FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル(フジテレビ)
第4回オールスター激突クイズ 当たってくだけろ!(1991年1月3日、TBS)
とんねるずの生でダラダラいかせて!!(日本テレビ、不定期出演)
とんねるずのみなさんのおかげです(フジテレビ、ゲスト)
速報!歌の大辞テン(日本テレビ、不定期出演)
スーパークイズスペシャル(日本テレビ)
THE夜もヒッパレ(1999年4月 - 6月、日本テレビ、MC)
music-enta(2000年10月 - 2001年3月、テレビ朝日)※産休のため降板
明石家さんちゃんねる(2006年11月 - 2008年9月、TBS)

<ラジオ>
工藤静香 Yes, It's You(1988年10月 - 1992年3月、ニッポン放送)
工藤静香 素敵にFeel So Good(1992年4月 - 1994年3月、ニッポン放送)
工藤静香のミルクがお好き!(2005年2月24日、ニッポン放送、NRN系全国ネットで放送。明石家さんまとの共演)

<CM>
カネボウ フィットネットアイ(1988年)
ロッテ VIPチョコレート(1989年頃)
太陽誘電カセットテープ That's OW(1990年)
日清食品 スパ王(1995年 - 1996年)
ダイハツ・タント(2003年 - )
サッポロビール スリムス(2005年、観月ありさとの共演)
ヴィーナススクエア (2008年)
味の素 パルスイート (2009年)

<アニメーション>
それいけ!アンパンマン ルビーの願い(ルビー 役)
挿入歌「とべ!とべ!ルビー 〜ルビーバージョン〜」 工藤静香
映画 ふたりはプリキュア Max Heart (希望の園の女王 役)
ヘラクレス(メガラ 役)
挿入歌「恋してるなんて言えない」 工藤静香
ぽこよ POCOYO(ナレーション)

<吹き替え>
ミケランジェロ・プロジェクト(クレール・シモーヌ 役〈ケイト・ブランシェット〉)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

工藤静香を「ウィキペディア」で参照する