℃-ute、圧巻のパフォーマンスに女子熱狂!ちょっぴり大人な浴衣姿もお披露目

参照回数:433,250

ハロー!プロジェクト所属の5人組ガールズユニット℃-ute(キュート)が10日、東京・渋谷ヒカリエホールにて開催された「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」に出演した。
「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」グランプリの松浦雅さん、MCをつとめた矢口真里、特別審査員をつとめたくみっきー、℃-uteメンバー
℃-uteは、この日、ゴールドのスパンコールが眩しいサイケ柄のミニワンピで登場。第一次審査を見届けたメンバーたちは「私たちがオーディションを受けた時のことを思い出したよね」としみじみ。

夢を叶えるためにしていたことは?との質問には、リーダーの矢島舞美が「歌もダンスもやったことがなかったから先輩の出演している歌番組をチェックしたりレッスン以外にもDVDを見てボイストレーニングをしてました」と語り、岡井千聖も「自分を好きになることですね。それは難しいことかもしれないけど、まずは自分と向きあって努力することが大切なんじゃないかな」とアドバイスした。

矢島舞美
ライブでは、抽選で招待された女性ファンたちが見守る中、「世界一HAPPYな女の子」「Danceでバコーン!」など計4曲を元気いっぱいに歌い上げ、ファイナリストたちへエールを送った。

イベントの途中、ファッションショーも行われ、メンバーたちは人気ブランド「Nomine(ノミネ)」の衣装を着用。それぞれの個性に合わせたコーディネートで登場する中、萩原舞は夏らしいデニムのツーピースで引き締まったくびれを大胆披露。観客の視線を釘付けにした。

大胆なデザインのツーピースでくびれを披露した萩原舞
イベントでは、「鈴乃屋」による浴衣ファッションショーも行われた。トップバッターをつとめた鈴木愛理は、淡いピンクの小物を効かせた落ち着きのあるグレーの浴衣を着用。アップヘアでうなじをのぞかせ、いつもとはひと味違うしっとりとした大人の色気で観客を魅了していた。

しっとりとした大人っぽい浴衣姿を披露した鈴木愛理
同コンテストは、1988年から現在まで毎年連続して開催され、これまで小池徹平や溝端淳平らイケメン俳優を続々輩出してきた「ジュノン スーパーボーイコンテスト」の女性版。全国各地から寄せられた応募総数は7533人の中からこの日、兵庫県出身の16歳・松浦雅(まつうらみやび)さんがグランプリを獲得した。(モデルプレス)

■セットリスト
1.世界一HAPPYな女の子
2.君は自転車 私は電車で帰宅
3.Kiss me 愛してる
4.Danceでバコーン!

■℃-uteプロフィール
℃-uteは、ハロー!プロジェクトキッズから先行でデビューしたBerryz工房以外の7人で05年に結成され、メンバーの脱退や卒業を経て09年秋から矢島舞美、中島早貴、鈴木愛理、岡井千聖、萩原舞の5人で活動している。

インディーズ時代を経て07年に「桜チラリ」でメジャーCDデビュー。同年には第49回日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦への出場も果たすなどキュートなルックスはもちろん、高度なパフォーマンスが高く評価されている。

なお、6月20日にはBerryz工房との合体曲「超 HAPPY SONG」がリリースされる。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ℃-ute、圧巻のパフォーマンスに女子熱狂!ちょっぴり大人な浴衣姿もお披露目
今読んだ記事

℃-ute、圧巻のパフォーマンスに女子熱狂!ちょっぴり大人な浴衣…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事