梅村妃奈子(ひなんちゅ) うめむらひなこ

「梅村妃奈子(ひなんちゅ)」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「梅村妃奈子(ひなんちゅ)」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「梅村妃奈子(ひなんちゅ)」に関連するモデルプレス記事

梅村妃奈子(ひなんちゅ)のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

梅村妃奈子(ひなんちゅ)のプロフィール

梅村妃奈子(うめむらひなこ)
1991年3月13日
東京都生まれ
血液型はA型
身長163cm
愛称はひなんちゅ
青文字系読モ

「Silent Siren」のリーダー。ドラムス担当。

中央大学文学部人文社会学科社会情報学専攻卒業。
2011年にはミス中央大学コンテストにエントリーし、ファイナリストまで残った。 兵庫県に引っ越した後、インドネシアに移り住み、同国で中学時代を過ごした。そのため、インドネシア語を喋ることが出来る。引越しは人生で二十数回経験している。

3人兄妹の長女(弟と妹がいる)。 スカウトがきっかけで芸能界に興味を持つようになり、高校3年生の終わり頃から専属モデルとして活動を始める。
雑誌「CUTiE」で2013年4月号まで専属読者モデルを務める。 ROCKETMAN(ふかわりょう)プロデュースの音楽グループ『COSMETICS』の第2期生としても活動していた。 5歳から15歳まで10年間、毎週習い事としてバイオリンのレッスンを受けていた。ずっとやめたかったが、親の意向をくんで中学3年生までは続けると決意していた。 中学生の頃からバンドを組みたいと思うようになっていたが、インドネシアではすぐにバンドを組める状況ではなかったため、とりあえず何か楽器を始めることにした。バイオリンのこともあり弦楽器ではないドラムを選び、中学2年生のときに独学で練習し始めた。日本に帰国後、軽音楽部のある学校を受験し、高校1年生でガールズバンドを組み、GO!GO!7188とグリーン・デイのコピーをしていたが、軽音楽部が活動停止になってしまった。新しいバンドを組み、JUDY AND MARYなどのコピーをしていたが、2年生の秋頃には自然消滅した。その後、大学に入学し吉田(すぅ)に出会って再びバンドをすることになるまで、1年ほどドラムに触れていなかった。

音楽的ルーツはB'z、サザンオールスターズ、椎名林檎。好きな邦楽バンドは、小学4年生のときに初めてライブに連れて行ってもらったB'z、インドネシアで過ごした中学時代に邦楽では唯一聴いていたBUMP OF CHICKEN、高校時代に友人の影響で聴くようになったKen Yokoyama、locofrank、Hi-STANDARD、Hawaiian6、PINKLOOP、10-FEETなど。特にBUMP OF CHICKENは、一番影響を受けたアーティストとして名前を挙げている。またインドネシアで育った影響で、アヴリル・ラヴィーン、リンキン・パーク、ミューズ、カサビアン、マルーン5、グリーン・デイ、オアシス、父親が聴いていたサンタナなどのベーシックな洋楽をずっと聴いていた。J-POPよりはロックとが好みと語っている。 2013年1月19日に放送された「関ジャニの仕分け∞」中で「太鼓の達人」に参戦。新人としての参加ながら5曲連続フルコンボを達成した。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
梅村妃奈子(ひなんちゅ)を「ウィキペディア」で参照する